コロナで急に始まった春休み。45歳主婦が小学生姉妹に勉強を教えてみたけど...⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:カーネーション
性別:女
年齢:45
プロフィール:2人の娘を育てる主婦。この春は大変な出来事が続いていますが、家族で団結して乗り越えたいです。

5.jpg

45歳の専業主婦です。

同い年の夫と子供2人の4人で暮らしています。

三学期が終わるのも間近だった2020年3月。

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念され、わが子が通う小学校も休校になってしまいました。

小学校5年生と2年生だった娘は、急に始まった春休みに戸惑いを隠せない様子。

加えてテレビでは、マスクやトイレットペーパーを求め長い列ができているお店や、棚が空っぽになった状態の映像が流れ「怖い」と感じているようでした。

正直、私も初めてのことで、この先のことも不透明だし、どう子供たちと接していいかわかりません。

ですが3月は主人の会社は決算でとても忙しいのです。

ワンオペ育児を覚悟しました。

日々の家事に加え、子ども達に規則正しい生活の中で勉強もさせ、なおかつ退屈させないようにどう過ごすか、考えるだけで目が回りそうでした。

そんな時に主人から救いの言葉が!

「明日から時差通勤をすることにした。朝は早いけど、18時には帰ってくるようにする」

朝が早い分には問題なし! 

6時半に出勤する主人にお弁当を持たせなくてはならないのですが、そこで子供と私の分のお昼御飯用のお弁当も作ってしまえば、時間を有効に使えます。

よく3食作るのが大変というお母さんの声を聞きますが、冷凍食品や、残り物をうまく使ってお弁当を作ってしまえば、さほど負担にならないですよ。

それよりも、私が負担に感じたのは勉強面。

急遽決まった休校なので、夏休みのような宿題はありません。

本来なら学校で5時間は勉強しているのですから、家でも午前、午後と1時間くらいはやって欲しいところ。

学校からは、これからやるはずだったテストを宿題として渡されました。

授業を受けていないので、いきなりテストはできないので、自宅でコツコツと教科書を開きながら親子で取り込みました。

実際私もやってみて思ったのですが...学校の先生ってすごいですね。

私は...教え方が全然わからない!

うまく伝わらず、親子の間がギスギス。

互いにストレスを感じて、約1カ月こんな生活無理! と早くも匙を投げたくなりました。

そんなぐったりしている私の様子を見て、主人が「勉強は、俺がみる!」と名乗り出てくれました。

見通しが立ったほうがわかりやすいからと、月曜日から金曜日までの5日分のカレンダーを作り、午前、午後の分の「勉強やることリスト」をテキパキと記入。

そして主人は帰宅後、子供たちの課題をチェック。

理解していないところは根気よく、子供たちに教えてくれました。

普段は、子供たちが寝る頃に帰宅する主人。

時短勤務でないとこれはできません。

仕事も忙しい時に、育児にかかわってくれる主人のおかげで、イライラすることなく子どもたちと過ごせています。

私の体験記が皆さんの目に触れる頃には、新型コロナウイルスが落ち着いていることを祈るばかりです。

関連の体験記:「俺にはばい菌の断末魔が見えるんだよ」元々キレイ好きだった夫が「コロナ対策」にのめり込んだ結果...?
関連の体験記:共働きの息子夫婦に頼まれ、2歳から預かった孫娘。彼女が「小学校で書いた作文」で嫁との関係が...
関連の体験記:幼い2人の娘を母に預け、離婚交渉していた私。ある日父から「母が過労で倒れた」と連絡があり...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP