恥ずかしながら涙ぐんだ60歳の私。2浪した上に大学院に進んだ一人息子が27歳で社会に出た意外な経緯

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:かえる
性別:男
年齢:60
プロフィール:一人息子が無事大学院を卒業。就職し、肩の荷が下りた気がしているサラリーマン。

pixta_41667228_S.jpg

息子は27歳で、ようやく社会人としてデビューしました。

と言うのも、息子は希望大学になかなか受からず、高校卒業後に2年浪人し、その後ようやく入った大学で院まで進み勉強していたのです。

我が子ながら勉強熱心なのは良かったのですが、どうやら大学院の研究室にこもりきりだった様子。

あまり社交的には過ごしておらず、その為かなかなか就職が決まらないようでした。

今思えば、息子は昔から大勢で外で遊ぶより、家の中でゲームを楽しむような子ではありました。

もちろん友達がいない訳ではなかったのですが、いかんせん浪人して大学院にも行ったものですから、同い歳の友人達はとうに就職して、なかには結婚や子供もいる友人も。

大学院で出来た友人達も徐々に就職が決まって行き、少し焦っているようでした。

息子に電話をしてそれとなく様子を聞いた際に「わかってる! 頑張ってるよ!」と荒々しく切られた時は、普段はおっとりしていて温和な子であるので驚きました。

就職先が決まらないことに気持ち的にも追い込まれていたのでしょう。

私自身は大学には行っておらず、今の時代の就職活動のことも良く分かりません。

息子に対してどう声をかけてやればいいのかわからず、何の力にもなれないことに憤りを感じていました。

しかしそんなある日。

息子の友人が気晴らしにと占いの店に連れて行ってくれたそうなのです。

25.jpg

『自分のまわりにもっと目をやり、大切にすれば、明るい未来が見える』と言われた息子は、そこから徐々に変わっていきました。

「院に行かせてくれてありがとう」と私達夫婦にバイト代で買ったプレゼントをくれたり、大学でもいろいろな人に積極的に感謝を伝えるようになっていったようなのです。

心なしか、そのあたりから息子に笑顔も増えたような気がしました。

その後、お礼を伝えた大学の教授の一人が、息子にちょうどいい研究職の伝手があると、都内の会社を紹介してくださりました。

面接試験も無事に通過し、今はそこで元気に働かせて貰っています。

息子はこの春、初任給で「いつもありがとう」と私達夫婦に揃いのお茶碗をプレゼントしてくれました。

「まだ、そんな大したものは買えなかったけど......」とはにかんでいましたが、何よりもその気持ちが嬉しく、恥ずかしながら涙ぐんでしまいました。

今まで占いはあまり信じていませんでしたが、今は夫婦ともども息子に良いアドバイスをしてくれたその占い師の方に感謝しています。

■おすすめ体験記
「実はね、食べられないの」お正月恒例の食事会。私の耳元でささやいた、持病が進んだ母
義母が記念日のたびにくれるプレゼント。ありがたいけど、いつも絶妙に「不要」なもので...
私たちにも責任が? 義父が亡くなり1人暮らしの70代義母。家にどんどんモノが増えていき...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

良い話をシェアしてくれてありがとうございます
こういう話は読んでて気持ちがいいなぁ。
親だから心配したり、世話をやきたい、無駄な苦労はさせたくない…と思うのは当然です…が…子どもは自分の分身ではないので、辛い思いも、悲しい出来事も、すべて人生の肥やしです(^^) 見守るしかありません☺ 子どもさんがお一人だから、気になって仕方ないのだと思いますが、五人も六人もいるご家庭は如何でしょうか? 息子さんを信じましょう‼ 感謝の気持ちを持つ事は、全てを好転させてくれますヨ
話の内容はとても微笑ましいと思ったけど自分も一浪して理科大に入った身だから、あたかも浪人したら大学院行くことが毛嫌いされるようなこの記事タイトルが鼻に付くわ…個人的な感情だけど。
遅ればせながら おめでとうございます。 とても良いお話でした。
息子さん良かったですねー
変わりたいという息子さんのお気持ちがあったからこそ、占い師の方のアドバイスも生きたのでしょうね^_^素敵なお話をありがとうございました。
息子さん、良かったですね。 親はいくつになっても親。子供はいくつになっても子供。私も60近くなり本当の親の気持ちがわかる歳になりました。どんな親も子供の幸せを願わない人はいません。少しでも苦労させたくないというのが本音でしょう。息子さんの人生はまだまだこれからです。色んな経験をして更に成長していくことでしょう。親は見守ることしか出来ないけれど、陰で応援してましょうね。
たった一人の子の成長に感動したんだ。 まだまだ 親として器が小さいですね。 70になっても80になっても 世の中の為 他人の為に毎日0円で 働いてください。そんな後ろ姿を我が子に黙って見せてください。ちなみに 私はやってます。いいものですよ。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP