コロナショックでの株価を見て...50代の私が思い出す「懐かしのバブル時代」/キッチン夫婦(夫)

こんにちは、ブログ「キッチン夫婦」の夫のKです。
前回の記事:保存いつもは豪快な父が涙ぐんで詫びている...「ケンカした兄」が不在の「弟の結婚式」/キッチン夫婦(妻)

pixta_58391892_S.jpg

今年に入って新型コロナウィルスなどの影響で日本の株価は大幅に続落。

そのニュースをやや不安な気持ちで聞きながら、最近私がよく思い出すようになったのは大学卒業後に証券会社に入社し、その後バブル崩壊の前兆として株価が続落していた時期のことだ。

私が証券会社に入社したのは1987年。

その2年後の1989年12月29日、日経平均が日本の株価史上最高値の38,915円87銭(終値)を記録した。

それは今の株価の2倍ほど。
入社した時は「株価はずっと上がるもの」と思っていたし、会社からもそう聞いたし・・・。

バブルだったよな・・・。

あの時はなんだったんだろう・・・。

そんな風に思いながら当時の事を振り返っていた。
超好景気のバブル時代は1980年後半から1990年初頭の時期で、もう30年位前の事。
企業はCMなどを使いこぞって宣伝し、テレビ局も高収益、土地も値上がり、銀行は次から次へと融資をすすめるような時代だった。
トレンディドラマが大流行していたのがこの頃。

浅野ゆう子・浅野温子主演の1988年放送の「抱きしめたい」では浅野温子が家賃25万円、屋上にジャグジー付きに住んでいたのが印象に残っている。
そう言えば会社に入社したばかりの頃、1年先輩の社会人2年生がワンルームマンションを買っていたので、「寮に住んでいるのになぜ買うのですか?」と尋ねたら「投資だよ投資、銀行も融資してくれるし必ず儲かるよ」と言っていた。

入りたての社会人が・・・・今では考えられない。
私は地方の私立大学文学部出身。

普通は教員などに就職するのが多いのだが、当時は株価の上昇で「銀行よさようなら、証券よこんにちは」と言われていたほどだった。

この業界で頑張れば、自分の将来はきっとバラ色だと真剣に思い、その業界の華やかさに憧れ、実力主義の風潮に魅力を感じ、畑違いだとはわかっていても証券会社だけに絞り就職活動を行い、入社に至った。
私が入社した証券会社は当時、高視聴率ニュース番組のスポンサー。

それだけで私は自分の会社が大手企業だと感じたのを憶えている。

現在人手不足と言われるが、バブル期も人手不足だった。

企業は高利益の為に多角経営を行い人材を次から次へと投与していく。

学生の人材確保に力を入れて、就職訪問するだけで高い交通費をもらえ、他社に引き抜かれない為に海外旅行などに連れて行かれたりもした時代。

私は就職活動で東京の高層ビルのレストランで何度もご馳走になり、それだけでもう田舎者の私は有頂天になっていた。

また内定式には、当時なかなかチケットが手に入りにくかったサーカスに同期の男子学生180人位が招待された。
入社式では、副社長が挨拶で「皆さん本日はおめでとう、そんな日に我が社の株価は史上最高値を更新しました。まだまだ上がりますよ」と言っていたことが忘れられない。

私も周りの同僚達もきっと高揚した気持ちで意気揚々として聴いていたことだろう。

それが今では遠い夢の中の世界のことのようにさえ感じる。
だって、まさかその10年後にそんな証券会社が倒産して株券が紙くずになるとは・・・。

当時の私は考えもしなかった。

いや私どころかどれくらいの人が予想できていたのだろうか。

株はずっと上がるものだと思っていた。

証券会社が潰れるとは想像もできなかったはずだ。

バブル崩壊という悪夢が待っていようとは露知らず、証券マンとしてまさに死に物狂いで働いていた日々があった。

働いて働いて成績と結果を出すことこそが自分の為だと思っていたが、バブル崩壊は私自身の価値観を変えていくきっかけとなった。

------------------------------------

バブルの頃には高級なものをたくさん食べる機会があったが、手頃なお肉を使ったうちで作るローストポークも絶品だ。

炊飯器で作る柔らかローストポーク

体験記 ローストポーク.jpg

材料(3人前)
豚肩ロース...300g
ローズマリー...4枝
タイム...3枝
にんにく...2片
白ワイン...大さじ3
ハチミツ...大さじ3
黒粒こしょう...6粒
オリーブオイル...大さじ1


作り方
①肉にフォークで10ヶ所位穴をあける
②ローズマリー、タイムの葉はちぎる。にんにくはみじん切りにする
③肉を保存用ジッパーに入れ、②と③と白ワイン、ハチミツ、黒こしょうも加えひと晩漬け込む
④肉を取り出し、フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、全体に焼き目がつくように焼く
⑤炊飯器を保温状態にしておく
⑥肉を入れて1時間位保温する
⑦スイッチを切って20分おき、余熱を利用
⑧お好みの大きさに切り、蒸し野菜等と盛り付けいただきます

大きめにカットしてボリュームサンドにしても美味しい。

体験記肉ボリュームサンド.jpg

夫婦のエピソード&レシピが満載!キッチン夫婦さんの記事リストはこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

キッチン夫婦

50代夫と40代妻、大学生の息子の3人家族。ステップファミリー(子連れ再婚家族)になって6年目。4年前から"おいしいで今日も仲良し"をテーマにブログ「キッチン夫婦」を夫婦で運営。主に日々作った料理と家族の日常をのせています。また、地元東北のおいしい食材を伝えたい思いも強く、ブログを続けている動機の一つです。夫婦それぞれが家族を思って作る料理、一緒に食事をすることで生まれる話題や会話を大切にしています。そのことが私達家族の気持ちにつながりができることを実感してきたからです。いつか本当の家族の『絆』ができることを願いながら。いつか将来息子がこの家族を振り返る時期がきた時に笑顔が思い浮かぶように。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメント一覧

はじめまして かおみみです。 通りすがりにお邪魔しています。 私は1986年就職です。 当時、高校の同級生たちは皆、短大に進学、4大に進学する子は珍しい時代に私は3Kと揶揄されていた看護の道に進みました。 入ってから短大に進学した同級生たちがどんどん綺麗になっていくのが羨ましかったなー この春、末の娘が看護師を目指して進学しました。 学費を稼ぐため、我が家のお父ちゃんもお母ちゃんもあと少し頑張ります。 今夜はローストポークにしょーっと! ご馳走さまです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP