「息子夫婦にお金を吸い上げられた!」自分の記憶を「書き換え」て暴走する義母にウンザリ

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:きたいしない
性別:女
年齢:45
プロフィール:結婚して十数年。義母と同居しています。

pixta_28518691_S.jpg

主人と結婚して15年。

義父は主人が成人前に他界していたので、結婚3年目から義母と同居しています。

十数年前に同居し始めたときは、祖父母の代に建てた家に入りました。

しかし、雨漏りがひどく、あちこちが老朽化してきたため、約4年前に家の建て替えを決意しました。

同居している義母は「もちろんお金を負担するわ」と申し出てくれ、確かに頭金の一部を負担してくれました。

しかし! 私たち夫婦が甘かった!

いくら家族といえども、言った内容や金銭関係のことはしっかり記録しておくべきだったのです。

何故そんな後悔をしているのかというと、なんと、頭金として負担してくれた金額が、義母の中で記憶の中ではいつの間にか5倍に膨れ上がっていたのです!

頭金を援助してくれた当時、義母は他にも自身のために大きな出費があり、いろいろとやりくりしていました。

ただ金額ややりくりした方法までは私たち夫婦も聞いていません。

しかし義母の「現在の」記憶では、『義母のために必要だったお金』を私たち夫婦が使って、しかも、そのお金は『私たち夫婦に吸い上げられた』となっているのです。

家の建て替えのために義母に負担してもらった金額は、頭金の一部のみです。

しかし、この家は、義母も一緒に住む家だと思って建て替えました。

もちろん家賃なんてもらうこともなく、新築してから3年間、新しい家で過ごしてきました。

それなのに、ある日いただいたお金の5倍もの金額を吸い上げられたと言い始め、たちが悪いことに義姉たちにまで言いふらしていることがわかったのです。

『吸い上げられた』なんていう言い方もですが、なぜ金額が5倍に膨れ上がってるいるのかも理解できません。

義姉たちは義母の吹聴のせいで「あの家には近づくな」「お金を吸い上げられる」と思っていて、私たちが旅行したり遊びに行ったりしていたことも、義母のお金をつかって遊んでるのだと思っていたのでした......。

義母が嘘を言いふらしていたことが発覚してから、義姉たちはそのような気持ちだったことを正直に話してくれました。

義母の記憶変換のせいで、私たち家族は悪者になっていたのです。

それを知った夫は怒り、義母から聞き取りをしながら、通帳と照らしあわせました。

すると、やはり私たちは頭金の一部のみ負担してもらったことが無事確認できました......。

ただただ義母の身勝手な記憶変換のために、私達夫婦が悪者にされていた事実、苛立ちしかありません。

こんな間違い、本当にいいかげんにしてほしい!

■おすすめ体験記
これって私たちのお金では? 経済的援助をしている義母からの出産祝いを素直に喜べない
「この家に車を置かせてくれ。そして...」車を買った義父からの「驚きの提案」
「なんで最期に来てくれなかったんや!」と泣く父。母の死後、薄情だった母の実家とどうつきあう?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

お義母様、認知症の初期症状だと思われます。自分の他界した実母は、私が母の指輪を盗んだと弟に訴え 当時自分は傷つきました。そして昨年他界した叔母は、自分ともう一人の姪に、他界した叔父が叔母に隠れて大金の入った預金通帳を作り渡していたと、深刻な表情で私に話し大金をあちらの姪に持っていかれたと。もちろんどちらも老齢者の妄想で事実ではありませんでした。二人ともその後 会話が怪しくなり認知症が始まっていたことが判りました。身内の変化を認めるのは悲しいですが、認知症を疑ってお気遣いしてさしあげるのが良いかと感じます。
結婚する前から、色々意地悪されて、その後も色々嘘をつかれ、その結果自分の兄弟に愛想をつかれて、正直哀れです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP