「51歳、ついに閉経かあ」と思ったら様子がおかしい⁉ ついネット検索して「負のループ」に.../中島めめ

超インドア派のアラフィフ主婦・中島めめさんが、ほぼ同い年の夫&ふたりの娘(2020年現在、中学生&小学生)との日常を描く人気連載。いよいよ今年51歳になるめめさんを襲った「負のスパイラル」とは...?

毎日58仕上げ最終.jpg
こんにちは、中島めめです。

今回は、産婦人科に行った時のお話です。

51歳、ついに閉経?

長年お付き合いしてきた月経ですが、40代の後半あたりから周期が不規則になり、最近では半年くらい来なかったりして「あ、ついに閉経したのかな?」なんて思っていました。

だいたい50歳前後で閉経すると聞いていたので年齢的にもおかしくないし、せいせいするような、少し寂しいような不思議な気持ちでした。

閉経すると女性ホルモンの分泌がなくなって、それが更年期の体調不良の原因になるそうなので、その事は気になっていました。

私はもともとかなりの汗かきなのですが、それに更年期のホットフラッシュが重なったらいったいどうなってしまうんだろう、というのが一番心配でした。

涼しい電車の中などで一人汗だくになっている姿を想像してはいやだなぁと思っていたのですが...。

再びやってきた

そんな風にすっかり閉経したつもりでいたら、半年以上ぶりに月経が来たのでした。

あれ、まだ終わってなかったのか...と少し驚いたものの、まあこうやって間遠になっていくんだろう、次に来る事があるとしたらまた半年後くらいかな、なんて思っていました。

一週間後にまた?

ところがその月経が終わったあと、一週間も経たないうちにまた出血があったのです。

ほんの少量というのではなく、また普通の月経が来たのかと思うくらいの量だったので、不安になってきてしまいました。

こんな事は今までなかったので、私の悪い癖なのですが、ネットで「不正出血 原因」などと検索しまくってしまいました。

すると、筋腫やガンの前兆とか、検索すればするほど不安になる悪循環にはまってしまいました。

検索したくなったら

何かを検索して調べたいと思った時に、それが料理のレシピや知らない言葉の意味を知るためなど、「単なる調べもの」だった場合ネット検索は便利ですが、「不安な気持ちを和らげるため」にネット検索をしても、不安が増すばかりでいい事はひとつもありません。

それを分かっているのにやってしまって、反省しました。

そしてさっそく以前からお世話になっていた産婦人科に診察を受けに行く事にしました。

久しぶりの産婦人科

私は健康診断で子宮頸がん検査の内診を受けるのも怖くて体に力が入ってしまって大変なのですが、今回の内診も怖くてビクビクしてしまいました。

でもきちんと診察してもらったおかげで、いろいろな事が分かりました。

まず、私の子宮と卵巣の大きさなどの状態から、まだしばらくは不規則な月経があるでしょうという事と、子宮頚管にポリープができていて、今回の出血はそこから来ているという事が分かったのです。

ポリープの場所によってはその場で取ってしまう事もできるようですが私の場合それが難しい位置にあるそうで、後日予約をとって「子宮頚管ポリープ切除術」というものを受ける事になりました。

取るか取らないかは自由だったようですが、私は今あるポリープから出血するたびに不安になるのは嫌だったので切除してもらう事にしました。

分からない事を心配してクヨクヨしていないですぐに診てもらうのが一番だと改めて思いました。

今後も何か気になる事があったら自分で調べて不安になる前に病院に行くようにしたいと思います。

【次のエピソード】ど、動悸がおさまらない! 新調した鍋を温め、油を入れたら...「ボンッ」と火が!!

最初から読む:奇抜な実母と気さくな義母が子どもに与えてくれるいい影響/中島めめ

【まとめ読み】アラフィフ主婦の「日常の気づき」が満載! 中島めめさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

中島めめ

ライブドア公式ブロガー。家族との笑いの絶えない日常を描いたブログが月間200万PVと人気に。超インドア派で子どもの頃は「ハイジが来る前のアルムおんじ」のような人生を送るのだろうと想像していたが、実際はまったく違う日々を送っている。食品サンプルやドールハウスのミニチュア小物が大好き。

★毎日更新中!中島めめさんのブログ

たくあんムスメたち。

思わず「ふふっ」と微笑んじゃうエピソード、満載です♪


★書籍もCHECK!!

50life_cover-obi.jpg

『たくあんムスメたち。 天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』(KADOKAWA)

平凡な毎日。なのに愛しくって、ときどき泣けてくる。
突然すっとんきょうな発言をする天然長女と、おっさん系おもしろキャラの次女。姉にツッコミを入れ、妹の行動にふきだし、わが家は毎日にぎやかです。大人気姉妹マンガブログ、未公開エピソードも多数収録して初書籍化!!

コメント一覧

いつも拝見しております、初コメです。 私は昨年の検診で筋腫が見つかりました。でも生理は順調で、不正出血は初潮迎えてからなかったんです。 一昨年も検診したのですが見つからず、その後母の死、引っ越しと慌ただしく過ごしていたので筋腫が出来たものと思われます。 来月再検査します。一人ですが女性ならいずれ迎えるものだと覚悟を決めて挑んできます。
毎年検診を受けるのが一番ですよね。 お大事にしてください
ワタシもそれくらいの歳の頃、周期が短くなりました。不安に思いながらも、そのままにして、今度は周期が長くなり、いつの間にか閉経ということになりました。自分の身体なんだから、もう少し気にしようと、思いました。
めめさんからmedakaさんへの返信 | 2020.02.21
私も、周期を手帳にでも記録しておけばよかったと反省してます。 病院で聞かれても覚えていなくて焦りました
お腹の張りがずっと気になってました。やっと原因が卵巣の腫れからだとわかり、大きな病院で診察。癌の疑いもあるとの事。 私の仕事は老人ホームで介護士をしてます。病気をたくさん経験なさった方、酸素が必要な方などいらっしゃいます。病気になって、心から痛みや気持ちが理解し寄り添えると思いました。まだこれから詳しい検査によりはっきらしていくと思いますが、この仕事を続けたい。心の介護をしたい。と感じています。
2年前、卵巣がんの手術をしました。当時、介護職で、夜勤月5回をこなしていました。手術のための入院の前に、肝機能の調子が悪くなり、救急搬送にて入院、という前哨戦があったため、有給休暇がなくなり、闘病最後は欠勤となり、散々でした。療養休暇のない施設でしたので、退院後すぐの復帰。自分を褒めながら仕事を続けました。大丈夫。なんとかなります。治ると、信じていれば治ります。私が証明です(笑)
わたしはまだ定期的に月経がくるのですが、塊があったり、PMSが辛くなってきました。 ポリープがあるかも、というのは気になっていて、そのうちそのうち……と思っているうちに、現在のコロナ事情では、気軽な受診もできず、困っています。この年代の月経問題って、厄介ですよね……

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP