どんな予定にも「お袋も誘うか」という夫。決して嫌いではないけど...モヤモヤが止まらない!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:リトルミー
性別:女
年齢:52
プロフィール:夢は海外移住、今はそのために貯蓄の日々。

14.jpg

夫は51歳です。

離れて暮らす義母は70代後半で、数年前に義父が亡くなってから1人で暮らしています。

ひとりっ子の夫は何かと言うと義母のことを気にしていて、一緒に過ごす時間を持とうとしています。

私と仕事の休みが合えば、ランチでもしようか、となり、その際義母も誘ってみようか、と言います。

義母を誘うと言うことは、車で高速を使って1時間以上かかる義母宅へ向かうことで、ランチのために「往復2時間以上かける」ことを意味します。

年に1〜2回ならまだしも、月に1回とかになると「え〜、また?」と思ってしまいます。

そんな夫と「年末年始をどのように過ごすか」という話になりました。

毎年の恒例は、2泊3日で義母宅に行くプラン。

大晦日の昼に義母宅へ到着、必要なものを近くのショッピングセンターで買い込み、1月2日の昼過ぎに義母宅を後にする、という流れです。

けれど私は、昨年から離れて住む次女の家に遊びに行き、その周辺を観光してみたいと思い、年末年始に1週間ほどかけて行こうと思っていました。

それを夫に言うと「ああ、それもいいねえ。じゃあおふくろも誘ったら喜ぶんじゃない」。

えっ、お義母さんも......?

「誘ったら?」と言われて嫌だ、とはなかなか言えません。

そして、そういう時、夫は必ず私に電話させるのです。

心の中では義母が「そんな遠いところまで行くのはしんどいからやめとくわ」と言ってくれないか期待しつつ申し出ると、二つ返事でオーケー。

それもすごく喜んで「行く行く! 行きたい!」と叫んだのです。

私ががっくりと肩を落としたのは言うまでもありません。

そんな私の気持ちを知ってか知らずか、夫はなんの悪気も頓着もなく提案するのですが、こちらからしてみたら、義母を誘うと言うことはその旅費も出す、と言うことなのです。

私たち夫婦と息子の分だけでも大変なのに、そこへ義母の分まで加わり、気が重いことこの上ないのです。

しかも義母は偏食で、魚も肉もダメ。

旅行中の食事のことを考えると頭が痛くなります。

せっかくあれも食べたいこれも試してみたいとワクワクしていたのに、義母と一緒だとなると楽しい気分が急速にしぼんでしまいました。

決して義母のことが嫌いなわけではありません。

一般的な嫁姑の確執のようなものもないので、夫から見たら私がこんな気持ちでいるとは思っていないでしょう。

それゆえに、義母に対してと言うよりは、私も納得している(むしろ喜んでいる?)と思い、義母を誘う夫に対してのモヤモヤが止まらないのです。

■おすすめ体験記
夫よ、私たちの気持ちも考えて! 連れ子の22歳娘との「水入らずの旅行」を夫にお願いしたら...
「月に一度は泊まりにおいで。楽しいわよ」70代の義母から突然の提案。夫は快諾したけど...
私たちにも責任が? 義父が亡くなり1人暮らしの70代義母。家にどんどんモノが増えていき...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

 長年の人生経験から申しまして、自分のお母さんに優しい人は、自分の奥さんにも優しい人です。つまり、優しい性格の人なのです。  きっとリトルミーさんにも、優しいご主人なんじゃないかな?ここは、リトルミーさんもちょこっと考えて。もし、将来ご主人に先立たれてリトルミーさんがお1人になったら、リトルミーさんのお子さん達も、同じようにするものだと思うに違いないですよ!   ただ、お義母さんの事は、大好きだし、誘ってあげたいけれど、金銭的にちょっと大変なのよね〜とか、たまには、貴方と2人で行きたいのよとかご主人に話してみたら?優しいご主人だから、リトルミーさんの事も考えてくれて、回数を減らすかも。  いずれにしても、優しいご主人で良かったですね!
あ~ヤダヤダ!例え義母に不満があっても旦那の対応次第で多少我慢する。しかし当の旦那が空気よめなかったり、尽くすのが当然とばかりに妻の気持ちを知ろうともしないのが一番厄介❗❗ホント同情する❗❗by 最近から同居のモラハラ夫を持つ妻。
お気持ちよくわかります。 うちの主人と似たところがあります。 主人の両親は離婚し、義父は再婚。義母はひとりなので、旅行好きの主人が計画する家族旅行は、毎回義母が一緒でした。 偏食なところも似ていて、旅先では義母が食べれる店を探すのが大変。 郷土料理など楽しめません。 子供達が自立し、初めて夫婦だけで旅行しようと計画。 苦労して行きたい宿の予約が取れた途端に義母に電話して誘いました。 旅行まで数日、断ると思った義母は速攻で行くとの返事。 それまで我慢していた思いが爆発して、何故私に一言も聞かず誘うのと喧嘩になりました。 結局その旅行は、主人と義母2人で行きました。 嫌だった思いを主人にぶつけたので、以降は毎回でなくなりました。 憎々しい義母の一言。 迷惑がられてると分かっていても、息子が誘ってくれたら必ず行くと決めてるから。 と私に言いました。 それからは我慢せず、義母に言われた嫌味は主人に報告。 だから嫌なのですと分かってもらうようにしました。 親思いもほどほどに。 家族を犠牲にしてまですると、結局義母は孫からも嫌われています。
気持ちわからなくはないけど、奥さんがきちんと旦那さんと話せばいいのにと思いました。これはいいけどこれはご一緒するつもりはない、とか。金銭的な話も旦那さんとだからこそきちんとすべき。その場でいい顔だけして実は反対のことを思っているのはみんなが不幸です。 ひとりっ子だから残された義母様への責任感もあるのでしょう、やさしい旦那さんだと思います。うちの場合、私も同意の場合は私が電話しますが、不本意な場合は自分の希望を話した上で「それでもというならかまわないけど“貴方が”電話してね」と言います。 そこで奥さんのこともきちんと考えてくれる旦那さんなら、より良い対応をしてくれるようになるはず。これはむしろご夫婦の関係の問題かも、と思います。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP