「親には絶対服従」無表情で上から目線だった実母が、80歳になって急変し...⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:あおぞら
性別:女
年齢:50
プロフィール:夫41歳、実母81歳、社会人息子22歳、中一13歳娘の5人家族です。

37.jpg

実母は私が子供の頃から感情をあまり表さない人でした。

常に無表情なので、子供の頃はそんな母の顔色をうかがって生活していました。

また我が家の教育方針は「親には絶対に服従」というもの。

常に上から目線でものをいう実母のことが、子供の私は好きにはなれませんでした。

親友の母娘は姉妹のように仲が良く、実母がこんなお母さんだったらな...といつも羨ましく思っていたのを今でも覚えています。

自分が親になった時に、無表情な実母の気持ちが少しだけ理解できるようになりました。

私は姉、私、弟と年の近い3人姉弟。

母は子育てに大変だったと思います。

また、父方の実家で暮らしていたので、母なりに気を遣っていたことでしょう。

さらに父との折り合いが悪く、常に喧嘩ばかりしていました。

そんな色々な苦労が重なり次第に表情がなくなり、「常に無表情」になってしまったのだと推測します。

でも、母親には絶対に服従という考えや、いつも上から目線でものを言う態度は、母の気持ちが少し「理解できる」ようになっても、「好きになる」ことは出来ませんでした。

私達子供が独り立ちをした後、父と母は離婚し、母は1人暮らしになりました。

子育ても終わり、祖父母も他界し、1人暮らしになった実母。

たまに会いに行くと、実母は子供の頃よりも表情が明るくなっていました。

今までの苦労が吹っ切れたのでしょう。

私自身、子供心に抱いた実母に対する嫌な気持ちは少しずつ薄れてきました。

そんな中、今から15年前になりますが、団地で1人暮らしをしていた実母がご近所トラブルに遭い、私達家族と同居の話があがりました。

少し明るくなったこの実母となら同居してもいいかな?

そう思って同居を始めたのですが、一緒に生活をすると、子供の頃の実母にだんだん変わっていったのです。

次第に無表情になり、実母は「年寄りの言うことに間違いはない」と家族にも服従するよう求め始めました。

私だけではなく、私の夫や孫達にも上から目線で物を言う実母に家族も嫌気が差し、距離を置くようになってしまいました。

それでも大人になった私は自分の母親なので家族と仲良くしてもらいたい一心で、実母に態度を変えてほしいと懇願。

しかし実母の答えは「私は間違っていない」。

態度を改めることはありません。

私も実母に対し、こういう人なんだと割り切り、同居でも距離を置いて生活をすることに決めました。

そんな実母に最近変化がありました。

80歳を過ぎ急に私に甘えるようになってきたのです。

食事は別、自分の好きな時間に、好きなように食べるというのが母の流儀でしたが、突然私と一緒食べたいと言い出しました。

また、私が買い物に行こうすると「買い物に行くなら一緒に連れてって」と実母が言ってきました。

同居してから買い物に連れてってと言われたことは初めてでした。

その後も何度か買い物に連れてってと言ってくるようになりました。

私と食事を一緒にしたい、買い物にも一緒に行きたい。

年齢のせいなのでしょうか?

急に甘えてくる実母。

実母は表情が少し穏やかになり、上からの物言いもなくなりつつあります。

また無理にでも服従させようという態度もなくなり、あなたの好きにしてと言うようになりました。

これも年齢だからでしょうか?

子供の頃に憧れていた仲の良い母娘の関係になれるのかな?

そうも思うのですが、今までの実母に対する嫌悪感がどうしても目の前にちらつきます。

長年、無表情で上から目線だった実母の変化に、自分の気持ちがついていきません。

嫌なことがあっても血の繋がった親だし、この先は仲良くして行こうと思う気持ちと、今までの嫌悪感を水に流すことは出来ないと言う気持ち。

実母の変化に自分自身どうしてよいか分からず、日々モヤモヤしています。

■おすすめ体験記
義母が記念日のたびにくれるプレゼント。ありがたいけど、いつも絶妙に「不要」なもので...
恥ずかしながら涙ぐんだ60歳の私。2浪した上に大学院に進んだ一人息子が27歳で社会に出た意外な経緯
私たちにも責任が? 義父が亡くなり1人暮らしの70代義母。家にどんどんモノが増えていき...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

老後を心配して甘えてきたとしか思えない、、、
私も同じ経験があります。 実母に『親の言う事に間違いない。』と一点張りで、仲良くなった時期があっても嫌な思いは消えず、正直許せなかった。 その気持ちを引きずりたくないと思い、母親が落ち着いてる時に『実は私、お母さんをずーと恨んでた。全て自分が正しいと押し付けられてずーと苦しかったけど今は仲良くやって行きたいって思ってる。私も親の言うことを聞かない時もあったから謝る。だからお母さんも謝って❗️』それで仲直りしたい❗️と言って仲直りしました。 実母には、昔を思い出してたまに『あの時めっちゃきつかったなー笑』と言いますが、笑って終わる感じになっています。 実母が耳をかしてくれる状況であるなら、モヤモヤの気持ちを素直に話してみるのもいいかもと思いました。
子どもの気持ちと、親の気持ちの両方がわかるような経験をし、年齢を重ねると、自然に理解できて和解へ進みます。謝罪しあって、お互いに素直になれると、気持ちよくすごせますね。 良かったこと。
私の母も同じ様な感じでした。絶対服従で自分の考え方が1番正しいと思っているような人でした。なので、恋愛話も一度もしないまま結婚したいと私が言い出した時は、私の想像通り反対されました。しかし、結婚だけは絶対服従なんてしたくないと思った私は最初は、分かってもらえる様努力しました。そんな矢先に、更に遠回しに別れてほしいという話を父母私彼の食事会でされ、私は爆発し彼と密かに家出計画を始めました。縁が切れてもいいとまで思いました。しかし、突然彼のところへ行っていいよと言われました。親族からは、本当は娘達が大好きなんだよ。お母さんは、感情を表に出さないし素直にならないから、寂しい気持ちを言えない人だから、強がって反対した。母に絶対服従だった我が家だったので、それまで母の隠れた性格なんて知りませんでした。それを機に母は、本当は寂しがり屋だし娘達の事が誰よりも愛しているのだと理解出来る様になりました。孫ができると...口では、孫バカにだけはなりたくない。別に、孫が出来ても嬉しくない等言っていましたが、誰よりも孫バカです。
私も自分の親がそんな感じの親だったので子育て中は子供にとってはとても嫌な母親だったみたいです。 でも、ある日大病を患いうつも経験し、だんだん物の考え方が変わってきたような気がします。子どもたちが嫁いでしまってからですが、毒になる親という本に出会い読みすすめるうちに、まるで自分のことを書かれているような感じがしました。そして、私の代でこの悪循環を断ち切らなくてはと思うようになり、娘や息子に当時のことを謝りました。娘二人はよく理解してくれて、今では昔描いていた仲のいい親子そのものになりました。でも息子はまだ引きずっているみたいで、少しギスギスしています。嫌われていると思うとなんでもそういう観点から見てしまうみたいで、私も被害妄想的になってしまったり。まだまだ時間は掛かりそうですが、これ程嫌われていたんだなあと、噛みしめつつ仲良くなる日が来るのを願っています。親しき中にも礼儀あり❢今はこれを守って子供達とも付き合っております。案外これが効を成しているのかもしれません。
認知症の初期では?と思いましたが
一人娘で養子を取り、小さい頃からの母の高圧的な態度が嫌で同居は避けてました。夫はそれ程とは思わず転勤を機会に同居。 生活費等は支払ってくれ子育てには助かりました。 子どもも自立し、父が他界し葬式からビックリする事が始まりました。父母共公務員だったので年金は多いほう。葬式は母が仕切り(母の知り合いが多いとの事)、遺産は渡さないといい墓代を少しよこした。 その後の言い分は今まで散々面倒を見たから全て見ろ、大学も出してあげたし、孫にもお金をかけてあげたから。全ての事において上から目線だったので夫がキレたら、財産分与はしないし、自分の葬式も自分でするからお世話にはならないと決裂。話もしない状況!母は90歳だが身体の悪い所は無い。至って元気。このままで良いのか毎日疑問?
親ってそういうところがあるよね。あなたのためを思って言ってあげてるんだよって。必要以上に自分達の事は話さないようにしてます。子供の教育まで口出ししてきてめんどくさかったです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP