42歳で本格的に働き始めた私。以前は気にならなかった母の口癖「かわいそうに」が重荷に感じるように...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さとみ
性別:女
年齢:42
プロフィール:小学1年の息子と主人の3人で暮らしています。小学校入学をきっかけに仕事を本格的に始めました。

37.jpg

今思えば昔から、私の母の口癖は「かわいそうに」でした。

私が「宿題が多い日なの」といえば「かわいそうに」。

「今日は雨にぬれちゃった」といえば「かわいそうに」。

あまりに頻繁に使うので、意味のある言葉だと考えたこともありませんし、母もまた単なる口癖であって、そこに意味があったとは思えません。

ところが今、私が子育てをしている中で、母が発する「かわいそうに」が大きな負担になってきました。

我が家は私の実家から徒歩でも10分のところ。

主人の通勤の便がよいことと、半分都会で半分田舎のちょうどよい環境が子育てには最高だと夫婦で相談して決めました。

息子も小さいころから祖父母が近くに住んでいる環境だったため、畑仕事を手伝ったり、一緒に近くの温泉に行ったりと、おじいちゃんおばあちゃんとの関係を楽しんでいます。

母の「かわいそうに」発言が耳につくようになったのは、息子が小学校に入学して私が本格的に就職をしてからのことです。

私の生活時間が変わったことによって家族の時間も変わりました。

息子は学校が終わってから「放課後会」と呼ばれる集まりで17時まで時間を過ごします。

主人のほうが早く仕事が終わり、夕食を待たせることもありました。

休日にはどこかに出かける前に一週間分の家事をまとめているので、遠出はできなくなりました。

息子が習い事をしたいといっても、送り迎えがいらない範囲でならと選択肢を狭めてしまっています。

朝もばたばたと忙しく、以前のように玄関の外まで見送ることはなくなりました。

ゴミを出している時間がなくなり、次回に持ち越したこともあります。

主人のお弁当も、冷凍食品のおかずが多くなりました。

どれもこれも私が仕事を始めたことによって変わった生活の変化です。

わざわざ母に報告することはありませんが、会話の中でこういう話が出てくると母は必ず、「かわいそうに」と眉をひそめます。

こういうと嫌味な母のように感じられますが、そうではないんです。

孫にも私の主人にも心から優しく、思いやりを持って接してくれています。

忙しいときには「夕ご飯を食べにおいで」と温かい食事を用意してくれていますし、近隣でイベントがあれば息子を誘って連れ出してくれます。

本当にいい母なんです。

もしかすれば今までも、「かわいそうに」と発していたのかもしれませんが、それに気がつかなかったのは私に心の余裕があったからかもしれません。

仕事を始めて時間に追われ、家事育児に手を抜いていると自分で感じているからこそ、母の「かわいそうに」が、私への責め言葉のように感じるのかもしれません。

本当に困っているのは母に対する思いではなく、そう感じてしまう自分に対してなのかもしれません......。

■おすすめ体験記
「父の妻」として異様にプライドが高かった母。父が亡くなって母が涙を流した理由は...
「お母さん、ちょっといい?」24歳長女の「突然の宣言」の内容は...
両親の大反対を押し切って結婚したのに...離婚の原因となった夫の「許せないひと言」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

かわいそうにって言われるとなんだか自分が惨めな感じに感じてしまいます。お母さんはそんな意味で言ってはいないと思うけど、言われた方はネガティブな感じに受け止めてしまいます。「あら大変ね〜」とか「今が一番頑張り時ね〜」など別の言い方だと惨めな感じにならないと思うですが。実母が同じだったのでお気持ち良く分かります。私の場合は可愛そうって言われると不快でした。その言葉の中に不幸を呼び寄せる得体も知れない嫌な感情が含まれているように感じてしまったからです。母はそんな事は微塵も考えて発していないと思いますが。上手くコメント書けなくて申し訳ないです。 アドバイスとしては、あまり気にしない事です。それが一番。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP