「お母さん、ちょっといい?」24歳長女の「突然の宣言」の内容は...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:向日葵
性別:女
年齢:51
プロフィール:12歳から24歳の3人の子ども&脳梗塞の夫と暮らす、ワーキングマザーです。

7.jpg

OLをしている長女の異変に気付いたのは、11月に入ったころでした。

いつもはほぼ定時で18時くらいには家に帰ってきていたのに、この頃は私が夜勤の仕事に出かける21時になっても帰ってこないことが増えてきました。

週末には、「今日は帰らないから」といってどこかへ泊ってくることも。行き先を尋ねると「うん、仕事関係で......」と言葉を濁します。

「もしかして、彼氏ができたの?」と思い娘に直接聞いてみても、「彼氏なんていないよー」と笑うばかり。

事務職で残業もほとんとなかった職場ですが、忙しくなったのだろうか?と不思議に思いましたが、特にそれ以上追求することなく、日々が過ぎていきました。

大きな変化が訪れたのは、そんな状況が続いたある日の週末の夜のことです。

その日は夜勤の仕事が公休日だったため、私は自室でパソコンに向かって調べ物をしていました。すると、珍しく娘が「話があるんだけど、いいかな?」と言って部屋に入ってきました。

娘から改まって話があるなんて言われたのは初めてで、私は「これはいよいよ彼氏ができた報告!? それともいきなり結婚報告!?」と内心ドキドキしました。

しかし、娘が語ったのは、私の予想とはまったく違うものでした。

「お母さん、私、東京の会社に転職するから」。

いきなりの娘の転職宣言に、私は驚きました。それも就職先の会社からはすでに内定をもらっていて、来月の初めから出社することになっているとのこと。

そのうえ、家からは通勤しきれないため、11月末には東京の隣接県のアパートに引っ越す予定になっているのだとか。

「ああ、なるほど、それで帰りが遅かったり、泊まり込みになったりしていたのか」と、妙に納得しました。

転職先の会社について尋ねてみると、「コンピューター関連の会社で、プログラマーとして就職する」と答えが返ってきて、またもビックリ。

娘のパソコンスキルがプログラマーとして就職できるほど高かったことに、心底驚きました。

確かに、家にいる時間はパソコンに向かって何やら作業をしていましたが、「何してるの?」と聞くと「ゲームだよ」と笑って答えていた娘。実は、着々とパソコンスキルを磨いていたのでした。

そして、娘は宣言通り、12月の初めに我が家から引っ越していきました。

脳梗塞の夫の代わりに働きだした私を陰から支えてくれた、優しい長女。その成長を喜ぶ半面、手元から旅立ってしまったことに寂しさがつのります。

空っぽになった娘の部屋を掃除しながら、少ししんみりとしてしまう今日この頃です。

■人気の体験記

夫の実家の異様な食事風景。座ることも許されず壁に向かって立たされた私/かづ
同棲先から「家に帰りたいよ...」。幼い頃のような声で泣いた娘
孫が生まれるなら、自分も生きる! 手術を決意した父は、10年間全てを孫に注ぎ込んで逝った

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP