泥酔して噴水のようにおしっこをシャー。「酒好きの夫」に耐え切れず、義母に相談した結果は...!?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ルーン
性別:女
年齢:58
プロフィール:現在主人、息子、娘、私の4人家族です。

36.jpg

私が37歳、主人が38歳の頃の話です。

主人は、お酒が弱いのに飲むのが好きな人でした。

子どもが産まれるまでは、ほろ酔い程度に飲んでいましたが、二人目の子供を産んだ後から、「飲まないと眠れないから」と言って、食後は焼酎をコップ酒で4、5杯飲んで寝落ちするようになりました。

その時は、「家族も増え仕事もきついのかな」と黙ってみていました。

しかし、子供たちも小学生になった位から、酔った勢いで泣いて嫌がる子供をギュッとハグし続けて離そうとしなかったり、ゲームで遊んでいるのに急にブレーカーを落としてみたりと、「頭がおかしくなったの!?」と思うような行動が出てきました。

お酒をなるべく控えてもらうよう、私も子供たちも必死にお願いしたものの、取り合ってくれません。

そんなある日、事件は起こりました。

主人が寝ている部屋から大きな声で「おしっこしたい」という叫び声が聞こえたのです。

急いで部屋に行ってみると、寝ながらシャーシャーと音を立て、噴水のようにおしっこをしている主人の姿が...。

私の驚いた声に子供たちが来てしまい、この主人の惨めな姿を見られてしまいました。

子供たちから「どうしておしっこしちゃったの?」との問いかけに、「お酒に酔うと、こうなるんだね~」と答えるのがやっとでした。

どうしようか、と悩んでいると上の子がこう提案してくれました。

「お母さん、お酒ばかり飲んでるからこうなるんだって、反省させよう」

なるほどと思い、そのまま放置することにしましたが、そんな子供たちが不憫になりました。

翌朝。

主人は「誰? ここに水をかけたの。どうしてそんなことするの?」と、怒りながらパジャマや下着を替えていました。

すると下の子が、昨夜の事を主人に言いました。

主人は、「そんなことするわけないだろ。嘘をつくな。お前か水をかけたのは」と叩きそうになったので、私は思わず叫びました。

「酒ばかり飲んでいて、自分の行動すら覚えていないのね」。

主人は「朝からうるさい」と捨て台詞を吐いて仕事に出かけていきました。

泥酔を続ける主人。私は限界を感じ、離婚を考えるまでに・・・。でもまずは思い切って、義母に相談してみようと決意したのです。

義母はとても優しい人で、上の子が生まれた時、不安な私の気持ちを支えてくれました。義母なら今回もきっと、主人を諭してくれるはず...。

義母はやはり、私の話を親身に聞いてくれました。

「困ったね~。なんとかならないのかしらね~」と言いながら。

そして、こう言ってくれました。

「とにかく、あの子の泥酔はわかった。なんとかあまり飲まないよう私からも言ってみるから、あなたも大変だろうけど、もう少し頑張ってちょうだいね」。

私は涙があふれ、相談してよかった...と思いました。

その後も相変わらず、「今日は飲みすぎじゃないの? やめたら?」と私が言い、「うるさい。あっち行ってろ」と夫が言う繰り返し。

ですが「いつか義母が諭してくれる」という希望があったので、今までのようにイライラが募ることはありませんでした。

しかし、あれから1カ月、2カ月と過ぎ、「義母はいつ言ってくれるのだろう...」と心の中で気になってきたある日のこと。

主人の実家からお中元が届きました。

主人と子供たちの目の前でフタを開けた私は...目を疑いました。

「は? ビールとジュースの詰め合わせ?」

お義母さん、諭してくれるんじゃなかったの?

あなたの孫たちが嫌な思いしてるんだよ!

あれだけ、涙ながらに訴えた答えがこれ?

もう、頭が混乱し、怒りがこみ上げどうすることもできませんでした。

それ以来、義母に相談はやめました。

私の話などなにも聞いていなかったんだと、一気に疲れと馬鹿らしさが噴出しました。

あれから20年ほど経ちますが、今思い出してもまだ沸々と怒りがこみ上げてきます。


■おすすめ体験記
「もう離婚だね!」罵りあった夫婦ゲンカの翌朝、息子が用意した「ある仕掛け」
出戻り娘の家事に文句を言う夫に反撃開始!「だったら、アナタの家事はどうなの?」
「次男に面倒みてもらう」って言いましたよね。長男の夫を捨てた義父母の身勝手なSOS

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

お別れなさい
その後別れたのかどうか気になりますが・・
そんなやつ無理
旦那にしても義母にしても ありえない
それ、人間じゃないから。 離婚しないなら早く家を出なきゃ子どもたちに悪影響が有るだけ。 離婚するより、婚姻費を支払って貰った方が得ならそうしなね。
あり得ません
残念ながら治らないと思う。 良いきっかけがあればいいけど
アルコール中毒❓
はい、間違いなくアルコール依存症です。断酒させるべき病院での治療が必要。
泥酔して、漏らしてる姿を動画で撮って、LINEで旦那に送ってあげたら?
酒癖が悪いだけではなく、普段も言葉も荒いように感じますが。。お子様に悪い影響がでないといいですね
そんな人と一緒に暮らし続けるなんて耐えられない。 朝からうるさいと言って仕事に行った瞬間、子供と荷物をまとめて出ていきたいレベルですよ。 その後どんなふうに帰ってきたバカ旦那を迎え入れたのでしょうか?信じられません。 お酒も減らさないままの旦那に小言止まりなら甘いです。きちんと考えたほうがいいですよ。
義父も酔っ払っておしっこ垂れ流したりする人でした。挙げ句飲酒運転で捕まり交通刑務所へ。 拘置中に義父の父親が亡くなり、葬式にも出られなかった。 お天道様ってちゃんと見ているんだなぁと思いました。 ざまあみろ位にしか思わなかった。刑期が終わり、家に帰ったら義母はお酒を用意して待ってたそうだ。「あんなに好きなお酒を何ヶ月も飲めなかったから。」と。 呆れてものも言えなかった。
お漏らしするようになったら終わりだと思います。 アルコール依存症の末期に近いでしょうね。 毎日飲まなくても、アルコール依存症になってる方多いです。 これからトイレでしなくなることが増えて行きますよ。 飲んで漏らすことが増えてきたらかなり酷い状態です。 アルコール依存症のチェック項目がネットに出ていますから、見てみた方が良いと思います。 依存症は徐々に進行していきますから、御家族の皆さんも、おかしいことに気付かないんですよ。 たまたまとか、お酒を飲んだからだと思ってしまうんです。 地獄を見たければ、アルコール依存症の家庭を見ろ!と言われてるくらい、アルコール依存症の方がいる生活は普通とはかけ離れたご家庭になります そこまで手遅れにならないよう対処した方が良いですよ。
私はそのようなアルコール依存症の人を数人見て付き合ってきました。その病気は回りに迷惑かけられてる人は病気に気づかないまま、末期を迎えるまで同じ繰り返しを続けます。本人が断酒しない限り回りの人たちに迷惑かけ続けるし、その人たちの人生もメチャクチャにします家族崩壊は当たり前。本人に自覚させて病院治療が必要ですが、忍耐強く長期戦を覚悟してください。
毎日、アルコール依存の人との戦いの日々。アルコールを口にしないと別の人になるので、普通に過ごしていられる。一度口にしたなら、地獄の始まり。これの繰り返し。離婚しても事が行った後始末は、子どもにいきます。だから逃げずに戦い続けるしかないと結論
私の元旦那と同じで読んでいて当時の辛い生活を思い出しました。 私は当時赤ちゃんだった娘の寝ている所でおしっこをされ冷凍庫の中にされ義理両親に相談しても実家に遊びに行けばビールが出てくる
気持ち悪い。。 よく一緒に暮らせましたね。
同じような方が結構いらっしゃるのですね
20年ほど前のお話なのですよね? その後どうされて、現在どのようにお過ごしなのか気になります。
アルコール中毒とアルコール依存症は異なるそうですね。夫の家系は依存症の方です。息子が調べてくれました。 同居するのは疲れます。 この冬夫はアルコールが原因の病気になり、余命数ヶ月です。死ぬ迄治りませんよ
よく我慢されたと思います。その後どうされているのか。お気持ちわかります。実は私どもの主人もアルコール中毒になりかけのところで病気になりました。定年の半年後に救急車で運ばれました。今年梅雨に入る頃三回忌をします。お酒で不幸になることは避けたいですね。
なんだ、よくいるんだそういう人。うちの義母は、煙草は体に悪くないけどお酒は控えさせなさいって、帰省する度缶ビールケースで用意してる。頭おかしい。
夫は61歳で脳出血でなくなりましたが原因はアルコール依存症でした 鬱にもなり職も信頼も失いました 専門病院へ入院しても優秀な成績で予定より早く退院。嫌な予感的中。退院当日から激しい連続飲酒。5ヶ月後死ぬまで呑み私の外出中に死亡しました。可哀相な気がしますがこれで良かった。アルコール依存症は死ぬまで終わらない。妻は妙にしっかり者に出来上がる。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP