「あそこは息子が金を出した」友人と比較して旅行費用をせがんでくる義両親

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ゆずっこ
性別:女
年齢:46
プロフィール:サラリーマンの夫、小学校の子供が2人いる専業主婦。ですが、これから働きに出る予定です。

32.jpg

遠方に住む義父(74歳)と義母(70歳)。ふたりは共働きでしたが定年退職し、今は年金生活をしています。ふたりともフルタイムかつ高収入だったそうなので、はっきりとした金額はわかりませんが、夫が一人働いている我が家と同じか、それ以上のたくわえはあるようです。

そんな義両親の趣味は「海外旅行」。

在職中はよくヨーロッパへ10日間前後の個人旅行に行っていました。ただ退職後は、海外旅行が2年に1回ほどに。どうもそれが不満のようで、先日帰省した際、義両親から「自分たちはいつ海外にいけなくなるかわからない。いけるうちにいきたいから、旅行代を援助して欲しい」と言われてしまいました。

急にどうしたのだろうと思って聞いてみると、先日、近所に住む同年代のご夫婦から「息子の援助でエジプト旅行をした」と聞いたそうなのです。それがとても羨ましいようでした。

義両親の気持ちもわかりますし、むしろ言いづらいことを言わせてしまった、とも思います。旅行代を差し上げられればよかったのでしょう。お金があれば......。

義両親はいろいろな事情をわかってくれていないんだと感じます。

そのご近所の方の息子さんは独身貴族です。一方我が家は私が専業主婦の上に、小学生の息子2人がいて、塾代など受験に向けた費用がこれからどんどんかかるので余裕はゼロです。むしろいやらしいですが子供の教育費を援助いただけたらどんなに嬉しいか......と思っていたくらいでした(口には出していません)。

ですので、子供の教育費があるので......とやんわりお断わりしたのですが、「孫はまだまだ元気だが自分たちはいつどうなるかわからない!」と強く言われてしまいました。

いつも穏やかで優しい義両親が、ここまで強く言うなんて...とショックでした。ですが、子供の教育も人生で「一度だけ」のものですし、その2つを比べるのは間違っていると感じます。

結局、夫が義両親に「援助したい気持ちはあるが、今は余裕がないので無理」といい、その場はおさまりました。ただ、とても不満そうでしたので、納得はいってないのだと思います。

私としては義父の趣味で何十万もかけているカメラ(最近40万円ほどのカメラを買っていました)や、義母の服飾品(1着5万円以上かかるブランド品ばかりです)にかけるお金を減らせば、自分たちの収入だけで海外旅行にいけるのではないかと思ってしまいます。

在職中は自由にお金を使っていた義両親。年金生活となり、それまで慣れ親しんだ生活レベルを下げるというのは難しいことなのだなと改めて痛感しました。これから私も働きに出る予定なのですが、それは子供の教育費のためです。義両親に援助するのは難しいだろうと思っています。どうすればわかってもらえるか......頭を抱えています。

関連記事:塾の月謝2万円」エスカレートする嫁の「孫の習い事おねだり」に困惑

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

お金ではなく気に掛けてほしい 気持ちはわかります 大金は出せないが食事でもいっしょに誘うつあげたら良いと思います その時に教育費がかかる話や世間話すれば良い
自慢話がしたいなら、孫はかわいいって話をさせれば、どんな贅沢より、自慢になる。
きっと親孝行された近所の方に負けたくないのでしょうね。 申し訳ないですがそういう方は必ず調子に乗ってエスカレートするでしょうし現実がまるで見えていませんね。 いつまで元気かわからないと捲し立てるような方は殺しても死なないでしょう。 旅行に行きたいのなら終活も始めながら物の整理をして毎月購入するお洋服代を旅行に使ったらと私ならいってしまいます。 物は墓場まで持っていけませんし残された遺品整理って物凄く大変です。 いつまで元気かわからないとおっしゃるならば、終活、断捨離、無駄なものにお金をかけずに旅行費を捻出すれば良い。 さらに貯金はされてるんでしょうかね? 将来を見据えたらデイサービスとか使うようになるでしょうし、何も無く無事に畳の上で亡くなるなんて最近では本当に珍しいです。 亡くなるまでの5年や10年デイサービスやホームの利用をしたらとんでもないお金がかかります。 親だから子供が世話して当たり前の時代では無い事が理解できてないようなので現実的な話し合いをして目を覚まさせるのも良いのではないのでしょうか?
バカなおやですね、、負けないで、少しおこづかいをわたして、りょひのたしにしてください、とプレゼントを、ちちのひ、ははのひ、けいろうのひにしたら、いかがですか、、本当に愚かなおやです。
分かってもらう必要ないです。どうせ理解なんかしてくれませんよ。子より孫より自分達だけ大事な人達なんだから。断るのは旦那さんに任せて、私は主人に従うまでです、とか言って返事はしなくていいと思います。がんばってお子さんを育てて下さいね。
悩む必要は無いでしょう。 お子さん2人も居て、貴女方の老後の蓄えも考えなくてはいけません。その上老人の遊ぶお金なんてとんでもない。親は親の人生です。そして貴女方は貴女方の人生なんです。食い下がられるなら「旅行代出しても良いですが、子供達の学費も援助して頂けますよね❓」と言っては❓其処て気がつかれると思いますよ。自分の都合ばかり押し付けるのは違います。お金だけが援助ではないはずですものね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP