「悪い所があれば隠さず言って」と言われたけど、実際に伝えると不機嫌になる母

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:かなこ
性別:女
年齢:51
プロフィール:30歳の娘を持つ母です。現在も理髪師として働く75歳の実母と同居を始めて一年になりました。

5.jpg

3年前に父が亡くなって以来一人で暮らしていた母と、昨年5月から同居を始めました。私は20年近く前に離婚してからずっと娘と二人暮らし。正直なところ今になって母と暮らすことに不安を感じていました。でも、母もそんな私の気持ちを分かってくれていたようで「それぞれの生活の仕方があるんだから違うのは仕方ないよ。でも、嫌なことや気になることは溜め込むとストレスになるからね」と前置きして「言ってくれたら直すから、隠さずにちゃんと言ってね」と気遣ってくれ、それならばと気が楽になったのを覚えています。

そして、実際に暮らし始めてみると、やはり戸惑うことばかり。母にとっては50年近く暮らしてきた家。私が小さな頃から母がご飯を作り、掃除、洗濯をしてきた家なのですから、自然にできた自分のルールがたくさんあります。私は「入って来た身」なので合わせるほうがいいだろうとできるだけ母のやり方に合わせ、その中でもちょっと効率が悪いなと感じたところや変だなと思うところは、さり気なく自分のやり方に変えていこうとしました。

例えば、娘が洗剤や柔軟剤を変えたいと言い変更したのですが、母は匂いや使いやすさよりも「安いもの」にこだわりがあるタイプ。私が買って来るもの全てに「それは幾らだったの?」と聞いてきて、私が値段を言うと「あぁそう。結構高いんだね」と必ず言うので、私はこれがかなりストレスでした。でも、常に私が買って来て詰め替えをしているうちに言われなくなったのでホッとしました。

ただ、どうしても慣れないことがありました。それは、母が友達から聞いた友達家族の愚痴を丸々うちに持ち帰り話すことです。朝食時は私に、夕食時は、三人でテレビを見ながら楽しく食べている最中に話してきます。テレビは聞こえないし、興味のない他所の家庭の話。しかも週に何度も会う友達なので、ほぼ毎日聞かされます。そして母が聞いたところで腹を立てるだけでどうにもできない話なので、こちらの気分も滅入ってしまうのです。

この母の習慣が嫌だった娘が、一度だけ母に訴えました。「ばあちゃん、そういう話やめてくれる? 会ったこともないから分からないし、私はテレビ見たいし」。これを聞いて一気に機嫌が悪くなった母。しばらく口をきいてくれなくなってしまいました。このときは娘の言い方がストレート過ぎてよくなかったのかもと思い、今後はできるだけ私が言うことを決意。娘にも「ママが上手く伝えるようにするから、何かあったらママに言ってね」と言いました。

結局しばらくして母の機嫌は直りましたが、言われたことを直そうという気はないらしく、今までと変わらず食事の時間では母の愚痴話が繰り返されました。これでは困ると思い、母と二人になったときにゆっくりと話をすることになったのです。他人の家の問題を我が家に持ち込んでもどうにもできないということ、毎日聞かされて私も娘も気が重い、食事は楽しく食べないとおいしくないし体にもよくない等伝えました。気持ちを逆撫でしないようにと気を遣い一生懸命伝えたつもりなのですが、母は「でも」「だって」と繰り返すだけ。そしてまた怒ってしまったのです。

「直して欲しいところは言ってね」と言ったのに、これでは機嫌を損ねるのが面倒で話せません。娘もストレスを溜めているようです。私もいつまで我慢できるかと思うと気が重くなります。同居が難しいことは覚悟していましたが、ここまでとは......という感じです。

関連記事:ご近所さんに言いたい放題。すぐにキレる母にこっちもイライラ!/高齢母の行動がわからない!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

同居は良くない お互い距離感がわからなくなるから
75歳ということで、なかなかやり方や考え方を変えるのは難しいでしょうね。あなた様や娘さんがストレスなの、わかる気がします。一緒に暮らすことになった経緯を書いておられないので、想像でしかお答えできないですが、お父様が亡くなられてお母様が一人になったから、同居することになったのでしょうか? あなた様自らお母様にご提案されたのでしょうか?お母様が、望まれての同居でしょうか? 一緒に暮らしてはみたけど、適度な距離感がもてないと、親子だからこそ難しい面もありますよね。お母様が愚痴話を始められたら、そうなの、大変そうね、など相槌をうつのみにして、お母様自身のご趣味や、楽しい話題に、さりげなく持っていってはいかがでしょうか。また、お母様と一緒に散歩をされたり、同じことをする機会をもち、その時のことを繰り返し話したり、また、あなた様が子どもの頃、お母様と一緒楽しく過ごしたことや、嬉しかった出来事、好きだったお弁当の話など、なんでもいいので、聞いていて楽しい話にすり替えてしまいましょう。また、娘さんも、夕食時にテレビを見るのはあきらめてもらいましょう。おばあちゃんと楽しく話して仲良くなってしまいましょう
たぶんお母様はなんでもいいから 子供達と会話をされたいのでは ないのでしょうか テレビを見たいという気持ちは 分かりますが 何か明るい会話を逆に振ってあげてはいかがですか?おそらく 年取った方の生活はマンネリ化されているので他人の事だけ 気になるのだと思います
家に疲れて帰ってきて、さあ晩ご飯なのに母は何回も同じような職場の愚痴を興奮しながら言ってきてうんざりする。 でも本人はわかってないから、ふーんって聞き流してる。 この前は私の娘0才を連れて帰ったら、娘はオッパイ欲しくて泣いててオムツを先に替えてる私に向かって、また職場の愚痴。 興奮して声もでかいから娘は余計に泣くし、実母ながら頭おかしいのかと思った。
お母さんの立場で目線を変えてみたら、お母さんはテレビが楽しくないのでしょうね。 ただ話しをしたいからあったことを話しているんじゃないのですか? 聞くのが嫌なら違う話で楽しくしてはいかがでしょうか。 食事中のテレビで会話がないのは、母にとって辛いのではないのでは。 通りすがりで説教みたいになってしまってすみません。
ウチも同じ状況です。 同居して2年経ちますが 何度言っても状況が変わらないので、最近食卓を別にしました。 ストレスで晩御飯が食べられなくなってしまった為 目に余る行動は言っても聞いてもらえないので、行動する場所にメモ書きをする事にしました。 トイレの正面にでも、 人様の家の揉め事の話はしないでねとでも貼っておくと気付いてくれるかもしれません。
愚痴を言いたいから、言われても愚痴を言い続けるんです。 散歩しようが、楽しい話題を振ろうが、自分が話したいことを話したいんです。 実母がそうでした。 うちは、人の悪口。親しい人から、店員さんや会話もないすれ違っただけの人まで。 出かけなかった日は、テレビに出ている芸能人の悪口。 何度もやめてほしいといっても怒るだけ。 楽しい話題を振っても話の腰を折って自分の話したいことを話します。 母は悪口を言いたくてたまらないので、止まりません。 何度も喧嘩して、これ以上悪口ばかりなら、施設に入って、と言ったら、悪口じゃない、事実を言って何が悪い、と。 スマホの動画に撮って見せました。 最初だけ、少し減りましたが、事実を言って何が悪い、一緒に暮らしたくないなら、施設に入るからいい、と言って、知り合いが入っている、年金でまかなえる有料ホームに入っています。 今は、悪口好きの何人かと始終誰かの悪口を言っています。 別居してよかったです。
私は20代すぐに母を亡くしていますので、結婚して義母に気を遣う日々ばかりでした。もし、母が元気でいてくれたらならと何度も思い泣きました。 どうか今お母様がお元気なら、お話を聞いて差し上げて下さいませ。 お母様はきっと寂しいのだと思います。 実の娘にだけに本心を話せるのでしょう。 親はいつまでも生きているわけではなく、限りある時間をどうか喧嘩しながらでも大切に過ごして下さいませ。 後で後悔しないように、今、お母様との時間をお子様も一緒に楽しんで下さいませ。 お母様の味方だよとお話に相槌を打って差し上げてみて下さいませ。 きっとお母様も分かって下さいます。 今ある幸せをどうか大切にされて下さいませ。
他所のお宅の話を聞かされるのでなく、家で起きた事や娘と孫娘との話を他所で話したくなるように、お母様と日常的にもっとコミュニケーションや、何気ない 会話を持たれるようになれば、お母様もきっと他所で聞いてきた愚痴を「娘達に聞かせてやろう」とは思われなくなると思いますよ。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP