家に帰るとお出迎えにきてくれる猫。しかしそれは人を選ぶようで.../フニャコ

2匹の猫、ぺーやん(たぬき柄)スミちゃん(黒猫)と夫、娘と暮らすアラフォーのフニャコです。

冬は猫が暖をとるために寄ってきてくれてニヤニヤする毎日です。

今回は我が家の「猫のお出迎え」について書きたいと思います。

前回の記事:ご飯の時間だニャー!時計ぴったりな猫たちのスケジュール/フニャコ

私や娘が家に帰ってきたらほぼ必ずぺーやんが迎えに来てくれます。

ぐっすり眠って気づいてない時以外は必ず。

寝起きのぺーやんが伸びながら「待ってたよ!」感あふれる姿で急いでお出迎えに来てくれる姿は嬉しくなるとともに、少しでも寂しい思いさせてごめんねと申し訳ない気持ちになります。

image1.png

image2.png

image3.png

image4.png

image1.png

夫が帰って来た時は、実はソファの下やこたつの中に急いで隠れに行くだなんて言えない。

私や娘を急いで迎えに行き、扉の前で待っているぺーやんの態度に納得がいかない夫は、時々ぺーやんにお願いしています。

image2.png

もちろん効き目はありません。 このようにお出迎えにものすごい温度差がありますが... もう一方のスミちゃんはというと、

image3.png

誰が帰っても迎えにきてくれません。 ごく稀に迎えに来てくれると驚きます。

マイペースな乙女です。

 

次の記事「半日も家を空けられないのは猫のせい? それとも.../フニャコ」はこちら。

他の回も必読!フニャコさんの連載一覧はこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

フニャコ

娘が小学生に上がる頃に猫2匹を迎え、絵日記ブログにて猫と家族との日常を更新中

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

フニャコさんのブログ:おそらくその平凡こそ幸せ

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP