半日も家を空けられないのは猫のせい? それとも.../フニャコ

黒猫のスミちゃん(7歳女の子)とタヌキのような柄のぺーやん(7歳男の子)を溺愛する私、フニャコと娘あぱ、夫のブリやんの5人家族の日常は、必然的に猫中心の生活になってしまいます。

前回の記事:家に帰るとお出迎えにきてくれる猫。しかしそれは人を選ぶようで.../フニャコ

外出していても気がつくと猫たちのことを考えてしまっています。

IMG_7004.PNG

...急いで帰ったところで大抵ふたりとも寝ていることが多くて、ノソノソ起きてきます。

寂しがってなくてよかった!家に帰るとほっとします。

おおらかそうに見えて実はナイーブなぺーやんは、機嫌を損ねると尾を引くので少し気を遣います。

IMG_7003.PNG

機嫌とるのに必死です。

最近は全然行っていませんが、数年前に1泊旅行をした時は、猫たちが気になって、猫たちの世話をお願いしていた母にテレビ通話をして様子を聞いたり見たりしていました。

IMG_7002.PNG

旅行へ行く前はペットホテルも考えたのですが、とても人見知りで内弁慶なぺーやんとスミちゃんがリラックスするはずがないので絶対に無理!母に頼んで家に何度も様子を見に行ってもらい世話をお願いしました。

いやあ...我が家は1泊でこれなので、長い旅行は考えられないですね。ぺーやんも間違いなく拗ねることでしょう。

もちろん猫たちが寂しがるから...というのが一番ではあるけれど、実は私たち人間が半日でも猫たちと離れていると寂しくなってしまうというのが現実です。

IMG_7001.PNG

猫と暮らしていると生活が制限されることもありますが、それを上回る可愛さです。

フニャコさんの過去記事はこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

フニャコ

娘が小学生に上がる頃に猫2匹を迎え、絵日記ブログにて猫と家族との日常を更新中

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

フニャコさんのブログ:おそらくその平凡こそ幸せ

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP