【お悩み相談】正直、自分の偏食ぶりにはあきれるばかり...飽きるまで同じものばかり食べてしまいます

日頃のモヤモヤやイライラ...人生を重ねると、さまざまな心配事が出てきますよね。そこで定期誌『毎日が発見』の「お悩み相談」コーナーから「読者の悩みと専門家のおこたえ」を抜粋してご紹介します。今回は、「同じものばかり食べては飽きる...の繰り返し」というお悩みに、心理アナリストの亜門虹彦さんがアドバイス。さあ、あなたは...どう思われますか?

pixta_76222555_S.jpg

【お悩み】

同じものばかり飽きるまで食べてしまいます

私の悩み。

それは、好きなものを食べ飽きるまでとことん食べ続けることです。

いまは鯖の水煮缶を2カ月ほど毎日1缶食べ続けています。

味噌煮缶は食べず、水煮缶だけです。

その前はサラダチキンを3カ月、納豆を半年、瓶のなめ茸を半年も、なんていうこともありました。

何カ月も食べ続けた揚げ句、飽きてしまい、食べ飽きたものは当分は食べたくないという気持ちに。

その食べものはそれ以降、実際ほとんど手をつけなくなります。

正直、自分の偏食ぶりには、あきれるばかりですが、食欲を止めることができません。

それが私の悩みです。

山形県 K・Aさん(62歳)


【おこたえ】

自分の偏食を認めて楽しんで!

偏食には、心理的な原因によるものがあります。

このタイプの偏食は、強いストレスや不安が引き金になって味覚や食事が変わってしまうものかもしれません。

その結果体重が急激に増減したりして健康面に悪い影響が出ることもあります。

しかし相談者さんの場合は、鯖の水煮缶以外のものも召し上がっていらっしゃるようなので、そうした心配はなさそうです。

また、"これまで好きになった食べもの遍歴"も、高価ではないものばかりのようですので、経済的な悪影響も少ないでしょう。

でしたらいっそ「自分は食の変態だ」と自覚して、偏った食生活をエンジョイしてはいかがでしょう。

いろいろなメーカーの鯖缶を食べ比べるも良し、一つの鯖缶を自分の「推し」と決めるのも良し、です。

ご安心ください。

食生活が普通と違っていても、大活躍している人はたくさんいます。

アメリカのビル・ゲイツ氏も野球のイチローさんも、偏食で有名ですよ。

●亜門虹彦さん(心理アナリスト

※記事に使用している画像はイメージです。

【まとめ読み】あなたの意見は...?「お悩み相談」記事リスト

おすすめ記事:1日2回、90歳の義母が「不機嫌」に。生活パターンが違うのに、どうすれば...?/お悩み相談
おすすめ記事:娘2人は結婚し、跡取りのいない私たち60代夫婦の「墓じまい」をどうすれば.../お悩み相談
おすすめ記事:50~60代が中心の、女性ばかりの職場に漂う「不機嫌オーラ」がしんどいです.../お悩み相談
おすすめ記事:意見が合わず、会話も楽しくない夫とのすれ違いの日々.../お悩み相談
おすすめ記事:私は義母と夫の同時通訳!? 義母が元気なうちに折り合いの悪い夫と関係を改善してほしい/お悩み相談

 

今回の先生

亜門虹彦さん
心理アナリスト。専門は「生活の潤い」

この記事は『毎日が発見』2021年8月号に掲載の情報です。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「お悩み」のキーワード

PAGE TOP