【お悩み相談】遠方に住む90代の母。コロナ禍で介護が思うようにできないことがもどかしい

日頃のモヤモヤやイライラ...人生を重ねると、さまざまな心配事が出てきますよね。そこで定期誌『毎日が発見』の「お悩み相談」コーナーから「読者の悩みと専門家のおこたえ」を抜粋してご紹介します。今回は、「遠方の母に何もできないことがもどかしい」というお悩みに、カウンセラーの時田ひさ子さんがアドバイス。さあ、あなたは...どう思われますか?

pixta_20608425_S.jpg

【お悩み】

遠方の母に何もできないことがもどかしい

90代の母の介護がなかなか思うようにできず、困っています。

遠方なため、心配の種が多く、母から会いたいと言われていますが、コロナでますます以前のように母の所へ行けなくなってしまいました。

母に対し、何と言っていいのか分からないし、どうすることもできない状態が続いてモヤモヤしています。

自分の生活もあるので、引っ越しをして近くに住むこともできません。

公的サービスに頼ることでしか援助ができないことがとても申し訳なく感じます。

東京都 S・Hさん(68歳)


【おこたえ】

行動ではなくアイメッセージで思いを伝えて

相手の気持ちを慮る方なのでしょう。

あなたのような方は「アイメッセージ」を意識して伝えてみましょう。

例えば、お母様から会いたいと言われて、会う(行動する)ことで解決しようとすると、こんなご時世ですから行動できないがゆえに、なんと言ってよいものか分からなくなります。

でも、実は相手が求めているのは「行動」ではなく、あなたの「思い」を「お聞きになりたい」のです。

そこで「私(アイ・I)も、お母さんに会いたいわ」と、ご自身の気持ちを言葉にしてみてください。

動けないいまだからこそ、言葉で心を通じ合わせることを試していただきたいと思います。

「私はお母さんの近くに住めたらいいのにと思っているわ」「私はお母さんが心細がっているのを分かっているよ」なども、伝えたら心が温まると思います。

●時田ひさ子さん(カウンセラー

※記事に使用している画像はイメージです。

【まとめ読み】あなたの意見は...?「お悩み相談」記事リスト

おすすめ記事:自分の子どもたちと疎遠の義母。後悔のないよう、親らしいことをしてほしい/お悩み相談
おすすめ記事:50~60代が中心の、女性ばかりの職場に漂う「不機嫌オーラ」がしんどいです.../お悩み相談
おすすめ記事:物だらけの義母の部屋...恥ずかしくて救急隊員も呼べない/お悩み相談
おすすめ記事:寂しいような、情けないような...悩みを素直に打ち明けられる友人がいない/お悩み相談
おすすめ記事:私は義母と夫の同時通訳!? 義母が元気なうちに折り合いの悪い夫と関係を改善してほしい/お悩み相談

 

今回の先生

時田ひさ子さん
カウンセラー。専門は「複雑な人の心」

【毎日が発見ショッピング】認知対策 ブレンドエッセンシャルオイル スターターセット

 

manaita.jpg

アロマの対策を手軽に始めたい方におすすめ!アロマペンダントとオイルをセットにしたスターターセットです。昼用の香りと夜用の香りを使い分けて生活にメリハリをつけてみませんか♪

▶詳細はコチラ!

この記事は『毎日が発見』2021年8月号に掲載の情報です。

コメントする

この記事に関連する「お悩み」のキーワード

PAGE TOP