すぐにお金が必要な時に!「借金なし」で必要なお金を作るための、堅実な5つの方法/節約ハック

「節約しているつもりなのに、全然お金が貯まらない」「将来のお金が心配」と、不安を抱えているだけで、「お金」と真剣に向き合うのを避けてはいませんか?節約・倹約で生活コストを落として生活に余裕が生まれれば、精神的なゆとりも持つことができるのです。月間700万PV超えの大人気ブログ『ノマド的節約術』運営者がみずから実践して厳選した、「誰でもできる節約のちょっとしたコツ」をご紹介します。

※この記事は「この1冊でお金に困らない! 節約ハック大百科」(松本博樹/KADOKAWA)からの抜粋です。

pixta_14385758_S.jpg前の記事「見えないお金を見落としていない?「お金がない!」ときにまずやるべき対処法。/節約ハック(9)」はこちら。

 

すぐにお金が必要なときに使える「借金なし」の堅実な方法

すぐにお金が必要なとき、というのも人生にはあります。前述のクレジットカードを使うという方法もありますが、「現金」が必要になることもあるかと思います。私自身も収入がほとんどなく生活が苦しい時期がありました。このページでは、今すぐお金が欲しいと思ったときに使える、あとあと尾を引かない方法を紹介していきますね。

(1)使わない金券類を金券ショップで買い取ってもらう
家の中に、ギフトカードやクオカードといった金券類が眠っていませんか? また、使っていない株主優待券はないでしょうか?

そういった金券類があれば、金券ショップで買い取ってもらうことで現金にすることができます。ただし、額面よりもどうしても少ない金額になってしまいます。普通に使うほうが確実に得なので、お金に困っていないのであればそのまま金券として使いましょう。

 

(2)フリマアプリに不用品を出品する
家にいらないモノがあるのなら、フリマアプリで出品してみましょう。私もときどき利用していますが、比較的売れやすいですし、すぐに売買されることも多いです。

 

(3)買取サービスを使って不用品を売る
ダンボールに古本などを詰めて業者に送るだけで、あとは査定して振込までしてくれます。買取サービスの場合は、お金が手に入るだけでなく、一気に家が片付くという点でもメリットがありますね。

 

(4)日雇いバイトする
その日のうちにお金が欲しいのであれば、日雇いバイトという選択肢もあります。事前に登録などの手続きがあるので、その点はちょっと面倒ではありますが有効です。

 

(5)副業をやってみる
これは「即現金」ということではありませんが、長い目で見てお金を増やしたいなら、副業を始めてみるのもいいと思います。副収入としてお金を得ながら、軌道に乗れば会社を辞めて起業するという方向にもつながりますからね。

 

何度も言いますが、普段からお金に困らないようにするには、毎月出ていくお金を減らすことです。その固定費削減については、次の記事で詳しくご紹介します。

 

次の記事「まずは住居費、通信費、保険料から!真っ先にやるべき、おすすめの固定費削減術/節約ハック(11)」はこちら。

 

 

松本博樹(まつもと・ひろき)

1983年生まれ、神戸市出身神戸市在住。5年間会社員としてプログラマーをした後、独立。独立時点でマイホーム購入、次の仕事のあてがゼロ、子どもが産まれる直前だったことから、節約生活を決意。同時にブログで記事を書けばおもしろいのでは、というアイデアから2011年5月にブログ「ノマド的節約術」をスタート。Web制作やせどりなど複数の仕事にチャレンジしながら、最終的に自分に一番合うとわかったブログ・サイト運営の事業に一本化し、日々節約や貯金などのお金に関する情報を発信中。


cover.jpg

『この1冊でお金に困らない! 節約ハック大百科』

(松本博樹/KADOKAWA)

月間700万PV超えの大人気ブログ『ノマド的節約術』運営者に、現代の節約術を学べ! 脱サラ時点で仕事のあてゼロ、マイホーム購入、長男誕生間近……と、生活苦に陥った筆者が実践してきたイマドキの節約のコツを84個厳選して紹介。天才でも、カリスマでもない「普通の人」が必死に知恵を絞った、「誰でもできるちょっとしたコツ」が満載です。「自分と家族が一生、生活に困らないようにしたい」と思ったら読むべき一冊にまとまりました。

 

「ノマド的節約術」

 

この記事は書籍『この1冊でお金に困らない! 節約ハック大百科』からの抜粋です

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP