売れる営業がお客さんに「商品の話」をしない理由

のべ8000人以上を指導したメンタルコーチ・新井慶一さんは、仕事や人間関係、恋愛、さらにはお金まで「99%の人が会話で損をしている」といいます。会話がうまくなれば人生は好転するという新井さんの著書『100%得する話し方』(すばる舎)には、その極意「相手に9割話させる話し方」のメソッドが盛りだくさん。今回はその中から、厳選したヒントを連載形式でお届けします。

pixta_75044189_S.jpg

営業マンだからこそ、自分から商品のことを話してはいけない

保険の営業をしている30代のLさん。

彼女は、それまで顧客に営業をするとき、お客様が求めているニーズを十分に聞くことなく、まず自分の商品の話ばかりをしていたそうです。

相手をコントロールしようとして、お客様に圧をかけまくっていたのです。

このように、自分が先に話をしてしまうタイプの人は損をします。

なぜなら、人は人の話にまったく興味がないからです。

ですから、自分の話ばかりをするLさんをお客様が信用するわけもなく、お客様との距離は離れていくばかりでした。

そんなLさんに私は、「自分の話や商品の話は聞かれるまで一切せず、相手の人生のビジョンを聞きなさい」とアドバイスをしました。

それ以降、彼女はメキメキと業績を上げ、わずか半年で大阪支社のトップになり、収入が10倍に増えました。

とはいえ、彼女が変えたのは、とにかく自分が話さず、相手に話させるようにした、それだけです。

自分のことしか考えていない姿勢が見え隠れする人は、損をします。

「得する話し方」を知ってからのLさんは、収入が増えただけではなく、ものごとに対する考え方や、人生に対する姿勢が180度変わったそうです。

さらに自分だけでなく、周囲も家族もみんな明るくなったことも、大きな変化だったとか。

「得する話し方」は本人だけではなく、周囲の人も大きく変えるのです。

【得する人がやっている話し方】
自分の話や商品の話は聞かれるまで一切せず、相手の人生のビジョンを聞く

【次の記事を読む】「会話泥棒」で人生台無し・・・!? 覚えておきたい得する話し方「合いの手の基本」

【最初から読む】他人の話を真剣に聞いているのは100人に1人!?

【まとめ読み】『100%得する話し方』記事リスト

162-c.jpg

相手に好かれる合いの手や聞きたいことを引き出せる質問術など43のコツが全5章で紹介されています

 

新井慶一(あらい・よしかず)
兵庫県神戸市出身。心感動メンタルコーチ。笑う大人プロジェクト株式会社代表取締役。幼いころから「口下手」「自己肯定感が低い」「あがり症」と、コミュニケーションの三重苦を持つ。コーチングの道へ進み、話し方メソッドを生み出した。のべ8000人以上にコーチングを実施し、日々コミュニケーションの楽しさを普及している。本書がデビュー作。

shoei.jpg

『100%得する話し方』

(新井慶一/すばる舎)

話をしたいと思っているうちは、会話で損する!? 「話上手」になるために知っておくべきは、話し方と聞き方のコツ。より深い話を引き出す相づちや、強い興味を示すリアクションなど、家庭で、仕事でと、あらゆる対人関係ですぐに役立つ「会話の秘訣」が学べます。

※この記事は『100%得する話し方』(新井慶一/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP