話相手に期待しないで! 人が勝手に動きだす「聞く」ことのすごさ

のべ8000人以上を指導したメンタルコーチ・新井慶一さんは、仕事や人間関係、恋愛、さらにはお金まで「99%の人が会話で損をしている」といいます。会話がうまくなれば人生は好転するという新井さんの著書『100%得する話し方』(すばる舎)には、その極意「相手に9割話させる話し方」のメソッドが盛りだくさん。今回はその中から、厳選したヒントを連載形式でお届けします。

pixta_60456275_S.jpg

人を動かすのがうまい人は、相手に「過大な期待」をしない

では、どんな話し方をする人が得をして、どんな話し方をする人が損するのか?

事例を交えて紹介していきましょう。

口下手な人の多くは、「自分は会話で損をしている」という自覚があります。

ですから、本書で紹介するノウハウを素直に実践すれば、そのままうまくいきます。

むしろ危ないのは、「自分は話がうまい」「人に指示を与えるのが得意」「仕事ができる」という自覚の強い人たちです。

こういう人たちは、意外と大きな罠にはまっています。

一見会話で得しているように見えても、少し長い目で見ると実は損をしているのです。

ここでは、私の生徒さんNさんの例をあげてお話ししましょう。

Nさんは、とてもパワフルなスーパーサラリーマンでした。

Nさん自身がとても優秀なので、できない人への当たりは厳しかったようです。

部下を見るといつも、「どうしてこんなことができないんだろう」「こんなにできないなら、自分でやったほうがまだマシだ」と責めてばかりいたそうです。

そしてできない部下から仕事を取り上げては、自ら長時間残業をしてカバーしていました。

そんな状態だったので、Nさんにはなかなか部下がついてきませんでした。

若い時こそ評価されていたNさんでしたが、管理職になって人を育てることができないことがわかってくると、次第に会社で孤立してしまい、辞めざるをえない状況になってしまったそうです。

また、同じタイミングで奥さんとも離婚することになってしまったNさんは、私と出会った頃、心身ともにボロボロの状態でした。

そこで、私はNさんに言いました。

「人は、過大な期待をして、自分をコントロールしようとする人から逃げるものです」

この言葉を聞いたNさんは、思い当たる節があったのか、とても神妙な面持ちで私の言葉を聞いていました。

そして大いに反省したそうです。

以来Nさんは、「思い込みを捨て、相手への期待を捨て、コントロール権を相手に渡せるようになった」と言います。

するとある日突然、相手が想像を超えるパフォーマンスをしてくれるようになり始めました。

その後、彼は次々と小売業の会社を立ち上げては成功に導き、今では13の会社を経営するビジネスオーナーとして大成功をしています。

それだけではなく、プライベートではとても素敵な奥さんと巡り合って再婚し、お子さんにも恵まれました。

彼のような「舞台のど真ん中でしゃべり続けてきた人」ほど、「得する話し方」をマスターすると、人生が変わります。

自分自身は舞台の上に立たずに、「時間の多くを部下の話を聞くことに費やすようにする」。

これだけで、部下は、「この人、自分のことを大切にしてくれる」「この人にだったら、何でも話せる」「この人のために仕事をがんばろう」と、勝手に思ってどんどん働くようになっていくのです。

【得する人がやっている話し方】
思い込みを捨て、相手への期待を捨て、コントロール権を手離して話す

【次の記事を読む】「誰かと比べた時点で負け確定」劣等感がなくなる話し方

【最初から読む】他人の話を真剣に聞いているのは100人に1人!?

【まとめ読み】『100%得する話し方』記事リスト

162-c.jpg

相手に好かれる合いの手や聞きたいことを引き出せる質問術など43のコツが全5章で紹介されています

 

新井慶一(あらい・よしかず)
兵庫県神戸市出身。心感動メンタルコーチ。笑う大人プロジェクト株式会社代表取締役。幼いころから「口下手」「自己肯定感が低い」「あがり症」と、コミュニケーションの三重苦を持つ。コーチングの道へ進み、話し方メソッドを生み出した。のべ8000人以上にコーチングを実施し、日々コミュニケーションの楽しさを普及している。本書がデビュー作。

shoei.jpg

『100%得する話し方』

(新井慶一/すばる舎)

話をしたいと思っているうちは、会話で損する!? 「話上手」になるために知っておくべきは、話し方と聞き方のコツ。より深い話を引き出す相づちや、強い興味を示すリアクションなど、家庭で、仕事でと、あらゆる対人関係ですぐに役立つ「会話の秘訣」が学べます。

※この記事は『100%得する話し方』(新井慶一/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP