6人家族のワーママ考案!楽ちんでシンプルにおいしい「野菜のおかずレシピ3選」

60平米の賃貸マンションで、共働きをしながら4人の子どもを育てるベリーさん。ブログにつづったワーキングマザーの暮らしのワンシーンに、家事をラクにするたくさんの工夫があると話題になっています。今回は、そんなベリーさん初の著書『シンプル丁寧に暮らす』(すばる舎)から、すぐに真似できる「暮らしをラクにするコツ」を一部抜粋してお届けします。

らくちん・美味しい おかずレシピ①

「野菜の揚げ浸し」

油で揚げるときは、衣をつけるよりも素揚げが好き。

素材の味が楽しめるうえ、準備や片づけの手間も減って、何よりラク。

野菜でも、芋でも。

揚げたては塩をぱらりとかけるだけで美味です。

123-008-046.jpg

〈作り方〉

水に麺つゆを加え、好みの濃さの浸し液を作っておく。

なすとパプリカを洗い、食べやすい大きさにカットしたら、油で素揚げ。

色良く揚がったら引きあげ、浸し液に浸ける。

食べる直前にかつおぶしをのせる。

夏は冷やして食べても。

らくちん・美味しい おかずレシピ②

「野菜のオイル蒸し」

野菜は油をかけて蒸すと、茹でるより素材の甘さが引き立ちます。

白菜などの葉物はかさが減り、たっぷり食べられます。

使う油はオリーブオイル、ごま油、菜種油など。

123-008-047.jpg

〈作り方〉(白菜のオイル蒸し)

白菜は食べやすいサイズにカット。

ごま油、白菜、酒大さじ1、水50ccを加えて鍋に蓋をし、さらにごま油を回しかけて中火にかける。

白菜がくったりするまで加熱。

調味は塩または鶏ガラスープの素少々で。

ツナ缶を加えても美味。

〈作り方〉(ブロッコリーのオイル蒸し)

鍋にオリーブオイル、薄切りにんにく、カットしたブロッコリーを入れる。

塩少々と水50ccを加えて鍋に蓋をし、さらにオイルを回しかけてから中火にかける。

好みの柔らかさになるまで火を入れる。

らくちん・美味しい おかずレシピ③

「きのこのペペロンチーノ風」

本しめじや舞茸、エリンギやえのき。

単品で作っても、何種類か混ぜても美味しい。

そのときお買い得なきのこを選んで作っています。

体にも財布にもやさしい副菜です。

123-008-047-2.jpg

〈作り方〉

フライパンにオリーブオイルと薄切りにんにく、食べやすい大きさに切ったきのこを入れる。

白ワイン(または酒)大さじ1、塩少々を加え、蓋をして火にかける。

きのこがくったりしたら出来上がり。

撮影/林ひろし

【最初から読む】ラク家事の人気ブロガーが「あえて狭い家を選ぶ理由」

【まとめ読み】人気ブロガーの生活テクニック「シンプル丁寧に暮らす」記事リストを見る

124-H1-teineinikurasu.jpgキッチンの使い方や物の管理法、家のルールまで、スモールスペースでも6人家族がストレスなく暮らす工夫が全7章にわたって紹介されています

 

ベリー
ブログ「ベリーの暮らし」を運営。ワーキングマザー・ブロガーとして、ラク家事・ラクごはんでシンプルに心地良く生活する工夫など、日々の暮らしをつづる。3年間1日も休むことなく更新し、にほんブログ村「ワーキングマザー育児」ランキングでは度々1位に。読者数、PV数ともに急上昇している。

124-H1-teineinikurasu.jpg

『子供4人共働き・賃貸60㎡で シンプル丁寧に暮らす』

(ベリー/すばる舎)

小さな家でも家族6人、ゆとりのある暮らし送る方法があります。子どもたちが率先して家事を手伝う仕組みや片付けがはかどるもの選びなど、無理をしないで日々の暮らしをラクにする工夫は、すぐに真似できることばかり。大人気ブログをつづるワーキングマザーが全ページ書き下ろした初めての著書です。

※この記事は『子供4人共働き・賃貸60㎡で シンプル丁寧に暮らす』(ベリー/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP