圧縮? たたむ? かさばる冬物衣料の上手なしまいかたは?/リバウンドしない収納

「片付かない」「すぐに散らかる」そのお悩みは、収納方法が暮らしに合っていないからかもしれません。ものを片付ける方法は1つではなく、さまざまな方法の中から自分に合っているものを見つけることが大切。台所、風呂場、クローゼットなど、お悩みが発生しがちなケースごとに、すっきりしまえる収納をA、Bの2通りご紹介します。あなたに合うのはどっちの収納方法?

※この記事は『リバウンドしない収納はどっち?』(須藤昌子/KADOKAWA)からの抜粋です。

前の記事「コーデーごとに?カラー別に?毎朝のコーディネイトに困らない収納は?/リバウンドしない収納(14)」はこちら。

 

かさばる冬物衣料を上手にしまうなら?

A.圧縮する
rebound_p40-41_01.jpg

衣類用圧縮袋を使い、セーター圧縮。

 

→手軽に使える圧縮袋で、容量は1/2に。
夏の衣類に比べ、場所を取る冬物衣料。限られたスペースに収納するためにはできるだけかさを減らしましょう。掃除機を使わなくてもいい、手で押さえて空気を抜いていくタイプの衣類用圧縮袋が適しています。また、一着一着圧縮するのは少し手間がかかるのでもこもこのもののみに。しわになりやすいスーツやジャケット、大事な衣類は避けたほうがいいでしょう。


rebound_p40-41_03.jpg圧縮袋に衣類を入れる。少しゆとりをもたせ、大きめの袋を使う。
1着に1枚使うとやりやすい。


▼圧縮しすぎに注意▼

rebound_p40-41_04.jpgファスナーを閉じ手で袋を巻き込むように押し出して空気を出していく。

 

 

B.小さくたたむ工夫をする
rebound_p40-41_02.jpg

収納スペースにあわせ、布が重なる部分ができるだけ少ないようにたたむ。

 

→空気を含むセーターは工夫すれば型崩れしない
たたみ方を工夫すればほんの少しですが小さくなり、たくさんの量を収納することができます。セーターなら伸びやすい袖を最初に内側に折り込んで四角くし、収納する場所に合わせて折り込むと、型崩れしにくいでしょう。靴下などの小物もコンパクトなたたみ方をマスターしましょう。

▼セーターをたたむ▼
rebound_p40-41_05.jpg
rebound_p40-41_06.jpg後ろ身ごろを上にして置き、袖を交差させて折る。


▼くつ下をたたむ▼
rebound_p40-41_07.jpg
rebound_p40-41_08.jpgつま先から折り、返して口ゴムに入れる。

 

次の記事「ボックス?収納袋?冬物寝具をすっきりしまえる方法は?/リバウンドしない収納(16)」はこちら。

 

 

須藤昌子(すどう・まさこ)

整理収納コンサルタント、フラワーデザイナー。ブログ 『ROOM-COZY 心地よい生活の始め方』を運営しながら、自宅や訪問にて整理収納セミナー・レッスンとフラワーアレンジメントの教室を開催している。

cover.jpg

『リバウンドしない収納はどっち?』

(須藤昌子/KADOKAWA)

大人気ブロガー初の書籍!片付かないのは収納方法が間違っているのではなく、収納が生活に合っていないから。クローゼット、冷蔵庫、シンク下から洗面所まで……。整理収納コンサルタントが、生活に合った収納方法を「どっち?」形式でご紹介します。リバウンドしない、あなたに合った収納方法がきっと見つかります。

この記事は書籍『リバウンドしない収納はどっち?』からの抜粋です

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP