どんな要望にも「OK」が出る? 自分の主張を通したいときこそ聞くべき「相手の○○」

のべ8000人以上を指導したメンタルコーチ・新井慶一さんは、仕事や人間関係、恋愛、さらにはお金まで「99%の人が会話で損をしている」といいます。会話がうまくなれば人生は好転するという新井さんの著書『100%得する話し方』(すばる舎)には、その極意「相手に9割話させる話し方」のメソッドが盛りだくさん。今回はその中から、厳選したヒントを連載形式でお届けします。

pixta_50415022_S.jpg

望みが達成できることがわかれば、相手はどんな要望も「YES」と言う。

40代のTさんは、起業してそれなりに仕事はもらっていたものの、金額の決定権を持てず、いつも提示された金額そのままが報酬になっていたと言います。

このように、自分の主張をはっきり伝えることができず損をしている人は少なくありません。

ママ友や、プライベートな関係でも、いつも面倒なことばかり押しつけられているタイプの人です。

Tさんは、それまで会社員だったため、自分の仕事の価格をどう決めればいいかわからなかったそうです。

そこで私は、「相手の人生のためを思って聞いて、相手の人生のためを思って価格を決めなさい」とアドバイスしました。

それをきっかけに、彼女は話し方を変え、自分から言ったわけでもないのに、「またTさんに仕事を依頼したいので、今度はTさんのご希望の金額でお願いします」と言われることが増えたそうです。

多くの人は、「自分の主張を伝えられないことが問題だ」と思っています。

しかし、本当に自分の主張を通そうと思ったら、相手の言い分を聞くことのほうが近道なのです。

これには理由があります。

まず、相手の言い分をしっかり聞くと、その人が依頼したい仕事の先にある、目的が見えてきます。

そして、その目的を達成できることを伝えると、相手はその目的をかなえられるのなら、どんなにお金がかかっても、安いと思うようになるのです。

さらにその金額やサービス内容は、自分自身が言葉にしたことなので、欲しくなります。

Tさんの場合、相手の話を傾聴すればするほど、相手はTさんと仕事をしたくなりました。

結果、今では、この値段以上じゃないとお引き受けしないというラインを一度も下げることなく、仕事が続けられています。

【得する人がやっている話し方】
相手の真の目的を聞き出して、その目的を応援するように話す

【次の記事を読む】売れる営業がお客さんに「商品の話」をしない理由

【最初から読む】他人の話を真剣に聞いているのは100人に1人!?

【まとめ読み】『100%得する話し方』記事リスト

162-c.jpg

相手に好かれる合いの手や聞きたいことを引き出せる質問術など43のコツが全5章で紹介されています

 

新井慶一(あらい・よしかず)
兵庫県神戸市出身。心感動メンタルコーチ。笑う大人プロジェクト株式会社代表取締役。幼いころから「口下手」「自己肯定感が低い」「あがり症」と、コミュニケーションの三重苦を持つ。コーチングの道へ進み、話し方メソッドを生み出した。のべ8000人以上にコーチングを実施し、日々コミュニケーションの楽しさを普及している。本書がデビュー作。

shoei.jpg

『100%得する話し方』

(新井慶一/すばる舎)

話をしたいと思っているうちは、会話で損する!? 「話上手」になるために知っておくべきは、話し方と聞き方のコツ。より深い話を引き出す相づちや、強い興味を示すリアクションなど、家庭で、仕事でと、あらゆる対人関係ですぐに役立つ「会話の秘訣」が学べます。

※この記事は『100%得する話し方』(新井慶一/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP