生活費は年金で。70代女性牧師の「月7万円」のやりくり術

貯金が少ないから老後が心配...多くの人が抱える将来の不安。そんな時代に、「お金がなくても幸せになれる」と言うのは70代の牧師・ミツコさん。著書『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』(すばる舎)の中では、その暮らしぶりを伝えています。今回は同著書から、ミツコさんが感じた仕事のやりがいや日常の感動など、人生を充実して過ごすためのヒントをお届けします。

pixta_31728702_S.jpg

月7万円の生活費の内訳

毎月の生活は年金の約7万円でやりくりしています。

公営住宅の家賃は、収入が少ないので減額してもらい、月約6000円です。

健康保険と介護保険は、同様に減額してもらって払っています。

住民税と所得税は非課税になっています。

本当にありがたいことと、感謝しています。

水道光熱費は季節によって違いますが、平均すると月8000円くらいです。

もちろん、節約を心がけていますが、ケチケチはしていません。

寒いときや暑いときは、体調管理のためにもエアコンをつけます。

電気のつけっぱなしはしない、お風呂の水は毎回替えないで3回入るなど、できるだけ無駄使いはしないようにしています。

スマートフォン代が月約7000円(本体代金含む)、固定電話代が約2000円です。

通信費が家計全体に占める割合が高くなっています。

これは、牧師という仕事柄、いろいろな方の相談にのることが多いので、仕方がありません。

固定電話をやめようかと考えましたが、高齢の相談者さんは固定電話がよい方もいるし、話すのが苦手でFAXで送ってくる方もいるので、継続しています。

食費と雑費で、だいたい月4万円です。

交通費や衣類購入なども、この中でやりくりします。

宅配の生協を長年続けています。

1回2000円ほどに収まるようにし、月4回で8000円です。

普段の買い物は現金より、クレジットカードや電子マネーでの支払いが多いです。

家から一番近いスーパーでは、月に1回、電子マネーのカードに約1万円をチャージし、そこから使うようにしています。

家計簿はつけていません。

でも、手元にあるお金でやりくりする習慣がついているので、足りなくならないし、余りもしません。

今日使いすぎたなと思ったら、2~3日は締めるようにし、メリハリをつけています。

ただ、レシートは手元に残しておき、突発的な支出はメモしておきます。

口座は郵便局ひとつに絞っています。

ここに年金が振り込まれ、クレジットカードなどの支払いも引き落とされます。

口座から引き落とされる額は毎月だいたい決まっているので、それを残すようにして、余った分を現金でやりくりする予算として、月1回引き出すようにしています。

そのとき、必ず通帳に記帳をして残高をチェック。

残金(=使えるお金)がわかっていると、使いすぎることはありません。

【1ヵ月約7万円でやりくり】
住居費:約6000円
社会保険料等:約4000円
水道光熱費(平均):約8000円
通信費:約1万円
食費・雑費その他:約4万円

【最初から読む】「幸せの98%は大変なこと。2%は・・・」女性牧師、70歳から一人暮らしを始めて思うマイペースな「幸せ」

【まとめ読み】「74歳、ないのはお金だけ。」記事リストはこちら!

819VgVYEtYL.jpg

74歳の牧師がつづる、一人暮らしの老後生活。健康管理法やお金の価値感などについて全6章で紹介されています

 

ミツコ(みつこ)
1946年生まれ。牧師。8人きょうだいの5番目として牧師家庭に育ち、自身も牧師を志す。神学系の大学を卒業後、同じく牧師の夫と結婚。夫婦二人三脚で47年間教会を運営。その傍ら、娘4人を育て、孫が16人。長年闘病していた夫を2016年に見送る。現在も協力牧師として、週2回教会につとめ、日曜礼拝で説教を行うことも。

shoei.jpg

『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』

(ミツコ/すばる舎)

年金だけで暮らしは大丈夫か? 体は大丈夫だろうか? 老後生活には悩みの種がつきものです。74歳・牧師のミツコさんはお金がなくても、充実した生活を送っています。健康維持法や仕事への取り組み方、挑戦する心など彼女の生き方は、現代の老後生活の希望になるかもしれません。

※この記事は『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』(ミツコ/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP