会話がうまくなる3つのコツ「否定禁止・笑顔でうなずく・プラストーク」

「どんな風に話すかで人生は変わる」と言うのは、全国で多数の講演を行う人材育成のプロ・永松茂久さん。そんな永松さんが会話のノウハウをまとめた著書『人は話し方が9割』(すばる舎)から、「好印象を与える会話のコツ」を抜粋してお届けします。

みため02.jpg

「否定のない空間」に身を置くと誰でも話せるようになる

私の主催するコミュニティには、3つのルールがあります。

まずかかげているコンセプトは、「否定のない空間」。

このコミュニティで、私はたくさんの奇跡を目にしてきました。

「あがり症の人が人前で話せるようになった」

「話し方が苦手だった人が、いつも会場を満席にするセミナー講師になった」

「年収で1200万円を超えるコーチになった」

中には、出版が決まった人もいます。

彼らの姿を目にしながらわかったこと。

それは、ほとんどの人が、話すのが苦手なのではなく、話せるというメンタル状態に持っていくことが苦手なだけ。

そこで、普通の人が、簡単に話せるようになる3つのコツをお伝えします。

【コツ】否定禁止

マイナストークで未来を語ると、どんどん現実の未来が暗いものになってしまいます。

そこで私のコミュニティでは、否定発言をしたら退場していただくルールを作っています。

会議でよく見かけられる光景ですが、誰かが何かを発言した時に、「そうは言っても」とか「それは、違うだろ」という空気が流れることがあります。

そういう空気が会議全体を覆ってしまうと、人の潜在能力、つまりパフォーマンスは低下します。

そして、誰もが口を閉ざすようになります。

人は、つい他人が語ることを「できる」「できない」に分類してしまいがちですが、これでは一人ひとりが自由に発言するモチベーションを奪ってしまうのです。

社会は、学校の◯×テストの場ではありません。

大切なのは、意見や感想がどんどん出てくる場にすることです。

それにはまず質より数が重要です。

数を出してもらうことで、一人ひとりのパフォーマンスが上がることが最重要課題なのです。

繰り返しますが、大切なのはとにかく発言すること。

そこで、前向きであればすべてオッケーというルールをあらかじめ設定しておきます。

学校教育で植えつけられた「とにかく正解を出さなければいけない」という思い込みを捨て、遠慮なく色んな意見を出してもらうことで、場の空気は前向きになり、人前で話すのがラクになっていきます。

【コツ】笑顔でうなずく

2つめは「うなずきの徹底」です。

うなずきですから、ただ首を縦に振るだけですが、人間関係において、この習慣を身につけると、かなり役立ちます。

このうなずき文化が人の心の扉をあけ、安心を生み出していく最高の方法なのです。

私の会社は、毎日朝礼をしています。

これは自分にスイッチを入れるという目的もありますが、重要なのはそこではありません。

ポイントは、「それぞれの言葉環境を変えるため」「それぞれの心の中にあるブロックを外すため」「人を勇気づけるナイスマンを育てるため」の3つです。

何かを人前で発表する時は、誰でも緊張します。

しかし、その中に、うなずきながら聞いてくれる人がいたら、人は自然と話せるようになります。

何を言ってもうなずいてもらえると、安心するからです。

そして、その安心感が話す力を引き出します。

つまり、「ノってくる」のです。

人間のパフォーマンスは、力んだ時よりリラックスした時のほうが上がります。

そのため、私の会社、そしてコミュニティではこのうなずきを徹底してもらっています。

【コツ】プラストーク

前向きな話は、人を元気にします。

逆に、後ろ向き、否定的な話は、自分自身だけでなく、聞く人のエネルギーも下げてしまいます。

普段、どんな言葉を使っていても、私のコミュニティに来た時だけは、意識してプラストークを徹底するようルール化しています。

「人をほめること」

「感動した話をすること」

「今の現状を良くしていこうとすること」。

これらはすべてプラストークです。

明るい言葉が明るい空気を作っていきます。

過去の傷を癒すと、人は自然と話せるようになる

残念ながら私たちの周りは、マイナス言葉ばかり飛び交っています。

私たちは知らず知らずのうちに、否定的な空気の中に身を置くことが当たり前になってしまっているのです。

なるべくそうした場所は離れ、先ほどお伝えした3つのコツを意識することです。

そうすることで、前向きに話すことができるようになり、少しずつ、本来の自分を取り戻していくことができるのです。

自分自身を全肯定してくれる場所に身を置くこと。

そうすれば、あなたの過去の傷は知らず知らずのうちに癒されていくのです。

【最初から読む】「否定しない空間」を作れば誰でも上手に話せる

【まとめ読み】「人は話し方が9割」記事リストはこちら!

140-H1-b.jpg人を動かす、会いたいと思わせる、嫌われないなど37の会話のコツを全4章で解説しています

 

永松茂久(ながまつ・しげひさ)
大分県中津市生まれ。株式会社人財育成JAPAN代表取締役、永松塾主宰。全国で数多くの講演、セミナーを実施。2019年4月、東京に自社のセミナールームである「麻布『翔』ルーム」をオープン。著書には、『20代を無難に生きるな』『30代を無駄に生きるな』(きずな出版)、『感動の条件』(KKロングセラーズ)など多数あり、累計発行部数は140万部を突破している。

140-H1-b.jpg

『人は話し方が9割』

(永松茂久/すばる舎)

ビジネスでもプライベートでも、会話なくして人間関係は成り立ちません。逆に言えば、会話がうまくいけば人間関係も仕事もうまくいきます。小手先の言葉のテクニックではなく、根本となる話し方を変えられる37の秘訣がまとめられた“2020年上半期で一番売れた会話の本”。これであなたのコミュニケーション能力は格段にアップします。

※この記事は『人は話し方が9割』(永松茂久/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP