ほっとする味わい♪ 3日ほど干して作る「乾燥きのこミックス」を使った汁物レシピ2選

旬を迎えた多くのきのこ。きのこ類にはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で、毎日積極的に摂りたい食材のひとつ。「調理の楽さ」も魅力ですね。
今回は料理研究家で雑誌やテレビなどで幅広く活躍する武蔵裕子さんに、あと一品に便利な『乾燥きのこミックス』の作り方と汁物レシピを教えてもらいました。

乾燥きのこミックス

保存期間:保存容器や保存用の袋に入れて3週間

1911p075_02.jpg

干し方

1911p075_01.jpg

①きのこ類は石づきを取ってほぐすか薄切りにして、盆ざるに重ならないように並べ、風通しのいいところで日に干す。
②1日たったらひっくり返し、3日ほど干すとからからに乾く。

乾燥きのこの中華スープ

1人分40kcal 塩分1.9g

1911p075_03.jpg

材料(2人分)

好みの乾燥きのこ...適量
ごま油...大さじ1/2
しょうがのみじん切り...小さじ2
ザーサイのみじん切り...20g
水...2カップ
鶏がらスープの素...少々
しょうゆ...少々
塩...少々

作り方

①鍋にごま油を熱し、しょうが、ザーサイを中火で炒める。水、スープの素を加え、煮立ったら乾燥きのこを加えて3〜4分弱火で煮る。
②しょうゆ、塩で味を整える。

乾燥きのこののりみそ汁

1人分36kcal 塩分1.7g

1911p075_04.jpg

材料(2人分)

好みの乾燥きのこ...適量
焼きのり...1/2枚
水...2カップ
みそ...適量
万能ねぎの小口切り...少々

作り方

①椀にのりをちぎって入れておく。
②鍋に水を入れ中火で煮立て、乾燥きのこを入れて3〜4分煮る。
③みそを溶き入れ、①の椀に注いで万能ねぎを散らす。

取材・文/細川潤子 撮影/原 務 スタイリング/渡会順子 栄養計算/スタジオ食

健康に良くて調理がラク!『毎日食べたいきのこのおかず31品』その他の記事はこちら

 

<教えてくれた人>

武蔵裕子(むさし・ゆうこ)先生

料理研究家。3世代の食事を切り盛りした中で生まれた簡単でおいしいレシピが人気。雑誌、書籍、テレビなどで幅広く活躍する。

この記事は『毎日が発見』2019年11月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP