部屋のあちこちに潜むスキマを有効活用! 100円グッズのアイデア収納術

年末までにもう少し部屋を整えておきたい! そんなときこそ100円グッズの出番です。ポイントは、「仕切る」「まとめる」「つるす」の3つのワザ。100円グッズにひと手間かけてオリジナルの収納も簡単に作れます。4人のブロガーのアイデアを参考に、上手な使い方を身に付けましょう。

前の記事「100均の「つるす」アイテムで、スキマを有効活用した収納が実現!(3)」はこちら。

 

ひと手間かければ、こんな空中収納も作れます!

つっぱり棒やワイヤーラックなどの収納アイテムのほかにも、100円グッズは活用度大! いつもとは少し違った使い方で、りっぱな収納グッズになります。驚きのアイデアをご紹介します。

 

【マグネットで】金属の小物は貼り付けて収納
マスキングテープで覆ったマグネットバーを両面テープで貼り、毛抜きや爪切りなどの小物をぺたり。洗面所で使うものがすぐ手に取れます。(佐々木)

1811p023_01.jpg金属以外の素材は、ミニサイズの超強力マグネットを両面テープで貼りつけるとくっつきます。1811p023_02.jpg

 
【荷造り札で】ラベルに活用して見やすく
中に入っているものの名前を書き、収納ケースの持ち手に結べばかわいい目印に。インテリアのアクセントにもなります。(Gemini)
1811p023_03.jpg

ワイヤーを持ち手に結ぶだけで完成です。
1811p023_04.jpg

 
【つっぱり棒で】ストッパーにして奥行きを調整
棚の奥行きとケースのサイズが合わないときは、奥につっぱり棒を渡して位置調整を。ストッパーとなってそれ以上後ろにずれないので、前面がきれいにそろいます。(佐々木)
1811p023_05.jpg

  

【ダブルクリップで】ラベルに活用して食品を分類
食材の名前を書いたシールをダブルクリップに貼ると、何度も使い回せるラベルに。中身が分かりにくい保存袋も、端に挟むだけで目印になります。(佐々木)
1811p023_06.jpg 

【カードスタンドで】仕切りに使って小物を収納
飲食店などで見かける、クリアなカードスタンド。これを横に寝かせてケースに入れると、小物の仕切りにぴったり! 向きも自由に変えられます。(佐々木)
1811p023_07.jpg1811p023_08.jpg 

【チャック袋で】こまごまとした書類を整理
事務用品コーナーにあるチャック袋は、たくさん入ってサイズも豊富。書類やカードなどをまとめるのにおすすめです。袋の端に中身のラベルを貼れば、さらに分かりやすい!(Gemini)
1811p023_09.jpg

 

取材・文/佐藤由香 撮影/原田崇、柳原久子、林ひろし、佐々木なほ、Gemini、hana

 

<教えてくれた人>

佐々木なほさん

整理収納アドバイザー1級。オリジナリティーあふれる収納アイデアを提案。著書に『ズボラでも、センスよく暮らす 衣・食・住100のアイデア』(KADOKAWA)。

 

Rin(りん)さん

整理収納アドバイザー1級。50代の暮らしの工夫をつづったブログが人気に。著書に『心地よく暮らす 大人のラク家事』(KADOKAWA)など。

 

Gemini(ジェミニ)さん

整理収納アドバイザー1級。家族がスムーズに出し入れできる収納術を考案。著書に『探さない暮らし』(KADOKAWA)。

 

hana(はな)さん

手作りを駆使して、温かく暮らしやすいインテリアと収納を提案。著書に『hanaの心地いいおうちの片づけ&部屋づくり 家族みんなが暮らしやすい手作り快適アイデア』(主婦と生活社)。

この記事は『毎日が発見』2018年11月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP