癒される...柑橘やハーブを使ったお手軽お風呂でリラックス! お肌すべすべ、体臭予防も♪

冬はお風呂をゆっくり楽しむのにぴったりの季節です。入浴剤があればより充実したなお風呂タイムに♪ 購入することが多い入浴剤ですが、手作りすれば、香りも色も穏やかで、何が入っているか分かって安心です。そこで今回は、ナチュラルライフを提案する佐光紀子さんに、香りに癒される「ハーブや果物で作る入浴剤」について教えてもらいました。

湯冷めしにくく、美肌効果も
陳皮(みかんの皮)

みかんの皮を乾燥させたものは、昔から漢方薬の「陳皮」として重用され、気を巡らせ気持ちを上げる効果があります。

お風呂に入れると保湿効果があり、体臭の予防にも。

2102_P051_01.jpg

みかんの皮をざるに重ならないように並べ、天日で干します。

小さくちぎると早く乾燥します。地域や天候にもよりますが、1~7日ほどで水分が抜けてカラカラに。

使い方

ひとつかみ袋に入れて
さらしで作った綿の袋や洗濯ネットにひとつかみ入れて、入浴前に浴槽に入れます。

2102_P051_02.jpg

保存
乾燥したものをチャック付きポリ袋に入れて保存。カラカラにならない場合はレンジでチンすると水分が飛びます。

2102_P051_03.jpg


やさしい香りに癒やされる

ハーブ浴

ハーブを肌から感じ、浴室で湯気を吸い込むことで効果を得られます。

気分が落ちているときや、リラックスしたいときなどに効用に合わせたハーブを楽しみましょう。

ハーブティー
ティーバッグを3つほど束ねて湯船に入れるだけ。重曹を大さじ2くらい入れても。おすすめは、色も香りも良くビタミンCを補う「ローズヒップ&ハイビスカス」、体を温め気持ちが落ち着く「カモミール」。

2102_P051_04.jpg

ローズマリー
4~5枝をひもで束ねてシャワーヘッドにかけると、シャワーを出したときに香りが漂い、リフレッシュ効果が。すっきり目覚めたい朝におすすめ。乾燥したものは綿の袋や洗濯ネットに入れて。

2102_P051_05.jpg

セイタカアワダチソウ
デトックス効果があり、乾燥肌や肌あれにいいといわれています。生でも、乾燥させたものでもOK。5~6本ほどを綿の袋や洗濯ネットに入れて浴槽に。

2102_P051_06.jpg

【次ページ:お肌すべすべ、冷え性にゆず湯♪ 簡単手作りの保湿剤も紹介

 

<教えてくれた人>
佐光紀子(さこう・のりこ)さん
家事研究家。重曹や酢など自然素材を使った掃除やエコでナチュラルな生活スタイルを提案。翻訳家としても活躍。著書に『ナチュラルクリーニングの最強レシピ』(扶桑社)、『椿油のすごい力』(PHP研究所)など。

この記事は『毎日が発見』2021年2月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP