寒天の入ったミートボール⁉ ボリューム満点なのに低カロリーな寒天おかず

「寒天」というと、甘いデザートを思い浮かべる方も多いと思います。ですが、実は、料理に活用することもできる食材です。カロリーはゼロに近いうえ、食物繊維を豊富に含んでいるので、カロリー制限をしたいときにも活躍してくれます。

いつもとはひと味違う寒天のおいしい食べ方を、料理研究家・管理栄養士の村上祥子さんに教えてもらいました。

前の記事「寒天とゼラチンの違いは? 寒天の素朴なギモンQ&A(2)」はこちら。

 

1808p030_01.jpg

混ぜた寒天が肉汁を閉じ込めるてプルンとジューシー!  さめてもおいしい一品
「寒天ミートボール」
1人分175kcal/食物繊維1.2g/塩分0.8g

【材料(2人分)】
豚ひき肉(赤身)...200g
A 粉寒天...1袋(2g)
 酒...大さじ1
 塩...小さじ1/5
 粉チーズ...大さじ2
 粗びき黒こしょう...小さじ.
サラダ油...小さじ1
サニーレタス...2枚

【作り方】
1. ひき肉とAを混ぜ、8等分して丸める。
2. フライパンにサラダ油を入れ、1 を並べる。
3. ふたをして火にかけ、強火で2分焼き、上下を返し、ふたはせずに中火で4分焼いて火を止める。
4. 6~7㎝角ほどに切ったサニーレタスとともに、器に盛る。レタスにミートボールを包んで食べる。

 

 

1808p030_02.jpg鮭と牛乳は栄養満点。牛乳かんにして、鮭と一緒にいただくと新感覚!
「鮭と牛乳かんの南蛮」
1人分170kcal/食物繊維1.0g/塩分0.9g

【材料(2人分)】
牛乳...150ml
粉寒天...1/2袋(1g)
いんげん(ゆでる)...50g
生鮭...100g
小麦粉...小さじ1
サラダ油...小さじ2
A 米酢...大さじ1
 水...大さじ1
 砂糖...大さじ1
 しょうゆ...大さじ1
 赤とうがらし(小口切り)...1~2本

【作り方】
1. 鍋に牛乳を入れ、粉寒天をふり入れて泡立て器で混ぜ、中火で混ぜながら煮溶かし、沸騰寸前で火を止める。取り出しやすいように水でぬらした耐熱樹脂容器に流し、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固め、幅2㎝、長さ5㎝に切る。
2. 鮭は3等分し、それぞれを2枚にそぐ。ポリ袋に入れ、小麦粉を加えて口を閉じてふってまぶす。フライパンを温め、サラダ油を入れ、鮭の両面をきつね色に焼く。
3. 器に12 と、食べやすい長さに切ったいんげんを盛り、Aを合わせてかける。

 

次の記事「「寒天+ご飯」で食物繊維量がグーンとアップ! 寒天を使った主食(4)」はこちら。

取材・文/石井美佐 撮影/中野正景


1808p027_murakamiprof.jpg

村上祥子(むらかみ・さちこ)さん

料理研究家・管理栄養士。1942年、福岡生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学内の「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。

この記事は『毎日が発見』2018年8月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP