高熱にはどう対応? どの程度でおさまった? 「コロナワクチン副反応」6人の体験談

新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいますが、それに伴い、副反応について「熱が出た」「腕が腫れた」「意外と平気だった」など、情報交換する姿もよく見られるようになりました。ワクチンを接種した方々に話を聞くと副反応は人それぞれで、これからワクチンを接種するのに不安を抱える方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、実際に接種を終えた方6人の体験談を集めました。

※紹介している情報は個人の体験談であり、副反応は人により異なります。また各自が行った対策や服用した薬なども効果を保証するものではありません。
※ワクチンに関する詳細な情報は厚生労働省など公的機関の最新情報をご確認ください。
※記事中の写真はイメージです。

pixta_75404563_S.jpg

■2回目は半日だけインフルエンザにかかったようなイメージ(51歳男性)

接種ワクチン:モデルナ製/1回目:2021年7月5日、2回目:2021年8月2日

1回目接種は16時。当日は接種部分に軽い違和感あり。翌朝から筋肉痛のような痛みが生じ、2~3日続きました。 1週間後に接種部分が蚊にさされたように大きく腫れて痒みが発生。腫れた部分が熱を持っていました。これは45日でひきました。かゆみ止めなどは塗りませんでした。これがモデルナアームというやつですね。

2回目接種も16時。当日は接種部位に軽い違和感あった程度。 翌日は在宅勤務。20時間後の翌日昼12時に熱を測ると37度。バファリンプレミアムを飲みました。このあと6時間おきに服用。 23時間後の15時の体温は38度。このころに「もう無理」となり、勤務終了。氷枕を作って横になりました。 28時間後の20時には39.2度。測った中ではこのときが最高でした。熱と悪寒、関節の痛みがあり、インフルエンザにかかった時とほぼ同じ体感でした。食欲は少しだけあり、おにぎりを食べることができました。 31時間後の23時は38.5度。まだまだつらい。ずっと寝ていられるわけではなく、熱のつらさからか、寝て1時間くらいすると目が覚めてしまいます。 40時間後の翌朝8時、37.5度まで下がりだいぶ楽になりました。9時には37度以下になったので、外せない仕事があり出社。昼頃には平熱に戻った感じでした。半日間だけインフルにかかったようでした。 解熱剤、体温計、氷枕、水分は用意しておくといいと思います。


■2回目接種後は37度台の熱が3日間(40代女性)

接種ワクチン:モデルナ製/1回目:2021年7月7日、2回目:2021年8月4日

1回目接種18時過ぎで、当日は寝る時に腕が痛いので左側を向いて横向きに寝れなかったぐらい。3日目以降痛みもかゆみもさほどなかったものの、2週間後位に全身に蕁麻疹の様な症状が出たので心配で皮膚科にいったら、ワクチンとは無関係の体温が上がると出る湿疹で、抗ヒスタミン薬と軟膏を処方されました。「2回目を打つ日も飲んで行っても大丈夫」と言われました。

2回目接種も18時頃。問診で抗ヒスタミン薬を飲んで来た事を告げると「アレルギーを抑える薬なので接種前に飲んでいるのはいい。一緒に解熱剤も飲んでも平気。むしろ飲んだ方がいい」と言われたので、接種後、熱は出てなかったけど解熱剤(イブフロフェン)を前もって飲みました。翌朝も36.6度(平熱低い私にはちょっと高め)だったが、朝ごはんを食べてる間にどんどん自分が熱くなっていってるのがわかり、37.6度ぐらいまで上がりました。解熱剤と抗ヒスタミン薬を飲み、起きる度に熱を測ったら、38℃が一番高く、それ以降(土日)はずっと37.3~37.8℃が続き、3日間、37度より下がる事はありませんでした。4日目の朝に36.9度になって、出勤しました。腕の痛みは翌日が一番辛かったけど、1回目よりは平気でした。かゆみもなかったです。高熱が出なかったのは、抗ヒスタミン薬のお陰かもしれませんが、平熱が低いので37度でも結構熱あるな、という感じでした。あと熱で頭がぼーーっとする感じが続き、家で仕事の事とか考えても「何か急ぎでやるものあったかな?」と思い出せませんでした。


■1回目は接種6日後に脇の下が腫れて微熱も(32歳女性)

接種ワクチン:モデルナ製/1回目:2021年7月5日、2回目:2021年8月5日

1回目接種は16時頃で、その当日は腕に軽く痛みがある程度。2日目になると、全身に筋肉痛のような痛みが生じて37.2度ほどの微熱が出ました。ただ、それで終わりかと思いきや、接種から6日目、脇の下が腫れて再び体温も37.6度程まで上昇。倦怠感と微熱、脇の下の痛みが3日ほど続きました。

2回目接種は17時頃。当日は数時間後から早速、腕が上がらないほどの痛みがありました。2日目は朝から37.2度ほど。午前中はあまり辛いことはなくいつも通り過ごしました。ところが午後になると37.8度ほどまで上がり、熱はそこまで高くないのに横になっていたいほどの倦怠感。その日はゆっくり休むことにしました。3~5日目は引き続き37度前半の微熱と軽い倦怠感、首から腕にかけて肩こりのようなだるい痛みが続きました。

1回目も2回目も微熱が続いたので夜はエアコンを付けていても寝苦しく、よく汗をかいたためスポーツドリンクがあってよかった!  痛みで眠れないときは鎮痛解熱剤を服用しました。腫れるほどではなかったものの、少しでも腕に痒みを感じた時は冷えピタを貼りました。

【続きを読む】

 
※紹介している情報は個人の体験談であり、副反応は人により異なります。また各自が行った対策や服用した薬なども効果を保証するものではありません。ワクチンに関する詳細な情報は厚生労働省など公的機関の最新情報をご確認ください。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP