更年期の「ホルモンの乱れ」に...。漢方カウンセラーが教える「黒豆と黒ゴマを使った食薬」

すぐに疲れてしまう、おなかにガスがたまる、生理前に太りやすい...病院では原因が特定されづらい「なんとなくの不調」に悩まされていませんか? そこで、年間2000人以上の悩みに応えてきた漢方カウンセラー・大久保愛さんの著書『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』(KADOKAWA)より、「漢方×栄養学×腸活」の考え方をもとにした「食薬」のエッセンスをご紹介。ぜひ、自分の「体の状態」に合わせて食事を選び、体調を整えてみてください。

pixta_55208254_S.jpg

ホルモンの乱れを整える黒いご飯をモグモグ噛んで

更年期とは、閉経前後の45歳から55歳くらいの期間をいいます。

更年期になると卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌が急激に減少します。

こうして心身に起こるさまざまな不調が更年期障害です。

個人差はありますが、早い人では40代に入ってすぐに症状を自覚するケースもあります。

また、更年期前の女性でも、睡眠不足や環境の変化、プレッシャーなどで、女性ホルモンの乱れを感じる人は多いと思います。

女性ホルモンの分泌は年齢によって変化しますが、自律神経が乱れて「腎」の働きが低下することでも、バランスが乱れてしまいます。

「腎」の働きを強化し、不足しがちな「血」を補う食事を選びましょう。

とりたい食材

●黒豆

205-24.jpg大豆の一種なので、タンパク質が非常に多い食材です。

「血」の材料となる鉄や葉酸、ビタミンB群が豊富で、「腎」を支えてホルモンバランスを整えるイソフラボンやマグネシウムなども多く含まれます。

大豆と違う部分といえば色ですが、黒い色素成分はアントシアニンです。

強い抗酸化作用があり、老化防止や美肌にも役立ちます。

●黒ゴマ

205-25.jpg成分のセサミンは女性ホルモンと似た働きをするため、「腎」の働きを支えます。

ビタミンEや不飽和脂肪酸も含まれるため、血行を促進し、手足の冷えの緩和にもつながります。

鉄分や亜鉛などのミネラルも豊富です。

黒豆と同様にアントシアニンが含まれ、抗酸化作用があります。

漢方では、「肝」と「腎」の両方に効果的とされています。

お勧めレシピ

黒豆黒ゴマご飯
米2合に対して、2合分の水を準備します。

そこに乾燥黒豆1/2カップ、酒、しょうゆを加えて全体を混ぜ、炊飯器で炊きます。

炊き上がったら黒ゴマをたっぷりかけて出来上がり。

◎黒豆の歯ごたえがよく噛むことにつながり、脳の血流量も増え、「腎」の働きを元気づけます。ただ固すぎる場合は、炊く前に一晩水に漬けておくと柔らかくなります。

『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』記事リストはこちら!

81yBLDwdcmL.jpg

とにかくわかりやすい!「漢方×栄養学×腸活」をかけ合わせて、日々の食事を中心に、心と体を整えて不調を解消する55のメソッドが収録されています

 

大久保愛(おおくぼ・あい)
薬剤師、国際中医師、国際中医美容師、漢方カウンセラー。秋田の豊かな自然の中で、薬草や山菜を採りながら暮らす幼少期を過ごし、漢方や食に興味を持つ。薬剤師になり、北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び、日本人で初めて国際中医美容師資格を取得。漢方カウンセラーとして、年間2000人以上の悩みに応えてきた実績を持つ。

shoei.jpg

『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』

(大久保愛/KADOKAWA)

女性ホルモンの分泌の変化で起こるさまざまな不調は、「5つの体質」に分類して考えることができます。自分の体質を診断したうえで、「体の不調別」にオススメの食材が提案されるので、とにかくわかりやすい! 漢方カウンセラー考案の不調解消メソッドが詰まった、あなたの「食べる薬」がわかる保存版の一冊です♪

※この記事は『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』(大久保愛/KADOKAWA)からの抜粋です。
PAGE TOP