熱中症や脳梗塞の原因に! 体温上昇で血液中の水分が減る「ドロドロ血」の怖さ

この夏は、マスクを手放せないなかでの熱中症対策が欠かせません。「新しい生活様式」に合わせた正しい対策法で、元気に暑さを乗り越えましょう。帝京大学医学部教授の三宅康史(みやけ・やすふみ)先生に、熱中症の原因になる「ドロドロ血」の怖さについて教えていただきました。

体温が上がると、なぜ血液の流れが滞るの?

体内で熱くなった血液は毛細血管へ広がり、その熱を体外に放出して血液の温度を下げ、冷えた血液が体内に戻ることで体を冷やします。

その結果、熱を運ぶための血液が減少。

また、汗をかくことで水分量も減少します。

これらの作用で熱を運び出す血液そのものが減り、効率よく熱を逃がせなくなるのです。

では、以下で詳しく見てみましょう。

1.体内で発生した熱は、血液にその熱を移します

2008_P047_001.jpg

2.熱を放出して体を冷やします

2008_P047_002.jpg

3.体が熱くなると皮膚が赤く見えるのは、体表近くの血流を増やして血液を冷やしているから

2008_P047_003.jpg

4.また、汗をかくことで体内の水分量が減ります

2008_P047_004.jpg

5.血管や脳、内臓へと行きわたる血液量が少なくなります

2008_P047_005.jpg

6.熱中症の症状が発生!

2008_P047_006.jpg

夏に多い脳梗塞もドロドロ血にご注意

水分不足になると血液中の水分が減って血液がドロドロになり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こします。特に、血管が詰まって起こる脳梗塞は夏場に多いもの。こまめな水分補給が大切です。

●顔や腕のしびれ・まひ
●ろれつが回らない
●力が入らない
などの症状は、 数分で治まっても 病院を受診しましょう。

【まとめ読み】特集「熱中症を予防する夏の新習慣」記事リスト

取材・文/オフィス・エム(寳田真由美) イラスト/サノマキコ

 

帝京大学医学部 教授
三宅康史(みやけ・やすふみ)先生
東京医科歯科大学医学部卒業。帝京大学医学部附属病院高度救命救急センター長、日本救急医学会評議員・専門医・指導医、熱中症に関する委員会元委員長。

この記事は『毎日が発見』2020年8月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP