ご存知ですか?「鼻の炎症」が「咳」を起こすメカニズム

「咳が1週間くらい長引いても自然に治るのを待つ」というあなた。放置していると全身に悪影響を及ぼすかもしれません。毎月2000人以上の患者を治療してきた呼吸器の名医・杉原徳彦先生は、実は悪さをしているのは「のどではなく鼻の奥」と言います。そこで、杉原先生の新刊『つらいせきが続いたら鼻の炎症を治しなさい』(あさ出版)から、「長引く咳」の正体から治療法までを毎日9:30に連載形式でお届けします。

pixta_29927429_S.jpg

鼻は気づかないうちに悪くなっている

じつは、鼻が原因の長引く咳は、患者さん本人は、自分がアレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎をもっていることに、気づいていないケースが少なくありません。

咳は出ているものの、鼻水や鼻づまりなどをそれほど感じることはなく、日常生活において「鼻」で困っていない人が多いのです。

とくに、通年性のアレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎は、子どものころに発症しているケースが多くあります。

幼いころは鼻の穴が小さいこともあって、鼻水や鼻づまりなどの不調をしばしば感じやすくなります。

しかし、大人になるにつれて鼻の穴も大きくなり、炎症が残っていても感じづらくなりがちです。また、多少の不調があっても、ずっと続いていれば、その状態が当たり前に感じてしまいます。

そのため、たとえ鼻の疾患があったとしても、自分では気づきにくいのです。

鼻の炎症を放置っておくと「ぜんそく」になる

そして、本人が日常生活でとくに困っていない場合、何かのきっかけで医療機関に行っても、「軽い鼻炎をもっていますね」くらいで終わってしまい、治療に至らないケースもあります。

しかし、呼吸器内科が専門の私からすると、どんなに軽いアレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎であっても、「治療をしたほうがいい」と考えています。

なぜなら、そのままでは長引く咳はまったくよくならず、それどころか、放置し続けることで咳ぜんそくや気管支ぜんそく、さらには、ほかの疾患につながっていきかねないからです。

このことは、近年、さまざまな研究データによっても明らかになっています。たとえば、気管支ぜんそくを発症している患者さんで、アレルギー性鼻炎を合併している割合は6~7割といわれています。

また、気管支ぜんそくの患者さんの慢性副鼻腔炎の合併率は、だいたい4~6割とされています。こうしたデータから、鼻の疾患と気管支ぜんそくの合併率は、100%に近いと思います。

実際、当院に通院されている、咳ぜんそくや気管支ぜんそくの患者さんの話を聞いても、過去にアレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎と診断されたことがある人が、結構いらっしゃいます。

鼻の炎症はこうして咳を引き起こす

では、なぜ鼻が悪いと、咳ぜんそくや気管支ぜんそくになるのでしょうか。そのメカニズムは、じつはとてもシンプルです。

鼻からのど、気管支、肺にかけては、1本の「気道」としてつながっています。

気道とは、簡単にいえば「空気の通り道」です。鼻の穴から入った空気はこの気道を通って鼻腔から咽喉頭、気管支を経て肺へと入っていく道なのです。

そして、ひと続きでつながっているのですから、当然、鼻に生じている炎症性の物質が、鼻からのど、のどから気管支へと流れ、気管支に影響を及ぼす可能性が高くなります。アレルギー性鼻炎も慢性副鼻腔炎も、鼻の中で炎症が起きている状態です。そのため、そこにはたくさんの炎症性の物質があります。

そうした物質を含んだ鼻水などが下の気道へと流れていくのです。

実は鼻の炎症が原因かも!?「つらいせきが続いたら」記事リストはこちら!

030-shoei.jpg4章にわたり、長引く咳の原因と対策を網羅。咳対策用の枕、マスク、お茶の選び方などセルフケアの実践方法も紹介されています

 

杉原徳彦(すぎはら・なるひこ)

1967年8月13日生まれ。医療法人社団仁友会 仁友クリニック院長。医学博士。専門は呼吸器内科。日本内科学会認定医、日本アレルギー学会専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター。東京都立府中病院(現・東京都立多摩総合医療センター)呼吸器科勤務を経て現職。上気道と下気道の炎症に着目した独自の視点で喘息診療を行う。

shoei.jpg

『つらいせきが続いたら鼻の炎症を治しなさい』

(杉原徳彦/あさ出版)

「長引く咳」「痰がからみやすい」、放置しがちな体のちょっとした異変は、「鼻の炎症」が原因かもしれません。そのままにしておくと、全身に危険が迫る可能性も!?日本全国から毎月2000人以上の患者を受け入れて治療にあたる、呼吸器の名医がまとめた初著書の中には、思い当ることが多すぎて、きっと鼻の治療をすぐに始めたくなります。

※この記事は『つらいせきが続いたら鼻の炎症を治しなさい』(杉原徳彦/あさ出版)からの抜粋です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP