嫌な出来事はパッと書き起こすとなぜか怒りやストレスが軽くなる。嫌なことノートで心がスッキリする理由!

「嫌だなあ」「困ったなあ」「不便だなあ」...。人は1日にストレスの元になる「嫌なこと」を3万回以上も感じているんだそう。その中で、仕事のストレスは圧倒的な割合を占めています。そこで、『書くだけで人生が変わる嫌なことノート』(アスコム)から、「嫌なことを逆手にとって仕事の効率をアップさせる方法」など気になる記事を抜粋してご紹介します。

pixta_69362543_S.jpg

書くことでいったん自分の手から離すことが大切

 

▼「嫌なこと」は事実のみ書きこむ

「嫌なこと」にあった時のもっとも悪い反応は、ネガティブな感情を引きずってしまうことです。

怒りを声に出して気晴らしするほうが、まだいいでしょう。

なにかと「嫌なこと」を思い出しては、どんどんストレスをためていく。

これが一番よくない。

そうなると負の連鎖が始まります。

イライラする、仕事に集中できない、やる気が出ない、愚痴ばかりになる......、ひどい場合は眠れなくなる、病気になる......。

その対策として、「嫌なことノート」は最適です。ノートに書き出すという行為は、「いったん自分からその事柄を離す効果」があります。

ノートに書き出すことで、自分の頭の中の負の感情を整理できるのです。

整理するときに大切なこと。

それは、「嫌なこと」をノートに書く際には、絶対に感情を書きこまないで、事実のみを書くということです。

「嫌なことノート」には必ず事実のみを書いてください。

「朝6時に起きる予定だったのが7時半に起きた」

「資料が見つからず、企画書が完成しなかった」

「課長に報告書の件でいきなり怒られた」

このように、嫌だった事実だけを書きます。

決して、思いをダラダラと書かないでください。

感情や思いを書き込むと、負の感情を助長してしまう可能性があります。

「書くことで、嫌なことを解消していく」はずが、逆にネガティブな気分がどんどん膨らんでしまいかねません。

実際に起きたことなら、書く数はどんなに多くてもかまいません。

それだけ人生を変えるタネがたくさんあるということですから、多ければ多いほどうれしいくらいに思ってください。

嫌なことはノートに受け止めてもらう

note-35.jpg

嫌なことノートに受け止めて(書く)もらえば、客観視できて、「嫌なこと」が嫌でなくなっていく

「嫌なこと」には4つのパターンがある

 

▼「嫌なこと」のパターンをまずは知る

自分の「嫌なこと」を知るためには、「嫌なことのパターン」を知っておくといいでしょう。

「嫌なこと」を分類すると、次の4つのパターンがあります。

 その1 自分に起きた「嫌なこと」
 その2 自分の身のまわりの他人に起きた「嫌なこと」
 その3 自分がやってしまった「嫌なこと」
 その4 テレビ、新聞、ウェブや、街中などで見た「嫌なこと」

嫌なことパターンその1は、自分が感じることなので、最も見つけやすい「嫌なこと」だと思います。

「午前中にペーパーレス化を宣言しながら、夕方には紙にまとめてくれって、部長は何を考えてるの?」

「これで今日の報告書何枚目だっけ。意味あるのかなあ」

「絶対に課長が間違えているのに、最後まで認めないんだな。まいったな」

「目標を達成したときくらいほめてほしいなあ」

「毎朝、会社が厳しい話ばかりされたら、やる気がなくなるよな」

ちょっとしたことはすぐ忘れてしまう

さらに些細な嫌なこともけっこうあるはずです。

「トイレが汚れていた」

「デスクの角にホコリがかぶっていた」

「先輩にくだらない自慢をされた」

そのときは、ちょっとイラっとくるかもしれませんが、電話がかかってきたり、他の人から声をかけられたりすると、すぐに忘れてしまったりしているはずです。

でもこういうこともちゃんと「嫌なこと」として認識してください。

自分がした「嫌なこと」ほど気づかないものはない

嫌なことのパターンその2は、他の人を見ていて感じる「嫌なこと」です。

「会議で発言にひどいダメ出しをされた先輩」

「書いてきた企画書にため息をこぼされた部下」

「社員に上から目線で指示を出されている派遣社員」

当事者が実際に嫌だなあ、困ったなあと思っているどうかわかりませんが、自分がその立場だったら嫌だなあと思うことも結構あるものです。

日頃から、「他人の嫌なこと」にも目を配っていると、観察力や、課題発見力が身につき、いろいろなことに気づけるようになります。

嫌なことパターンその3は、自分がしてしまった「嫌なこと」。

実はこれがいちばん気づきにくい。

「間違いに気づかず、指摘された」

「お客様に怒鳴られるようなことをした」

「上司に怒られるようなことをした」 

と相手が反応してくれたときは、自分が何か「嫌なこと」をしたことに気づけるのですが、知らないうちに相手に対して「嫌なこと」をしていることもあるはずです。

人は自己肯定するのが得意なので、気づくのは簡単ではないかもしれませんが、「自分は人に嫌なことをしていないか?」を考えてみるだけでも大切です。

けっこう思い当たることが出てくるかもしれません。

テレビドラマは「嫌なこと」を発見する最高のツール

嫌なことパターンその4は、テレビや映画、単行本、新聞、ウェブ、雑誌などや、街中で偶然出合った「嫌なこと」です。

報道されるニュースやドラマのセリフ、小説の主人公の態度、電車の中でのマナー違反など。

「国会で、答えたくない質問にはひと言も発しない政治家」

「ドラマで、息子の話を何も聞かずに、けなし続ける父親」

「ドラマで、部下のミスばかりを探して、見下す上司」

テレビドラマなどはキャラクターが誇張されて表現されていることも多く、「嫌なこと」にも気づきやすいのです。

「嫌なこと」4つのパターン

note-49.jpg

【まとめ読み】『書くだけで人生が変わる嫌なことノート』記事リストはこちら!

H1_書くだけで人生が変わる嫌なことノート.jpg

嫌なことを書くことは客観視することのはじまりをテーマに全6章にわたって「嫌なことノート」の効果や方法を解説してくれます

 
shoei.jpg

『書くだけで人生が変わる嫌なことノート』

(嫌なことノート普及委員会/アスコム)

松下幸之助など大企業の経営者が「嫌なこと」を集め、改善することで大きな成功を得たことは有名な話です。例えば、嫌なことをノートに書くと怒りやストレスが軽くなります。それはその出来事を客観視できるからです。そんな日常の嫌なことを活用して仕事の効率を上げたり、コミュニケーションを円滑にしたりする方法が書いてある参考書です。嫌なことも捉えようによっては楽しく生きられるヒントが詰まっています。

※この記事は『書くだけで人生が変わる嫌なことノート』(嫌なことノート普及委員会/アスコム)からの抜粋です。
PAGE TOP