どうしてあんなにいじめられたんだろう...? 夫の上司の奥さんから受けた「いじめの数々」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:みぃや
性別:女
年齢:47
プロフィール:23歳で結婚し4人の子宝に恵まれるも12年程で破局。現在は子供も手を離れ孫2人もいるが独身。

pixta_34878447_S.jpg

今から19年前、私は元主人(公務員)の転勤で、人口5000人ほどの小さな村に住んでいました。

私の主人の職場以外にも、教員や、水産研究所などに勤務するために転勤してきた人が多かったため、小さい村でしたがご近所さんには公務員の方がたくさんいました。

そこで、知り合ったのが、元主人の上司の奥さんのAさん。

5歳以上年上の彼女は気さくな人柄で、私が4人目を産んだ時の数カ月前に第一子を出産したばかりでした。

家に遊びに行ったり、当時していた副業の商品を買ってもらったり、ベビー用品のおさがりをあげたり、いろいろな形で交流をしていたのですが、実は「裏の顔」があったのです。

私は気づいていませんでしたが、Aさんと彼女の友人であるBさんは私を嫌い、いろいろな意地悪をしていたのです。

例えば、お昼頃にちょっと寄って行かないと呼ばれて行ってみると、午後からは友達が来るからねと時間を区切られました。

大切な用かもしれないので詮索はしませんでした。

そして13時が近づきそろそろ帰らなくてはと思っていると、ママ友のBさんが「こんにちは、おじゃましまーす」とやってきました。

あれ? 友達って私も知っているBさんのこと? と思っていると、「友達が来たから」と帰されました。

つまり、私は「友達」としては扱われていなかったのです。

Aさんのうちはいわゆるたまり場で、しょっちゅうママ友たちが遊びに行っているようでしたが、私は他のママ友と同席することはありませんでした。

後から聞いた話ですが、私のいないところで、Aさんのうちに集まった人たちが、私の悪口を言い合うこともあったそうです。

またある時、ママ友たちとの忘年会がありました。

私は行きたい気持ちはあったのですが、参加者の多くを占める公営住宅住まいのママ友たちの誰からも誘われていなかったので、行くのを躊躇していました。

結局、他の友達から「一緒に行くから隣に座ろうね」と誘いを受けた私は忘年会に参加したのですが、会場に着くや否や、私とその友達はAさんによって席を離されました。

「ハロウィンパーティの時はあんな格好で悪かったわね」

私の顔を見るや否やAさんは唐突に、突っかかるような口調でそう言ってきました。

彼女が言うハロウィンパーティとは、遡ること約1カ月前、ママ友たちとの間で、子供たちを仮装させて、お菓子の交換をしたパーティーのことです。

その時、Aさんはお子さんに、市販のキャラクターの耳がついたパーカーを着せていて、私は「その手がありましたね!」と言った記憶があるのですが、その言葉が気に食わなかったらしいのです。

「あれはあれでよかったじゃないですか」

そう言ったのですが、Aさんは私に対する暴言を吐きました。

あまりにも酷い言葉にショックを受けた私は、今では「とても嫌なことを言われた」という記憶しかありません。

そして、乾杯の音頭では「今私、みぃやに怒られています! かんぱーい!」と一言。

私は訳が分からず泣いてしまい、普段関わりのないママ友が「私も帰るし送っていくから」という言葉をうのみにし帰ることになりました。

公宅までは徒歩で15分くらいのところで、私は「じゃ、私は店に戻るから」と暗い夜道に置いてきぼりにされました。

自分も帰るといったのに、何故...。

Aさんにもそのママ友にも、私は何一つ悪いことはしていないつもりでした。

どうして私が目の敵にされ、いじめを受けることになったのでしょう。

それが心に引っかかっていたのですが、後々その村が地元の友達に聞いたところ、本当に小さな私のミスでした。

そのミスというのは地区の連絡網の最後だった私が、連絡をちゃんと受け取ったよという電話を、連絡の発信元のBさんにしなかったことです。

私の感覚でいえば、たったそれだけのことでいじめの対象になっていたなんて、気づくはずもありません。

常識なのかも知りませんが、当時の私は「連絡網の最後の人は、発信元の人に連絡をする」というルールを知らなかっただけです。

Bさんを無視していたわけでもなく、悪いことをしている意識もありません。

教えてくれれば済んだ話なのに、非常に苦い思いをしました。

結局、年をまたいですぐに元主人が転勤になり、Aさん、Bさん達との関係は終わったのですが、なぜたった一度のミスであんなに嫌われる必要があったのか...いまだに分からないのです。

関連の体験記:確かに公園に近いし、自転車も置けるけど...。我が家がママ友たちの「たまり場」化してしまい...
関連の体験記:「夫からはもうもらえない。3万円貸してほしい」小学校時代のママ友から届いた「借金のお願いLINE」
関連の体験記:夫が倒れて働きづめの私。進学を諦め、助けてくれた長女。並んで座った電車での何気ない会話に涙が...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

うーん、田舎だから? 閉鎖的な場所は心も閉鎖的になりやすいからじゃないですかね?
連絡網の最後はちゃんと連絡してあげないと本当ヤキモキするし迷惑過ぎるけど次の人に連絡付かなくて最初の人に連絡する、とかいろんなやり方あると思いますので絶対理由はそれだけじゃなかったと思います。 多分遊びに行く程の皆さんとの交流があったなら、連絡網の事もチラッと言われたはず、その時の対応が悪かったのでは、、てか物買わせたり物あげたりは気心知れた友達以外にはトラブル起こしそうなので私はやらないです。そんな行動では親密さははかれないのではないかと思います。  もしかしたら自分は悪くないってゆう被害者意識が、微妙に態度に出てて、相手の気持ちを逆撫でしやすいのではないかと、、子供会でもないなら引越し先の交友にそんなグイグイいかないものじゃないかなぁ、、周りの空気もすこしよみましょう
いじめる方が悪いというのは大前提で、「その手があった」「あれはあれでいい」は決していい言葉ではないよ。普段から言葉選びが下手で自覚すらないから避けられていたのでは…。
田舎だから陰湿、と言うより新参者(誰でもいい)いじめ。よくある日常ストレスの吐口、集団いじめの一種ですね。仲間同士の絆が深まるとでも思ってるんでしょう。ママ友は上辺だけの実にくだらない付き合いです。子供の友達の母ってだけで友達ではありません。連絡網伝達ミスなら誰か教えて欲しいです。いじめきっかけはなんでも可なんでしょうね。転勤でうまく離れられて良かったですね。その場に住み続けていたとしても子供が成長すれば人間関係も変わる。子供が小さかった頃は仲良しだったママ友もだいたい付き合いも薄くなりますね。今、お孫さんたちに囲まれ平穏な独身ライフを送られて良かったです。エンジョイしてくださいね。
他の方も書いてますが、ハロウィンの「その手があった」「あれはあれで良かった」という発言は酷いと思います。 そんな発言をしたということは、投稿者のお子さんは、手作りの仮装or市販ではあるけど、ハロウィン用の仮装を着せていたんでしょう。 投稿者は連絡網が原因だと知りましたが、この感じだと他にもやらかしていると思います。 夫婦で読みましたが、夫も私と同じ感想でしたよ。
皆さまおっしゃってますが、あれはあれで良かった、は上司の奥様にかける言葉ではないよなぁと引っかかりました。友人でもごく親しい友人になら使うかもしれないけど、それでも上から目線に感じたかも!と後で反省するような言葉です。1つ1つは小さな事ですし、勿論イジメは絶対悪だと思うのですが、100%私は被害者、の意識でいるのなら多分どこへ行っても馴染みにくい人になってしまってたんじゃないでしょうか…?自分にとっては小さい事でも他人にとっては大きいかもですし、何よりママ友って特殊な関係だと思うのでかなり気を使って遠めにいる方が賢いと思います。
私も言葉遣いが良くないと思いました。 多分普段から悪意なく、上から目線と取られるような言い回しをしていたんじゃないかなぁ?と。 田舎は閉鎖的なところがあるし、新参者は気を遣いまくって当然の風潮だし、そこで上司の奥さんに目をつけられてしまったら...最悪ですね。 あれはあれで良かった、は...あなた何様なの?ってなるかな。 私も物言いには十分気を付けなきゃいけないなぁと思いながら読みました。 連絡網を返さなかったことはキッカケに過ぎず(というか、小中学校の連絡網で最後の人は先頭に届いたことを報告することになってませんでした?)その後の態度や物言いがいじめられた原因だと思います。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP