「人間関係は『だましだまし』が生きる知恵」キャリア70年の精神科医が伝える「心の距離感」

家族に仕事、人間関係など、人生にはさまざまな悩みがつきもの。精神科医として、70年近く働いてきた中村恒子さんの著書『うまいことやる習慣』(すばる舎)には、そんな悩みとの向き合い方や受け流し方のヒントが詰まっています。多くの人を勇気づけてきた言葉から厳選して、連載形式でお届けします。

pixta_21555750_S.jpg

その人と付き合うべきか、離れるべきか、答えを性急に求めない。心の距離感を変えれば、それなりに付き合うことはできる。

生活していると、気持ちのよくないことが起きますわな。

ちょっとしたやりとりの中で、何かされたり、言われたり。

これは、自分では避けようがありません。

せやから、受け止め方を変える練習をしていきましょう。

チクッとイヤなことを言われたときは、「あの人、家で何かイヤなことがあったんやろなあ」くらいに思って、都合よく軽く受け止めるというのがええんやろね。

「自分の何がいけなかったんやろ?」「どうしてそんなことを言われたんやろ?」そんなふうになんでもかんでも重く受け止めてしまうと、しんどいだけ。

自分で自分をいじめてるようなもんですわ。

もちろん、自分に非があるときもあるでしょう。

「たしかにそうやなあ」と思うんであれば、直してみようとすればええ。

ただ、冷静になって考えたときに「え、なんでや?」と思ったんであれば、それは真に受ける必要はありません。

「なんか意地悪したくなる事情があったんやろうなあ」「イライラして八つ当たりしてはっただけなんやろ」「なんや気の毒な人やなあ」くらいで解釈しておきましょう。

実際、人が人を注意したり、怒ったりするときなんていうのは、だいたい身勝手なもんなんです。

「愛があるゆえの注意」ということもあるかもしれへんけど、本当に愛情があるかどうかなんて、言われたほうはすぐにわかるもんですわ。

不快だったり、傷ついたりしたと感じたら、「この人はそういう人なんや」と、距離のとり方を変えましょう。

まともに付き合おうとしたり、気に入られようとしたり、がんばるから余計に関係がおかしくなるんです。

「この人は気の毒な人やから、こっちもこれくらいの付き合いでええわ」と心の距離を離してみましょう。

表現としては「気持ちを入れすぎない」ということでしょうかな。

かかわる人みんなの顔色を気にする必要はどこにもありません。

それで、ある程度は「だましだまし」やってくのが生きる知恵というもんやと思います。

ただ、この「だましだまし」がなかなか難しいんやろうね。

私が最近の傾向として感じるのは、イヤなことやつらいことがあったら、すぐに結論を見つけようとする人が多いことです。

心療内科や精神科にも、「どうすべきか」の結論を急いで受診する人が多くなったなあと思います。

試験の問題ならいざしらず、生き方や人付き合いに万人共通の答えなんてあるもんでしょうか。

病気やったり、生きる死ぬがかかわってくるなら話は別やけども、人生のあらゆる選択は、最後には自分で責任を持って決めていくもんです。

おもしろいもんで、相談に来る人もみんな解決策を探しているように見えて、実のところは「自分がほしい答え」を探してるんですな。

家族関係も、職場の人間関係もそう。

1か0か、「好きなら付き合う」「嫌いなら別れる」といった具合です。

なんでも極端になりがちで、自分を応援してくれる極端な意見を求めてるんですわ。

でも、そこまで極端にならんでも、それなりにうまくやっていくことはできるはずやと私は思います。

そもそも人間関係に100点はないんやからと言い聞かせて、心が許せる人にだけ本音を言ったり、グチを吐いたりすればええんですわ。

それでも、どうしてもダメとなったとき、物理的に距離をとればええんでしょうな。

生きるのがラクになります。ぜひご一読を!「うまいことやる習慣」記事リストはこちら

105-H1-umaikoto.jpg「仕事」「人間関係」「生き方」などの6テーマから、キャリア70年を誇る精神科医が考え至った37のメッセージがつづられています

 

中村恒子(なかむら・つねこ)
1929年生まれ。精神科医。1945年6月、終戦の2カ月前に医師になるために広島県尾道市から1人で大阪へ。混乱の時代に精神科医となる。子育てを並行しながら勤務医として働き、2017年7月(88歳)まで週6日フルタイムで外来・病棟診療を続けた。「いつお迎えが来ても悔いなし」の心境にて生涯現役医師を貫く。

奥田弘美(おくだ・ひろみ)
1967年生まれ。精神科医・産業医。日本マインドフルネス普及協会代表理事。

shoei.jpg

『心に折り合いをつけて うまいことやる習慣』

(中村恒子・奥田弘美/すばる舎)

悩んだり、立ち止まったり、いろいろあるのが人生。本書は、そんな人生をたんたんと生きてきた精神科医・中村恒子さんの波乱万丈な半生を軸に、「うまいことやる考え方」がつづらています。彼女のどこまでも自然な姿に、「こんな生き方でもいいのか」という気づきを与えてくれる一冊です。

※この記事は『心に折り合いをつけて うまいことやる習慣』(中村恒子・奥田弘美/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP