1kmあたり工事費用は5.3億円。全国で展開している「無電柱化」の実情は?

2019年も災害が多発。集中豪雨による堤防の決壊で、一帯が浸水してしまった映像は記憶に新しいと思います。「四季の国・日本」とは無縁の異常気象に、不安を感じている方は多いでしょう。集中豪雨、台風、地震と立て続けに災害が起きている現在、気象やインフラ整備はどうなっているのでしょうか? 今回は全国で展開している「無電柱化」について国土交通省道路局 環境安全・防災課課長補佐の南 知之さんにお話を伺いました。

2003p071_01.jpg

兵庫県姫路市

全国で展開している無電柱化を知っていますか?

2019年の災害では電柱の倒壊が救急活動の妨げになりました。

これまでも国では「道路の防災性能の向上」「通行空間の安全性・快適性の確保」「良好な景観形成」を目的に全国で無電柱化(電力線や通信線などを地下に埋設)を進めており、2016年には無電柱化の推進に関する法律を制定。

主要道路を中心に2018年~2020年までに約2400kmの工事着手を目標に進めています。

2003p071_04.jpg出典:国土交通省ホームページ※ 全道路(高速自動車国道及び高速道路会社管理道路を除く)のうち、電柱、電線類のない延長の割合(2017年度末)で各道路管理者より聞き取りをしたもの

「水道管、ガス管などがある地下空間に電線を埋設するので、多数の企業との調整が必要で、埋設物の移設などを段階的に行うことになります。また、無電柱化は1事業あたり、平均約7年かかるんです」と南さんは言います。

さらに費用は国、電線管理者、地方公共団体で負担しており、無電柱化の工事を行うのに1kmあたり約5.3億円かかるため、なかなか進まないのが実情のようです。

「1995(平成7)年の阪神・淡路大震災では無電柱化の方が被害が少なく、安全性は明確になっていますが、費用がネックに。低コストに抑える取り組みを現在普及拡大しているところです」とは南さん。

無電柱化により車いすの方も移動しやすくなります。

皆が快適な生活を送れるよう推進中です。

2003p071_02.jpg京都府京都市南区2003p071_03.jpg愛媛県喜多郡内子町。無電柱化したことにより、すっきりとして美しい景観になりました。

取材・文/中沢文子

『異常気象と日本のインフラから身を守るために』そのほかの記事はこちら

 

<教えてくれた人>

南 知之(みなみ・ともゆき)さん
国土交通省道路局 環境安全・防災課課長補佐。1991 年度に入省し近畿地方整備局企画部建設専門官、豊岡河川国道事務所副所長を歴任。2019 年4月より現職となり無電柱化と道路のユニバーサルデザインを担当。

A9Ro27ipm_18zag0w_e5c123.jpg

いざという時に備えて!★防災グッズ特集はこちら

(毎日が発見ショッピング)

懐中電灯としても使用でき、USBでスマートフォンなどへの充電も可能な「ソーラーバンクランタン」(写真、3,278円・税込)や、お風呂に入れない時に使える「大判!どこでもお風呂シート」(30枚入り×2 袋セット 2,816円・税込)など、毎日が発見編集部がチョイスした「7種の防災グッズ」を発売中!ぜひチェックしてみてください!

この記事は『毎日が発見』2020年3月号に掲載の情報です。
PAGE TOP