「からあげ定食」からのケーキは無理...!我が家のクリスマス/中島めめ

毎日32仕上げ--- (1).jpg

こんにちは。中島めめです。

今回はクリスマスの献立について書きたいと思います。

前回のエピソード:引っ越したばかりなのに漂う実家感...!原因は多すぎるモノだった/中島めめ


クリスマスメニューと言えば、ローストチキンやローストビーフ、リース型のサラダやチーズや生ハムをクラッカーに乗せた前菜などが思い浮かびますが、うちではそういうものを作った事がありません。

まずメイン。ローストチキンやローストビーフは豪華で主役!という感じがして素敵ですが、家族はみんな鶏のからあげの方がいいと言うのでいつもからあげを作っています。

あまりおしゃれなものを食べ慣れていないせいかもしれませんが、作る方としてもいつも作っているものの方が失敗しにくいので助かります。

せめて盛り付けはクリスマスっぽく大皿にドーンと...と行きたいところですが、うちではそれもできません。
なぜかと言うと、夫と長女は普通のからあげが食べられますが、私と次女は鶏の皮と脂肪の部分が苦手なので下ごしらえの段階で夫と長女用、私と次女用と分けていて、揚げる時も区別しているので全部一緒に盛り付ける事ができないのです。
というわけでめいめいの皿に盛られた鶏のからあげ...ここですでにクリスマスっぽさから遠のいていっている気がします。

そしてサイドメニューのサラダは、ボウルに作ったものをお皿にリース型に盛り付ける...とちょっとしか入らないし一瞬で崩されるのが分かっているのであるだけどっさり入れてしまいます。そしてさらに枝豆や冷奴、お味噌汁がつくので、クリスマスディナーというより「からあげ定食の出来上がり!」といった感じです。


そして飲み物もシャンパンやワインではなくノンアルコールビールで、いつもの夕食が始まります。

いつもの夕食といってもメニューによっては子どもたちのテンションが上がらないものもありますが、ハンバーグやからあげは人気メニューなので、喜んでたくさん食べてくれます。特に長女は小学校の高学年になる頃から一気に背が伸びて食べる量も大人顔負けになりました。

そしてみんながお腹いっぱいになってごちそうさまをして、いつもはそれでおしまい、なのですがクリスマスはそのあとにケーキがあります。からあげ定食のあとでいきなりクリスマスモードにチェンジする感じですが仕方ありません。

ケーキは夕方ケーキ屋さんに買いに行って子供たちが選び、夜食べるのを楽しみにしていたものです。でも夕食のあと「今からケーキ出す?」と聞くと「もう少し休憩してからにする...」と大抵言われます。普段食後にデザートを食べる習慣がないため、後でケーキを食べると分かっていてもそのためにお腹のスペースを少し開けておくという感覚が分かりにくいのかもしれません。私も分かっていないので偉そうな事は言えないのですが...。

そして長めの休憩をして気を取り直してケーキを持ってくるとテーブルの上がようやくクリスマスらしくなります。
ケーキを取り分けるお皿は頂き物のきれいなケーキ皿を次女が気に入っていて、自分で食器棚から出してくれます。実は私がいつも忘れていて普通のお皿を出しては次女に指摘されているうちに、何も言わず自分で出してくれるようになりました。

こんな感じで毎年クリスマスの夜は更けていくのですが、これはこれでうちらしくていいかな、と思っています。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

中島めめ

ライブドア公式ブロガー。家族との笑いの絶えない日常を描いたブログが月間200万PVと人気に。超インドア派で子どもの頃は「ハイジが来る前のアルムおんじ」のような人生を送るのだろうと想像していたが、実際はまったく違う日々を送る。
食品サンプルやドールハウスのミニチュア小物が大好き。

中島めめさんのブログ:たくあんムスメたち。


50life_cover-obi.jpg

たくあんムスメたち。 天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』(KADOKAWA)

平凡な毎日。なのに愛しくって、ときどき泣けてくる。
突然すっとんきょうな発言をする天然長女と、おっさん系おもしろキャラの次女。姉にツッコミを入れ、妹の行動にふきだし、わが家は毎日にぎやかです。大人気姉妹マンガブログ、未公開エピソードも多数収録して初書籍化!!

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP