困った!レシピがない!?今年の義母のクリスマスのお菓子作り/もづこ

こんにちは、もづこです。

40歳の時に妊娠を期に義実家でお義母さんと同居することになり、気が付けばもう3年。

今日はクリスマスにまつわるエピソードです。

前回のエピソード:同居直後の激やせ→反動で体重の増加が止まらない!

 

12月の大イベントといえばクリスマス!

それぞれのご家庭がいろんな過ごし方をされていることと思います。

我が家では、お義母さんが毎年クリスマスの時期になるとシュトーレンやたくさんのクッキーを焼いて家だけでなく親戚やご近所さん、親しいお友達とかに振る舞うのが恒例となっています。
この慣習は私が夫と付き合う以前かららしいので、もう10年以上続いていることになります。(すごい!)

1.jpg

ところが今年、思いもよらないハプニングが...!

なんと、お義母さんがコツコツと書き溜めてきた大切なお菓子のレシピを紛失してしまったのです。

2.jpg

ここ数年お義母さんは物忘れが多くなってきていて、よく物を無くしていました。
レシピも恐らくお掃除の時にどこかに一時的に置いて、そのまま忘れてしまったのでしょう。
毎年作っているお菓子も
「昔は手が勝手に動いて作ることが出来たのに今はレシピを確認しながらじゃないと作れない」
と嘆いていて、このままでは今年は断念せざるをえません...。

 
そんな様子を見て夫が一言

3.jpg

お義母さんを慰めるつもりで言ったのかもしれませんが、この発言にお義母さんはカチンときたようですっかりフテてしまいました。

4.jpg

親子だからとはいえ、あんな言い方思いやりがなさ過ぎる...!

相変わらず空気を読まない夫の発言にさすがに私も抗議しました。

夫も反論してくるかなと思ったら、意外な言葉が返ってきました。

5.jpg

夫のあの突き放した発言はお義母さんを気遣っての言葉だったのです。

実は私も気にはなっていました。
ここ数年お義母さんは「もうそろそろやめようかな...」とこぼしていて、それでも友人などに「楽しみにしてる」と言われるとついつい頑張ってしまうようで...。

私も手伝うものの、やっぱり終わるとぐったり疲弊してるお義母さん。
さらに、最近はお菓子を失敗することが多くてますます落ち込んでしまうのです。
「もうやめてしまってもいいんじゃないのかな...」
と思うけど、私からはどう言えばいいかわからずいました。

「皆楽しみにしてるとは思いますがお義母さんの体調優先で...」なんて言えば、きっとお義母さんは皆に申し訳ないと、ずっと気にするにちがいありません。

不躾とも思える言い方でやめさせたのは、お義母さんの性格を見越した夫の作戦だったわけです。

お義母さんのおいしいお菓子を食べられなくなるのは残念だけど、ストレスが減るならそれが一番ですよね...。

 
しかし、それから数日後お義母さんはまたクッキーを焼いていました。

驚いて聞いてみたら

6.jpg

お義母さん、「もうやめる!」なんて夫にプンプン怒っていたのに。

夫もお義母さんも、お互い思いやってるのになんだか不器用なふたり。

傍からみてるとヒヤヒヤするけど、微笑ましくもある親子。
そして私はこれから先、娘とどんな親子関係になるのかな。

7.jpg

今年一年がもうすぐ終わろうとしています。
同居を始めて3年目。もづこ家はこれといった大きな事件はありませんでしたが、家族で泣いたり笑ったり小さな幸せがたくさんありました。

皆様にとって今年はどんな一年だったでしょうか?
来年は皆様にとっても今年以上に素晴らしい年でありますように!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット