洗ったつもり、しまったつもり...何度注意してもまた繰り返す娘たち/しまえもん

変わり者のだんなと高2の長女、中2の次女と暮らしているアラフィフしまえもんです。

何度注意しても同じことをして、イライラ...
注意されたら、少しは次に言われないようにするという考えはないのかと思う家族の話です。
前回だんなのことを書きましたが、今度は娘達のことです。

前回記事:何度も何度も言ってるのに!朝流しに置かれたビールの缶にイラッ

17-1.png17-2.png17-3.png17-4.png17-5.png
長女は学校にお弁当を持って行ってるので、帰ってきたら自分で洗うことになってます。大体夕食の洗い物は長女がお手伝いの一環でやることになっているので、その時に洗うことが多いです。いつもささっとすませようとしているのか、洗い方が雑。

特にお弁当はプラスチックのものなので、油ものを落とすのに注意しないとまだまだ油汚れが残っていたり、ご飯の入れ物にお米がこびりついていたり...。朝食の準備が洗い物から始めなくちゃいけないし、忙しいのに余計な時間を取られてイラっとします。本当はさっと洗って、次の仕事をしたいのですが、そのままにしておくと学習しないと思い、その度に長女に見せて注意します。

「分かった」「やったつもりなんだけど...」と反省したように言うのですが、しばらくするとまたやります。やる度にどうして注意されてるのか、どうしたら注意されないのか(いかにきれいにするか)、考えてないだろとよく思います。

17-6.png17-7.png17-8.png

17-9.png

ほかに洗面所の使い方。洗面所には小物をいれる引き出しがいくつもあるんですが、娘達が使用した後、どこかしら引き出しが開いているんです。ドライヤーを使って慌てて片付けてコードが出た状態で閉めていたり、髪留めがちょろんと出た状態で閉めていたり、使った引き出しを数センチ開けたままにしていたりとなんだかだらしない。

洗面所を使った後に髪が洗面所のシンクに数本残った状態になっていることも多く、次に使う人が気持ちよく使えないので、必ず見るよう注意するのですが、数日気をつけるだけで、また忘れるのです。
小さいことですが、見るたびにイラっとします。

また、次女は夕方お風呂の掃除担当なんですが、促さないとなかなかやらない。毎日のことなんで、言われる前にさっさと終わらせようとは考えないのかといつも思います。


何度も何度も言ってるのに、またやる...こちらはイライラするのですが、本人達はまったく堪えてない。堪えてないから、忘れてまたやるという感じなので「はいはい、もう注意されたいんだね、怒られたくてやっているんだね」と思うようにしてます。

そう思うことで、「それなら、仕方がない、一応軽く注意してやるか」と気持ちに余裕ができて、いくらかイライラが無くなるなるといいなと思います。

関連記事:娘たちを料理好きに育てたかった...振り返って分かる私の失敗/しまえもん

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

しまえもん

ブログ「しまえもんの日々」を運営。のんびり変わり者のだんな、生真面目な高校生の長女、マイペースな中学生の次女、そして、今年12才になるくろさんと、6才になるにゃあさんの猫さん2匹と暮らしています。アラフィフ主婦の日々を書き綴ります。

しまえもんさんのブログ

「しまえもんの日々」

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP