「トイレいいかしら...」運動機能が低下したおばさんの葛藤/バニラファッジ

認知症で要介護4のお義母さん(姑)とリウマチと骨粗鬆症で要介護5のおばさん(姑の妹)の 在宅介護をしたバニラファッジさん。

今回はおばさんの運動機能の低下と、それにともなうトイレの難しさについてのエピソードです。

前回のエピソード:毒舌のお義母さんが別人のよう...。高齢の姉妹が離ればなれになった日

◇ ◇ ◇

おばさんは、膝に人工関節を入れるという大手術を3回しています。 術後はリハビリのかいもあり、杖があれば歩くことができました。
31-1.jpg

しかしその後、肺炎で入院した時に持病のリウマチも悪化し、 退院し自宅に戻ると歩けなくなってしまいました。それからは...
31-2.jpg
31-3.jpg
31-4.jpg
31-5.jpg
というように、椅子をポータブルトイレに入れ替えたり、車椅子に入れ替えたりして日常生活を送っていました。 しかしその後、骨粗鬆症も深刻な状態になり、おばさんはついにつかまり立ちもできなくなってしまいました。 もちろん立位がとれないと、以前のようにはいきません。

31-6.jpg
31-7.jpg
31-8.jpg
31-9.jpg
そしておばさんを抱きかかえたまま、ゆっくりと向きを変え、トイレに腰掛けて用を足します。 終われば、その逆の順序で椅子に戻ります。

おばさんは、この頃はもうリハビリパンツを履いていたので 万が一間に合わなくても困ることはなく、逆にそのままパンツの中でしてもらった方が 介護は楽だったかもしれません。

しかし、おばさんは下半身が麻痺しているわけでなく尿意や便意はわかります。 なのにパンツの中でするのはとても悲しいだろうし気持ちが悪いだろうし、気の毒に感じていました。

なので、おばさんが「トイレいいかしら...」と言う間は、協力していこうと思っていました。

しかし...
31-10.jpg
31-11.jpg

いつも前向きなおばさんが泣いているのを見るのは、とてもつらかった記憶があります。

(続く)

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

バニラファッジ

ブログ「7人家族の真ん中で。」管理人。夫と3人の子ども、姑と姑の妹(おばさん)の7人家族でしたが、一昨年、昨年と続けておばさん(88歳)と姑(94歳)が他界。頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車椅子生活の叔母さんと身体は丈夫だけれど認知症の姑を在宅介護した日々をあれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』などがある。

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP