タンスいっぱいに詰まった大量の1円玉...。珍騒動を巻き起こした義母の「遺産」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ウジさん
性別:男
年齢:59
プロフィール:義母(享年82歳)が亡くなって1年半が過ぎ、妻(57歳)は思い出に浸りながら遺品の整理を始めました。

7.jpg

第1波のコロナ騒ぎがやかましかった2020年の3月、義母(享年82歳)が亡くなりました。

その頃、認知症がひどくなり始めていた義父(84歳)は、義母が出かけているだけだと思いこむなど、しばらく義母の死を認められない時期がありました。

そんな義父の前で義母の遺品の整理をするのもはばかられ、見合わせていました。

しかし、1年以上を経て義父も落ち着いてきました。

そこで妻(57歳)が中心となって、義母の遺品整理を始めることに。

大事にしていたバッグを見つけたり、妻が初給料でプレゼントしたスカーフが出てきたり、懐かしい思い出をたどりながら、義母の持ち物を整理していると、突然、妻が叫び声を上げました。

「なに、これ!」

休日の親孝行にと、私も妻の実家で片付けの手伝いをしていたときのことです。

「どうした?」

そう言いながら、声の聞こえた奥まった納戸に向かいます。

すると義母の古いタンスを片付けていた妻が、唖然とした表情で開け放した引き出しを見つめていました。

覗き込むと、タンスの大きな引き出しいっぱいに1円玉の詰まった袋が並んでいたのです。

「なんだい、これ?」

「知らないわよ。小銭貯金なんだろうけど...」

「いったいいくらあるんだ?」

「とにかく、両替とかしないとどうにもならないから、出しましょう」

運び出せるようにバッグに詰め込みながら取り出してみると、大きな旅行用バッグで3つ分にもなりました。

一つ一つのバッグも米袋並みの重量感です。

「何万っていう単位よね、これ」

「両替手数料がかからないはずだから、月曜になったら郵便局に持っていってみるよ」

そして月曜、郵便局に持ち込むと「いや、すごい量ですね」と言って数え始めてくれました。

少々の時間は覚悟していましたが、なかなか終わりそうにありません。

1時間ほど待っていると「すみません」というのでやっと終わったかと思ったら、「うちの機械じゃ無理です」とギブアップ宣言でした。

「古い5銭玉なんかも混じってますし、汚れもひどくて機械を通らないんですよ」

何度か試したが無理だったようです。

「銀行の専用機なら数えられると思うんですが...」

郵便局の方の言葉を受けて、今度は銀行に持ち込みました。

「手数料がかかりますが...」と確認されましたが、こうなってはやむを得ません。

しかし、ここでも始めて1時間ほどでお手上げとなりました。

「支店の機械では引っかかってしまうので、本店に回します。明日、ご連絡をしますので」

そう言われてしまい、その日は引き上げる羽目になりました。

えらいことになったと思いました。

「もし本店でもだめと言われたら、どうしたらいいんだろう?」

不安な一夜を過ごしました。

しかし、さすがは銀行の本店の機械、実に強力だったようです。

翌日の午後になって「お待たせしました。作業が終了しました」と連絡がありました。

出向いてみると、計数の結果は37,542枚とのことでした。

「手数料をいただきますので、お渡しは24,782円となります」

なんと両替手数料が12,760円もかかったわけです。

義母の蓄えは、3分の1が手数料に消えたことになります。

「なんで一円玉だけ貯め込んでたのかねえ」

義弟(48歳)もこの義母のへそくりのことは知りませんでした。

義父も(忘れただけかもしれませんが)分からないと言います。

「なんとなく、たくさん貯まってくのが楽しかったのかもね」

妻は呆れたように言いました。

引き出しいっぱいの1円玉を眺めて目を細めていたであろう、義母の姿が目に浮かびました。

関連の体験記:ブランドバッグはおばさんの印? 「バブルの遺産」を断捨離...さよなら、あの頃の私
関連の体験記:「親孝行な娘」と「何もしない息子」。遺産のほかに娘に報いる方法はあるのでしょうか...
関連の体験記:珍しく連絡のあった義母が「お金を貸して」。妻が問いただすと「衝撃の理由」が...⁉

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

どうすればどれくらい手数料がかかるか、なんて考えもしなかったわけですね。一円玉だからと馬鹿にしていたのかしら。
町役場でダブルインカム。どのような気持ちで貯めてきた一円玉かわかりませんがそんなに手数料がかかることは事前に分かることだし回数を分けるなど手間を考えての仕方のない出費でしょうか。お金持ちなのですね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP