こんな幼稚な嫌がらせするかね!? 仕事割りに不満を持った同業者に怒り心頭!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:みけ
性別:女
年齢:51
プロフィール:両親と同じ敷地内に住んでいる51歳自営業。

14.jpg

うちは建設業を営んでいるのですが、2021年5月、遠方の現場の依頼を受けました。

テナントの改修工事で、お客様は最初は現地のA社が請負う前提で工事一式の見積りを作ったそうです。

しかし、うちが得意とする部分の工事金額が高いと感じたお客様は、うちに連絡をくれました。

そして結局、うちがその得意とする部分だけ担当することになったのです。

つまり、A社が受けた仕事の一部を、発注主の希望でうちが請け負うという形。

まあよくある話なのですが、A社にとってはうちが割り込んだ様な形になったため、面白くないと思います。

現場では気まずい空気になるのかと思いましたが、幸いにも(?)A社関連の他の業者さんとの絡みはなく、うちが最初に現場に入ることになりました。

ただ、工事に先立ってA社に作業をお願いしたい箇所がありました。

遠方でなければ自分たちでやることも可能ですが、高速道路を使っても2時間以上かかります。

そこで、お客様にも説明して、A社の担当者に連絡を入れたのですが、「やりたくない」感たっぷりに「予算がないんだよねぇ」と断られてしまいました。

予算のことを持ち出されると何も言えなくなりますが、どうしても必要なのでお客様に相談したところ、お客様は「追加料金は払う」と言ってくれていたことが分かりました。

早くも嫌がらせかと憤りましたが、できるだけ低姿勢でお願いするしかありません。

何度か連絡をして、何とか前日までに作業をしてもらえることで落ち着きました。

頭の隅に不安は残りましたが、信じるしかありません。

ところがです。

当日、現場に行ってみると、必要な作業はされておらず、一応来た証拠とばかりに意味のない手が加えられていました。

不安的中だけじゃなく、予想を超えた酷さ。

「これでどうしろって言いたいんだろう?」

作業員たちと絶句です。

次には「ちゃんとお願いしたのかよ?」と言いたげな視線が突き刺さりました。

A社が面白くない気持ちは分かりますが「やっておくから大丈夫っていっただろ? すぐにバレる嫌がらせをするな! 大人げない!」と怒りが込み上げてきます。

ですがともかくお客様に電話するのが先。

お客様に私たちで手を加えていいか聞き許可をもらいましたが、当然お客様も「なぜこんなことになったのか」と疑問が残ります。

そこで、A社の担当者に電話を掛けて問いただしたところ、担当者は「そうですかねぇ?」と、とぼけたそうでした。

混乱したお客様は、再度私に電話を掛けてきて、説明を求めました。

一言「嫌がらせです」と言いたい衝動に駆られましたが、それはできません。

一方的にA社を責めるようなことは言っちゃいけない。

気を付けて話をしましたが、どうしても怒りが込み上げてきて、お客様にぶつけないように抑えるのが本当に大変でした。

お客様が理解してくれ、謝ってくれたのがせめてもの救いでした。

関連の体験記:「何様のつもりや、言うたったわ!」長男の小学校に怒鳴り込んだ姑/かづ
関連の体験記:息子とその彼女を見て甦る「愛する人の母親」の存在。「嫌味な義母」を恨んだ経験に今思うこと
関連の体験記:はしたないけど...ざまあみろ! 以前のバイト先で嫌がらせを受けた店長の「その後」に溜飲が下がりました

嫁姑バトルから浮気体験、泣ける話まで、人気記事が漫画に!
⇒大好評! 漫画で読む「みなさんの体験記」一覧はこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

お客様に謝らせておさめたんですか。お客様は悪くないと思いますがね。間に色々挟むからじゃないですか、他にやりようがないんですか。
非常にわかりにくい文章で、どことどこが誰と誰がやり取りしたのか自分が対応したのか人の話なのか判断し辛い。 行書同士が揉めたのにお客様だけ被害に遭うなんて酷い話。投稿者さんになんか依頼しなければ良かったという話になりますよね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP