常にハイヒールをはきたがる認知症の母。でもどんどん「歩き方」がおかしくなって...⁉/ワフウフ

みなさんこんにちは!ワフウフです。

前回の記事:誰か入ってるのに!トイレのドアを何度もガチャガチャ...。理解力も失っていく認知症の母

実母・あーちゃんの認知症が分かり、病院への付添いや生活のフォローを始めて1年ほど経った頃の話です。

記憶力や理解力が目に見えてどんどん落ちているのはもちろん気になっていましたが、それ以外に気になっていることがありました。

それは「母の歩き方」です。

Image.jpeg

と言い、歩いている時に時々膝の力が抜けてバランスを崩すことから始まりました。

Image.jpeg

そして、足が上がらないのかどんどんすり足になって行ったのですが...

なんだか歩き方がカクカクとしていておかしいのです。

母は昔から綺麗目で女らしいファッションが好きで、常にハイヒールをはいていましたが、その当時もまだ7〜8センチはあるハイヒールをはいていました。

すり足なのでしょっちゅうつんのめってしまうし、階段の上り下りなども足元がおぼつかない。

見ていて怖かったので、低いヒールの靴を買いましたが、母はなんだかんだ言い訳をしてなかなかそれをはいてくれず、ハイヒールで出かけてしまいます。

Image.jpeg

そして、認知症も一緒に診て頂いている、糖尿病の先生に母の歩き方のことを相談するとあっさり...

Image.jpeg

と言われただけでした。

だけど、高齢者の足元のおぼつかなさだけではなく、何か歩き方がおかしい気がするのです。

糖尿病の先生にはそれまでも認知症に関することを相談したことはありますが、薬を増やすか、或いは認知症に関する冊子を渡されるだけなどの心許ない対応しかしていただけませんでした。

Image.jpeg

今回も母の歩き方を見るわけでもなく、膝を触ってみるわけでもなく、なんの検査をするわけでもなくただ「筋力の低下」と言われておしまいでした。

そりゃあ糖尿病の先生は糖尿病の専門医なので仕方ないのかもしれませんが、母の認知症が分かった時に「認知症も一緒に診ましょう」と言ってくださったのは先生の方なのに。

元々、あちこちの病院へ通院するのは大変だからと糖尿病の先生に認知症も診ていただくことに決めたのですが、このまま母の認知症をこの先生に診てもらい続けることが母の為になるのか...ワフウフと姉・なーにゃんには迷いが生じ始めました。

Image.jpeg

【次の記事】ココだっ!認知症の母のための「新しい病院」を発見。でも頑固な母をどう説得すれば...⁉/ワフウフ【最初から読む】貸し金庫の現金が消えた!? 毒親だった母の認知症疑い/ワフウフ

【まとめ読み】毒親だった母が認知症に!ワフウフさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP