「女の子だったよ~亡くなったって」出産直後、我が子は亡くなった。夫はなぜか笑みを浮かべていた/chii

DVモラハラ夫との別居も7年目に入りました。

最初はロフトがあったものの6畳ワンルームで、高校生の息子と二人暮らしをスタートしました。

現在は訳あり格安物件の2DKで暮らしていますが、いよいよ息子が巣立つことになり、それにともない私もワンルームに引っ越すことになりました。

バタバタと忙しい時は、過去を思い出すひまもありません。

現在、DVモラハラ夫との23年間の異常な結婚生活を振り返って連載しています。

過去のつらい経験を整理していく良い機会にもなっています。

前回の記事:「使えない嫁」と罵られ鉄拳も...! 災難続きのモラハラDV夫の厄年、私も毎日怯えていた/chii

pixta_36586575_S.jpg

今日は忘れることができない次女の死と、夫の言葉について書いていこうと思います。

義父にあらゆる面で依存していた夫は、義父の死に相当ショックを受けていました(3カ月の闘病のち肝臓がんで亡くなる)。

毎日暗ーい部屋で、義父の遺影とお骨を前にボッーとしていました。 喪失感がいっぱいでどう生きていいのかもわからなかったようです。

夫は自分の父親にも、暴言をはいていました。

つまり義父もモラハラを受けていたのです。

あたる相手がいなくなったのも、どうしていいかわからない理由の一つだったと思います。

その後、矛先は私にむかってきました。

少しして私は二人目の子を身ごもりました。

男の子誕生を心待ちしていた夫ですので、男の子が産まれれば、家庭は平穏になるかもしれないと期待していました。

妊娠中は具合が悪くなるくらいのつわりが続きましたが、後期になるとよくお腹の中で動く子でした。

元気な子だと勝手に思っていたのに、検診にいくと主治医はいい顔をしません。

エコーを見て、内臓に疾患がある可能性が高いことを伝えられました。

産まれてすぐに緊急手術になるかもしれない、そんな言葉も告げられていたのです。

長女が帝王切開での出産でしたので、その時も帝王切開で産むことが決まっていました。

臨月になり4歳だった長女の預け先なども手配して私は出産にのぞみました。

帝王切開の手術は、局部麻酔なので意識はあります。

お腹を切りだしたのがわかり、もうすぐ会えると期待して待っていました。

ところが、赤ちゃんを取り出したのがわかったのに、泣き声がしません。

そしてバタバタとどこかへ連れ去る音が聞こえました。

病室で報告を待っていた私の元へ夫がやってきました。

「女の子だったよ~亡くなったって」と笑みさえ浮かべていた夫の言葉に、頭を殴られたような衝撃を受けました。

亡くなったんだ...でも、自分の子が亡くなったのになんで嬉しそうなの?

夫を見てゾッとして、悲しくなりました。

今でも後悔しているのは、次女に会わせてもらえなかったことです。

抱っこどころか、会うこともゆるされなかったのです。

夫は会いましたが、すぐに荼毘にふすことを承諾してしまいました。

私が亡くなった次女に会ってもショックを受けるだけだからという理由でした。

この世に生を受け、30分で亡くなったそうです。

夫の話によると長女にそっくりな女の子で、ぷくぷくと太っていたそうです。

窓の外は桜が満開だったので、さくらと名付けました。

個室に入院していた私ですが、看護婦さんが30分おきに声をかけにきました。

よからぬ行為をしないか、見張っていたのかもしれないです。

私は死を選ぶことなんかしません、長女がいましたから。

個室でただ身体の回復のために過ごしていました。

どこからか赤ちゃんの泣き声が聞こえてきて、さすがにつらかったです。

二日後くらいだったか、次女は小さな骨壺に入って私の元に帰ってきました。

骨壺を抱きしめて、はじめて涙があふれました。

長女の時は「女はいらない」、次女の時は亡くなったことを笑顔で報告。

この夫の言動は一生忘れることはできないと思います。

そんなことがあっても、私はなんとかこの家庭を守りたいと願っていました。

まだ男の子を産めば、DVモラハラ夫は変わるかもしれない、そんな期待を持っていたのです。

次女の死から二年後、私は同じ病院の同じ病室に入院し、ほぼ同じ時期に長男を産みました。

窓の外には、桜が舞っていて、次女さくらが生まれ変わって私の所にきてくれたって思いました。

【まとめ読み】熟年別居中!波乱万丈chiiさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

chii

​モラハラ夫の家を飛び出して、大学生の息子と2人暮らしをしているchiiと申します。離婚は選択せずに熟年別居中。某スーパーでサービスカウンターの仕事をしています。パートなので生活は楽ではありませんが、結婚生活が地獄だったからこそ、今の一人の時間が幸せに感じています。別居直後に書きだした「60代小さく暮らす」、お一人様の老後がテーマの「お茶のいっぷく」という二つのブログを書いています。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメント一覧

なんで離婚しないんだろ。
匿名さんから謎さんへの返信 | 2021.09.18
ねぇ。ほんとできないよね。
その夫、人間として相当ヤバい奴だね。 身体には一体何色の血が流れてるの...?? 頭がおかしくなる前に、とっとと離婚した方が良いと思うけど。
えっ。なんで離婚しないの。 色々あるのかもだけど絶対離婚したほうがいい
何となく、わかる気がします。ウチも大差が無かったからです。 ただ、次女さんの事は笑顔ではなかったのでは?そう見えたのは、彼のとまどいが有ったと、思ってみたりします。うちの義姉は、深刻な場面で、笑顔になったりします。本人がどうしていいか判らず、当惑しているときです。 私の父が亡くなったと報告が有ったときに、電話口で「ホホ・・元気だったから、信じられない」と言いました。義姉は無意識です。その後、何度も同様な事が有り。義姉の困った癖だと、分かりましたが。私は、しばらく腹立たしくて口をききませんでした。 話は戻りますが、離婚されたのは正解だったとおもいます。女性は自分の選択が間違っていても、子供が居たら、子供が育つ間に、夫が夫らしくなる。良くなると思って我慢しますね。それが、増々相手を増長させるのかもれません。私も、パワハラ・経済的締め付け・人間関係で、じごくをみました。今、ぬしさまが幸せな気分で過ごして居られるのが、せめてもの救いです。ではまたね。
何で離婚しないんですか?又新しい人生が待っているかもよ!人生一度きりですよ‼️
離婚してないのなら、老後に衰退した相手を見た時に、可哀想とか、助けなきゃとか戻らなきゃとか思ってはダメですよ! それこそ相手の思う壺ですよ!
こんなひどいやつ人間じゃないんじゃないかな…てか、同じ人間として恥ずかしい。 自分が生まれて、長女さんと同じこと言われたらどう思うんだろうね
相手が否認していても、別居5年以上あれば、強制的に離婚になると弁護士さんに聞きました。 一度法テラスに行って聞いてみて下さい(^_^)
別居…いい選択だと思います。 私の主人も似た様な感じで 一言で言えば 自分が1番の人です。 私は4歳の時 親が離婚して父親に引き取られ でも事情があって中学まで親戚の家を転々としてました。 そんな経験から 自分が家庭を持ったら絶対離婚しなぃ、と子供の頃から決意していた為 結果的に主人が何をやっても我慢する、という生活になり でもそれが普通になってしまいました。 外からみれば 有り得ない状態だったのですが 私は辛くても普通…のような 慣れなのか感覚がおかしくなってました。 今思えば これがDVから逃げない人の感覚なんでしょうね。 いろいろあって 一度は離婚しましたが それは籍を抜いて他人になっただけで 子供達の生活を変えない為 生活は同じでした。 それでも私は初めて「拒否権」ができたようで気持ちが楽になりました。 離婚中もいろんな事があり でも子供達の為 もう一度 信じてみよう、と籍を戻しましたが やっぱりダメですね。 ただ浮気に関しては 籍を戻したので反論できる立場になりました。 今もいろいろありますが さすがに次 手を出したらヤバイと思っているのか それだけはないです
離婚しても良いけど、子は宝ですね 夫は他人  けど 子は宝です 周りからの意見も理解した上で 人生を歩んでいるんですね  モラハラ男が亡くなったら 骨を拾ってお墓に入れてください それ迄 子供と楽しい人生を歩んでください 応援してます
別居できて良かったですね!今までの奮闘お疲れさまでした。 モラハラ夫さんはかなりの確率で大人の発達障害です。生まれた時からの脳の特質で治るものではありません。 いろんな本を読んだ結果、私の主人も大人の発達障害がキツイ人間だと判明しました。ずっと私を都合のいい家政婦として扱ってきました。暴力はギリギリないけれど言葉で貶めます。自己肯定感はなくなります。外面はいいので誰に言っても信じてもらえません。今は何人かの人はわかってくれるようになりましたが。 現在、旦那はあちこち弱ってきて頼るのは私しかいないので少しずつ態度が違ってきてはいます。が!今までの暴言、絶対忘れない。根本は変わっていない。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP