亡くなる前日に「幸せではなかった」と泣いた義母。暴君だった義父の姿を思い出し、今でも悔やむ

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:むらまゆ
性別:女
年齢:44
プロフィール:専業主婦。夫は46歳。義父は74歳、義弟は42歳。義母は2019年に70歳で病死しました。

2.jpg

2021年、義母の三回忌を執り行いました。

私が体調不良だったため、夫と息子(17歳)が立ち会い、無事終えたときに、義母との思い出が甦りました。

義母が亡くなる1週間前に幸せだったか直接聞きました。

答えは「否」でした。

「どうして?」と聞くと義母は「自由がなかったから」と。

義母が亡くなる1週間前に緊急入院をした際、医者から「これが最後の入院」と言われました。

そして私、夫、義弟、義父が交代で病室で立ち会うことになりました。

平日は義弟と義父、土日は夫、3人とも難しいときは私が行きました。

どんどん衰弱していく義母を見て、私は「もう最後かも...」と思いました。

亡くなる前日のことです。

「私が深夜立ち会うから、みんなは帰ってほしい」と夫、義弟、義父に頼み、3人を自宅に帰して病室には私と義母の2人きりになりました。

そして私は義母に今までの感謝の気持ちを伝えつつ、なぜ「幸せではなかった」と言ったのか理由を聞きました。

「金銭面では自由だったよね。それでも不幸せだったの?」

「...(首を縦に振る)」

そのときふと、義母は新婚旅行以外旅行に行ったことがないことを思い出しました。

「旅行に行きたかった?」

「...(首を縦に振る)」

「お義父さんと結婚したこと後悔してる?」

「...(号泣して首を縦に振る)」

私は号泣しながら、「私は優しい旦那さんと息子に出会えたことに感謝しています」と伝えました。

義母も涙を流し続けました。

義母はその時はもう話すことはできませんでしたが、首を振ったり、泣いたりと意思表示はできました。

最後に義母に「もしも生まれ変わるなら優しい人と結婚したい?」と聞いたら泣きながら頷いていました。

その後はたわいもない話をし、早朝義父と交代したのですが、義母はその日の昼に亡くなりました。

思い出すことがあります。

亡くなる1年半前に義母は倒れ、同居している無職の次男、当時は働いていた義父が介護をしたのですが、義母は料理は作れたし動くことはなんとかできたそうです。

しかし、義父の言葉がそれを台無しにしました。

「こんな体で外に出たら近所の人に恥ずかしいから、家から出るな」

そして、家から出ることを禁じられてしまったそうです。

夫も義弟も義父に逆らうことはできず、どんどん義母は弱っていきました。

義父は否定していましたが、入院中の義母に手を上げていたのを見ました。

よく手を上げられていたと義母自身から聞いていましたが、私は最初は半信半疑でした。

しかし、実際に病人に手を上げる義父を見てショックを受けました。

自由がなく、幸せではなかったと泣いた義母の姿は今でも忘れられません。

私が義母を助けることはできなかったのか、義母を幸せにしてあげることができなかったかと、今でも悔やんでいます。

せめて、最後の最後に義母と2人きりで話ができて、本心を聞いてあげることができて心からよかったと思っています。

関連の体験記:なんて素敵な夫婦なの...! 新婚で同居を始めたばかりの私が感動した「義両親2人の深い絆」
関連の体験記:「話があるの」兄と二人、呼ばれて帰った実家で...79歳の母から告白された「驚きの話」
関連の体験記:倒れた義母の介護を丸投げしてくる夫。結婚23年、 "指示"を出すようになった夫に不信感...!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

いつも思うだけで行動しないですよね。 お義母さんが嫁に本音を聞いてもらえて良かった、というなら良い話だけど。想像していた通り義母が不幸で満足ですか。
息子達は爺さん一人にも逆らえなかったのか、情けない 義母さん、悔しかったですね…
病人に手を上げるって、最低な旦那だね。 お義母さん可哀相に。 うちの両親の場合は、母がかなり気紛れな性格だった様で父はそんな母に振り回されっぱなし。 だけど、其れなりに仲が良かったのかも。 母が病気になった時、父は付ききりで看病してましたね。 そんな二人の亡くなった日付けは全く同じ。 なかなか来ない父に痺れを切らして迎えに来たのかな?と、妹と話しました。
なんか違和感しか感じない文章。 死の間際に辛いことを話させて(わざわざ確認して)何か意味あるの? ってか、病室で手を上げてるのを見たのに何もしなかったの? そもそも義母を守る気なんてなかったのでは? 病人に手を上げるのを見ても、義父、義弟、旦那が義母に付き添うって体制を崩さず、自分はあくまでもピンチヒッターだったんでしょ。 よく言いますよね、イジメは何もせず見てただけの人間も加害者って。 義母の本音を聞いてあげた!ってただの自己満足だと思います。 虐待から救ってあげたわけではないんで。 投稿者は義母に対して積年の恨みでもあったんですかね?
その義母の言葉、しっかり義父に伝えてあげましょうよ、家族の皆にも。それが今唯一できる、義母への餞な気がします…それで義父が悔いればなお良しなんですが…それは難しいかな、激昴して終わりそう

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP