倒れた義母の介護を丸投げしてくる夫。結婚23年、 "指示"を出すようになった夫に不信感...!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さんた
性別:女
年齢:45
プロフィール:結婚24年目、3人の子育ての終わりが見えた途端に義母の介護がはじまった専業主婦です。

43.jpg

20代で結婚してから23年が経ち、私も夫も45歳になりました。

夫は新卒で就職した会社に勤め続けており、毎日朝早くから深夜まで仕事で家庭にはいないため、私は妊娠を機に専業主婦になりました。

それからは家事や子育てに追われ、今日まで私なりに必死でやってきました。

毎日忙しくあっという間の23年でしたが、2020年春に3番目の子どもが高校に入学し、私はやっと自分の時間に余裕ができました。

妊娠前は芸術系の講師の仕事をしていたのですが、45歳になった今、まだ出来る事がなにかあるだろうかなど、これからの自分の人生について考えるようになったのです。

そんな矢先の2020年7月のある日、70代の義理の母が脳梗塞で倒れました。

義母は、私たちの自宅から車で30分ほどの距離の夫の実家で、義父と2人で暮らしています。

義母は夜中にお風呂場で倒れていたそうです。

いつもより長くシャワーの音がすることに義父が気付き、お風呂場を覗いた時には義母は浴室の床に倒れていたそうです。

義母は救急車で病院に運ばれ、そのまま入院しました。

夜中のことでしたが私は電話で病院に呼び出され、朝まで付き添いました。

義母は発見が早かったため大きな後遺症は出ずに済みましたが、一カ月に及ぶ入院期間を終えて自宅に戻っても、なかなか元の生活には戻れませんでした。

結局、私は毎日義実家へ行き、義実家の家事や義母の外出の付き添いなどをする生活になり、やっと手に入れた自分の時間はあっという間になくなってしまいました。

私は長男嫁なので、義両親のお世話をすることは覚悟してきました。

でもそれはもう少し先のことのように思っていました。

だからこそ、元気だった義母が突然倒れたことによって生じる負担を、夫が当たり前のように私にすべて押し付けている事に強い不満を感じてしまいます。

倒れたのは自分の母親なのに、夫は義母の体調を気にすることもなく、義母のことは私に丸投げの状態です。

夫は長く会社に勤めているので、それなりに社会的立場を築き、部下もいます。

頑張ってきたことには評価がつき、それは夫のアイデンティティとして確立されていきます。

しかしいつのまにか、家庭でも当たり前のように私に指示を出すようになりました。

義母のお世話のために義実家へいっていたせいで、夕食の支度が遅れてしまった時など、ため息をついて文句を言われます。

昔はそんな風な関係ではなかったのに、心の中に不満を抱えていると毎日が憂鬱です。

夫は夫で家族のために働いてくれていることは分かっています。

ただ、私は、夫は家族のために外で働き私は家庭内で家事育児をして、二人三脚で家庭を維持しているのだと思って頑張ってきました。

でも、夫はそんな風に考えていなかったのかもしれない、と今更気付いたのです。

いつの間に、夫婦間が平等でなくなってしまったのか、全く分かりません。

対等に扱われていない不満から、一体なんのために私はいるんだろう、という思いを抱える日が増えました。

もう夫に分かってもらいたいと思うことさえ、ばかばかしいと思うようになりました。

あと数年で一番下の娘も高校を卒業します。

いつか義両親の介護をするのは当たり前とずっと思っていましたが、もしかしたら違うのかも。

私は夫のそばをはなれてもっと自由に生きていいのかもしれない、と最近思い始めています。

関連の体験記:「お嫁さんがかわいそうよ」頑なに同居を拒む母に、兄夫婦が思いついた「ほっこりする暮らし」
関連の体験記:ああ、見てしまった...私が介護する86歳の義母が、介護を手伝ってくれない義姉に「こっそりお金を渡す姿」
関連の体験記:「息子夫婦にお金を吸い上げられた!」自分の記憶を「書き換え」て暴走する義母にウンザリ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP