「早く死にたいわ」と訴えるおばさん。でも介護する身としては.../バニラファッジ

1泊2日のお試しショートステイ」もあっという間に終わり、無事家に戻ってきた認知症のお義母さんと車椅子のおばさん(義叔母)。バニラファッジさんの在宅介護の日々が戻ってきたのですが...⁉

け、喧嘩売りまくったの⁉ 2人の「初」ショートステイの感想は... 「2人一緒にショートステイ(8)」/バニラファッジ

61-1.pngおばさんの手元にはいつも呼び出しブザーが置いてあり、困った時は嫁を呼べるようにしてありました。

61-2.png

認知症のお義母さんの不穏な動きをおばさんが見張ってくれるのは、とても助かりました。

61-3.png

おばさんは1人でトイレにいけないので、嫁の介助が必要です。

いつものように、声をかけると...

61-4.png

61-5.pngおばさんの苦しい胸のうちはよく理解できますが「早く死にたい」と言われると毎日介護している自分もモヤモヤしてきます。

61-6.png

61-7.png

61-8.png61-9.png

91-10.png

先日のショートステイをめちゃくちゃ嫌がっていたので、つい厳しく釘をさしてしまいました。

介護はするよりもされる方が辛いだろうと、いつも想像しながら接していましたが「かわいそう」「ごめんなさいね」より「ありがとう」と声をかけてもらった方が気持ちは上がるものだなぁ、と感じました。

【次の記事】ら、ラッパ飲み⁉「お茶の飲み方」を注意された認知症の義母の「次なる飲み方」は...⁉/バニラファッジ 【最初から読む】姑と姑妹を在宅介護。両者の「紙おむつ」にまつわる葛藤/バニラファッジ

【まとめ読み】義母と義叔母のダブル介護!バニラファッジさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

バニラファッジ

夫と3人の子ども、義母と義母の妹(おばさん)の7人家族の日々を描いた大人気ブログ「7人家族の真ん中で。」の管理人さん。身体は丈夫だけれど、認知症で毒舌な義母(2016年に他界)と、頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車いす生活のおばさん(2015年に他界)との「在宅介護の日々」を、あれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』など。

毎日更新!バニラファッジさんのブログ

「7人家族の真ん中で。」

家族に猫ちゃん…クスッとするエピソード満載です‼

コメント一覧

途中の、愛の確認、というのが個人的に分かりづらかったです。(すみません…) おばさんが、 申し訳ないです…という気持ちでこころからおもって話してるように見え、 確認?ってなんのことかと思いました。 死にたいとまで思ってるくらいだと伝えて、介護してくださってる著者のかたに申し訳なさを伝えてる のかなと思い、 そんな風に思わなくていいですよと 言ってあげたいなと思いました。 家を離れるその日が来るならば そなえて、新しいそこでの生活のこと、少しずつゆっくりお話しして、双方で心の準備をすすめ、前向きな気持ちを養って、よい絆ができ、よい転換になりますように…そのように思いました。 心の元気が蓄えられ、楽しい日々になることを 願ってやみません。
さくらさん もうこの方お亡くなりになってるんですよ。大往生です^^
さくらさん。 愛の確認というのは「そんなことないですよ」「あなたがいてくれないと困ります」と言ってほしいのに真逆のことを言って相手を試していることを指しているんだと思います。 高齢者のあるあるではないでしょうかね。 不安になるんですよね。 半分本気、半分冗談というか。 うちのひぃばーさまは、1ミリも思ってないのにお迎えが来ないかなと弱々しく言ってました。すんごい大往生でした。笑

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP