児童をかき分け自転車で進む姿に唖然...「優しい交通指導員さん」が勤務終了直後に豹変!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:myb
性別:女
年齢:46
プロフィール:15年間の結婚生活に終止符を打ち、歩み始めたばかりのシングルマザーです。

11.jpg

2020年夏頃の話です。

我が子が通う小学校に用事があった私は、午後3時頃に通学路付近を歩いていました。

ちょうど帰宅途中の児童が1クラス分(30人)くらいの人数で列をなして、最寄りの横断歩道に向かう途中でした。

横断歩道には、70歳くらいの男性交通指導員さん(黄色い旗を持って児童の登下校を見守る人)が立っていました。

しかし、児童の列が横断歩道に近づいて来たそのとき、ちょうどその方の勤務時間が終わったようです。

そして、交通指導員さんは近くに置いてあった自転車に乗り、片手に旗を持ったままの不安定な状態で、児童の列をかき分けて学校のほうへと走り去って行きました。

児童が通る歩道はガードレールで守られていて、その幅は大人が2人並んで歩ける程度のものです。

車道には車は走っていませんでした。

それにもかかわらず、車道ではなく児童が歩く歩道を無理矢理自転車で走っていく様子には驚きました。

さらに言えば、横断歩道から学校までは20m程度。

わざわざ、自転車で移動するほどの距離でもないのです。

気になった私は、交通指導員さんの派遣元であるシルバー人材センターに問い合わせてみました。

「子どもが30人もそばで歩いているなら、せめてその集団だけでも見送ってから帰らないのか?」

「勤務時間終了後のことなので本人の自由です」

取りつく島もないとはこのことですよね。

仕事の時間とプライベートの時間を分ける意味では、この発言にはいくらかではありますが納得できる部分はありました。

ですが、話の核心は「児童の列をかき分けて自転車で歩道を走行する点」についてです。

そこを指摘すると、あきれるような返事を返されました。

「70歳以上の高齢者は歩道を走行しても良いので、違反ではありません」

確かに、13歳未満の子どもや70歳以上の高齢者、身体に障害を有する人においては、歩道を走行することが許されています。

しかしながら、仕事ができるくらい元気な70歳が、あえて歩道を通行する必要はない気がしました。

車道には車の姿はありませんでしたし、その状況であれば車道を走行したほうが、交通指導員さんにとってもよっぽど安全だとも思いました。

「旗を持ったままの片手運転はだめなのでは?」

「積載量の関係で、傘は禁止されていますが、旗は小さいので道路交通法上では問題ありません」

子どもたちが自転車をよけたり立ち止まったりしなければいけなかったことについても訪ねてみましたが、「70歳以上」ということで押し切られてしまいました。

「どうしても歩道を通りたいなら、せめて自転車から降りて、押して歩くことはできなかったのか?」

「勤務終了後ですので」

交通指導員さんばかりでなく、シルバー人材センターの危機管理のなさには唖然としました。

もちろん、この話のような人ばかりではないと思っていますが、シルバー人材センターには交通指導員以外の職種もあります。

勤務時間が終了したとたんに児童のことを顧みなくなるような人よりも、子どもが好きで見守りたいという気持ちのある人に、交通指導員さんをしていただきたいと思いました。

改めて調べてみると、やはり歩道は歩行者が優先であるため、仮に歩道を自転車で走行する場合でも、歩行者を立ち止まらせるなどの行為は通行の妨げにあたるとのこと。

細かい例外があるかもしれないため、「違反だ」と断じることはできませんが、「違反ではない」と断言もできないはずです。

問題の交通指導員さんは、その後も数カ月勤務を続けていましたが、退職されたようです。

今では70代女性の交通指導員さんが代わりにその場所を見守ってくれていますが、勤務時間が数分過ぎても児童の列が通り過ぎるまで声をかけながら見守ってくれています。

勤務を終えて学校へ戻る時も徒歩なので、安心してお任せすることができるようになりました。

関連の体験記:防犯カメラを家中に設置する父は過剰防衛? 電話した時の本人確認質問も、難易度が高すぎるぞ!
関連の体験記:子供を乗せて危険運転、高齢者の飛び出し...ルール無視の自転車が危険すぎる!
関連の体験記:「手伝いますよ」のひと言が命取り...44歳、義実家の町内会で「若手」と重宝される私の葛藤

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

自転車が歩行者を抜かしたいなら、いったん降りて丁寧に声掛けし、安全を確保してから。そんな簡単な当たり前ができない品性下劣な自転車ドライバー、いますね。乗ったまま黙ってベル鳴らすような愚劣な行為、誰に教わったのやら。こういうこと書くと、特殊な状況や明らかにおかしな一部の歩行者の例を持ち出して反論する人もいますけどね。
まぁ違反じゃないし文句あるなら、クレーム電話いれてないで自分がやればいいじゃんと思う。シルバー派遣の人も賃金発生してるならもう少し頑張れよ。とも思うしどっちもどっちだと思います。
しょーもな
おじいさんが健康であるという確証はあるのでしょうか? またその人に対して関係ない所まで難癖を付けたいのだなと受け取りました。あなたのクレームの対応された方、何も間違っていませんよね。 呆れるだなんて人任せな事を言うなら 本人に見えないところでコソコソとするよりも本人に直接伝えた方がお互いのためになるんじゃないでしょうか??
その場で注意したり後日話をしたりはなさらなかったのでしょうか? クレームをいれたところで、全て打ち返されるのは感覚がズレているからでは。 目にされた光景は危険なものと思いますが、学校まで20メートルでもそこに住んでいるわけでもなしああして欲しいこうあって欲しいと自分の希望の押しつけしかしていない。やはり常識と行動が必要ですね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP