子供を乗せて危険運転、高齢者の飛び出し...ルール無視の自転車が危険すぎる!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:まさかず
性別:男
年齢:42
プロフィール:某金融系に勤める都内在住の42歳サラリーマン。コロナ下で毎日片道30分の自転車通勤に挑戦中。

14.jpg

今回のコロナ禍で、仕事や生活に様々な変化がありました。

その中の一つに「自転車通勤を始めた人が増えた」ことがあげられると思います。

私が勤める老舗の某金融会社でも昨年8月から解禁されました。

電車の混雑も戻りつつあったので、コロナ罹患防止と健康増進をかねて、妻の自転車を借りてトライ。

距離も片道30分程度と適度な運動となり気分も上々でした。

そしてクロスバイクを購入し本腰を入れ始めた頃、自転車通勤の現実を突き付けられる出来事に遭遇しました。

みなさんは自転車の交通ルールをどのくらいご存知ですか? 歩道を走るのは禁止ですか? 道路の右側は走ってはいけないですか? 車両用と歩行者用の信号が違う場合はどちらに従うべきですか? 

全てを知り、ルールを守っている人はごくごく少数で、それぞれ自分の判断で走らせているのが実態で、そこには多くの危険が潜んでいるのです。

特に朝は、それが如実に現れます。

都内の某駅に向かう道で、一方通行のバス通りがあります。

そこは信号もなく、目立った渋滞もありませんが、朝はバスやごみ収集車でつかえる事があります。

車もノロノロと走っているので、自転車でも追いつける速度です。

車が混雑するのと合わせて自分も速度を落とします。

すると横から抜き去る自転車が! 目をやると、前後に子供を乗せた電動自転車のママさん。

先ほどから、後ろで咳払いが聞こえていたので、存在には気づいてましたが、まさか抜き去るとは思っていませんでした。

その後歩道に入り停留所でバスに乗り込もうとしている方をのけぞらせ、颯爽と駆け抜けていきました。

それを見るや、それに続く自転車が3台。

全て子供が乗っている電動自転車です。

最近の電動自転車はパワーがあるので、女性でも加速は半端じゃなく、アスリート並みです。

見ていてヒヤヒヤする場面でした。

「朝はみんな忙しいのだから、迷惑をかけないようにしよう」

そう学んだ私は、別の道を使う事としました。

しかし、別の日の夕方。

住宅街を走っていると、私に気づかず、左側の路地から自転車に乗ったご老人がフラフラと出てきました。

距離をとって追い抜こうとしましたが、突如ハンドルを右に切りぶつかりそうに!

何とか避けて抜かしたところ、後ろから「おいっ!」と怒鳴り声が聞こえましたが、「おいおい、怒鳴りたいのはこっちだよ」と思いながら、やり過ごしました。

これらのエピソード、何かに似ていませんか? 

そう、自動車とまったく同じなのです。

昨今、ドライブレコーダーの普及や厳罰化により話題になる事が多くなった危険運転。

自転車でも、高性能化が進んで女性や子供でもスピードが出せるようになったことや、運転手の高齢化により同じ問題を抱えていると思いました。

このままでは近い将来、大きな事故が起き社会問題となる気がしています。

最近は、保険の加入が義務化されたり対策も進んでいます。

私は、これらの経験をして自転車保険に加入することにしましたが、まだまだ、認知度は低いと感じます。

せめて、自分が不幸な事故を起こしてしまうことのないよう注意をしながら出勤したい思う日々です。

関連の体験記:「既読にならない方、賛成でいいですね?」LINEが流行り始めたころの「PTAグループトーク」の悲劇
関連の体験記:離婚して出戻った姉。70歳の母に3人の子供の世話をさせ、自分は漫画を読みふけり...
関連の体験記:「抱っこさせてくれるの?」名家に嫁ぎ、劣等感にまみれた私の前で、初孫を抱いて涙ぐんだ義母

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

自転車乗りの中には交通ルール知らない無知な恥知らずも多いですよ。年寄り、成人、子持ち、若者、こども。年齢性別を問わずです。自転車にも免許証とナンバーが必要だなと、よく思います。
子供を乗せた電動自転車がほんとに無茶苦茶なスピードで歩道を走ってます。そのスピードでわずかな隙間を抜かして行くし前を横切るのでびっくりします。電動自転車にしろとにかくスピード出しすぎ自転車の取り締まりしてほしいです。危なくて危なくて。 年配者の自転車もほんとに 急に方向を変えるのでびっくりしますね。同じような経験ありです。私も道路の真ん中を走ってる年配者の自転車をかなり距離を空けてゆっくり追い越したのですが 文句を言われました。 これからはできるだけ年配者の自転車には近付かないようにしようと思いました。
ちょうどニュースでやっていた内容ですね。 自転車も歩行者もルール違反が見られますね。 おじさんとぶつかりそうになって何の対処もしないでやり過ごしたのは何故でしょうか。危険な目にあいたくなかったから?怖かったから?面倒だから?腹をたてるだけでなく教えてあげたらよりベターでしたね。 自動車免許を持っていれば交通ルールは当たり前のように学んでいるかもしれませんが、もっていない人たちは知る機会すらないですね。学生の内に学習するカリキュラムを組み込んで欲しい。
車道、自転車専用道路、歩道、と3つに分かれた道で、後ろからきた自転車に追突されそうになりました。もちろん歩道でね。園児だった娘の背中、わずか10センチ弱までタイヤが迫ってました。びっくりして注意しましたが、返事も謝罪もなし。犯人の女は、長い髪で顔を隠して凄いスピードで逃げました。もちろん歩道をね。私の中では轢き逃げ未遂犯です。ちらっと見えたその顔ぜったい忘れない。
電動自転車、年齢に関わらず爆走する自転車はどこにでもいます。昨日は通れるスペースがあるのにわざわざ狭いところを通ろうとして前にいる人にチリンチリンベル鳴らしまくってる人がいました。通れるスペースあるんやからそっち通ればいいのに。記事の子持ちママに限らず、高校生、おじさん、おばさんでも速度落として走ってほしい。あとは無灯火自転車。20代の私でも夜の暗闇でうっすらあかりがあるような所で上下真っ黒な服きて走ってこられても「人がいる?」くらいにしか認識できない。自転車乗る人は車と一緒でかもしれない運転してほしい

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP