車中に漂うおしっこ臭に鼻シャッター作動! 当の本人は「なかったこと」を決め込んで.../山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の在宅介護の様子を嫁の目線で綴った ブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―(現・13番さんのつぼ)』。ここに書いてきた13年間の記録をもとに 今の気持ちを織り交ぜつつ、改めて当時のことを振り返ってみようと思います。

前回の記事:義母のショートステイ初利用にソワソワ。子どもをお泊りに出す保護者の気分/山田あしゅら

義母のショートステイ話が続きましたが今回は義父のお話です。

義父は随分前から睡眠障害のため夜間のみ眠剤を服用しているのですが、おしっこへ行く回数が多く、フラフラの状態でもトイレに立とうとします。

夜中や早朝であろうともお構いなし。

歩行が覚束なくなってきてからは転倒に至ることも増えてきて2階から聞こえる大きな物音に私たちが飛び起きることも度々でした。

1.jpg

しかしポータブルトイレをベッドわきに設置してからは夜中の転倒はほとんどなくなり、導入はまずまず正解だったようです。

2.jpg

問題は昼間。

昼間は1階、2階のトイレを使うのですが尿意がはっきりしないせいかタイミングが上手く測れず、ほぼ毎日、失敗があります。

私も折を見てトイレに促すものの天邪鬼な義父のこと。

嫁の進言に素直には従いません。

そんなある朝のこと。

義母をデイサービスに送り出し、義父の歯医者の予約に間に合うよう私は出かける準備をしていました。

ところが出発時間がそろそろ近づいてきたというのに義父が居間で横になったまま起きて来ないではないですか。

いつもなら早々に玄関でスタンバイしているのに・・・。

少し余裕を見ながら

3.jpg

と、声をかけたのですが、慌てて起きあがった義父は「ああ、大丈夫じゃ」と一言。

どうやら朝食後、テレビをみながら2度寝するうちうっかり『大事な歯医者』を忘れてしまっていたようです。

けれど、嫁に声をかけられバツが悪かったのか義父は一気に不機嫌モードに。

ただでさえトイレの近い義父です。

大丈夫じゃないから声をかけてるのに・・・。

4.jpg

再び寝転がると、ふてくされて動かなくなってしまいました。

義父が義母のような性格ならいざ知らず

5.jpg

言えば言うほど意固地になってしまう義父のこと。

こちらもついつい「好きにしなさい」と捨て鉢になってしまいます。

車に乗り込むのも時間のかかる人。

結局、トイレには行かずじまいで歯医者の予約に間に合う時間ギリギリになって出発です。

6.jpg

7.jpg

8.jpg

毎度毎度こんなことの繰り返しがいつまで続くのでしょう。

当の本人も気づいている気配はありますがプライドが邪魔するのか『なかったこと』と決め込んでいる様子です。

とは言えこちらも我慢の限界。

私は意を決し 再び車中の「リハビリパンツ説得を始めたのでありました。

前回の車中の説得:漂う匂いにもう限界...。プライドが高い義父にリハビリパンツを履いてもらうには?/山田あしゅら

9.jpg 

【次のエピソード】オトコの沽券に関わる!? 義父が頑なにリハビリパンツを拒否する理由とは/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP